書き間違いはどうやって訂正すればよいですか? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME > よくある質問 > 書き間違いはどうやって訂正すればよいですか?

書き間違いはどうやって訂正すればよいですか?

Loading

【過払い】 貸金業者からの過払い金減額の要請を受け入れるべきでしょうか?契約書の誤字脱字や記載内容の訂正・修正をしたい場合には、契約書の当事者押印欄に捺印したものと同じ印鑑を当事者全員が「訂正印」として押印することで処理をします。

訂正の仕方としては、該当する訂正箇所に2本線を引いて消し(訂正箇所を塗り潰すのではなく、訂正前の文字が読めるように消します)、そのすぐ上又は下(縦書きの場合横)に正しい文字を記載します。

その後で訂正印を押すのですが、訂正印の押し方には二通りのやり方があります。
一つ目は、2本線を引いた訂正箇所の上に直接印影が重なるように押印するやり方です(直接方式)。
もう一つは、契約書の末尾や欄外に「第×条○字削除○字加入」や「第×条○字訂正」と記載し、当事者全員が訂正印を押すやり方です(間接方式)。

尚、訂正箇所が多かったり、金額などの重要部分を訂正する場合には、訂正印を用いるのではなく、新たに契約書を作成し直すべきでしょう。

「契約書作成」についてもっと知りたい方はこちら!
契約書作成のメインページへ
無料メール相談 弊所での法律相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

個々の事情に適したオーダーメードの契約書を作ることで、予期せぬトラブルを防ぎ、万が一のトラブル時の的確な対応を可能にします。契約書作成のみならず、既にお持ちの契約書のリーガルチェックもお気軽にご相談下さい。

宮田総合法務事務所では無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力

  • ↓ よくある質問からさがす

  • ↓ 法律相談topicsからさがす

無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    企業法務
    総会収集・運営支援
    業務提携
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職