取締役会は、必ず開催しないといけませんか? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME > よくある質問 > 取締役会は、必ず開催しないといけませんか?

取締役会は、必ず開催しないといけませんか?

Loading

取締役会は、定款に定めれば、実際に会議を開かずに書面上で決議すること(いわゆる「書面決議」)が可能になりました。
これまで、取締役会は直接意見交換して意思決定する必要があるとの考えから、会議自体を省略することは認められませんでした。
しかし、新会社法では、機動的な会社経営の実現を図るニーズの高まりを受け、書面決議が認められるようになりました。
この点において、取締役の業務執行方針の決定に関するスピードアップ化や取締役の移動コストの削減が図れます。
書面決議が有効に成立するためには、定款で書面決議が可能な旨の定めを置いた上で、取締役会の決議の目的である事項について、取締役全員が持ち回りの文書または電子メールなどによってその内容に同意をし、かつ、監査役(業務監査権限を有する監査役がいる場合)が異議を述べないということが必要です。
ただし、すべての取締役会を書面決議でできるわけでありません。代表取締役等が3ヶ月に1回以上行わなければならない取締役会への業務執行状況の報告については、実際に取締役会を開催する必要がありますので、ご注意ください。

「企業法務・商業登記」についてもっと知りたい方はこちら!
企業法務・商業登記のメインページへ
無料メール相談 弊所での法律相談

よくあるご質問  最新の記事一覧

  1. 定款や議事録等の英訳の依頼もお願いできますか?
  2. 海外に居住しているため印鑑証明書がない場合、どうするのでしょうか?
  3. 株主総会の招集通知はいつ発送すればいいですか?
  4. 有限会社から株式会社へ移行するのはどうしたらいいですか?
  5. 相続等で株式が分散するのを防ぐにはどうしたらいいですか?
  6. 取締役会は、必ず開催しないといけませんか?
  7. 株式会社の議決権は、出資額に比例しないといけませんか?
  8. 決算公告の方法はどのようなものがありますか?
  9. すべての会社に決算公告義務があるのでしょうか?
  10. 社債の発行は株式会社以外はできませんか?
  11. 新会社法で既存の有限会社はどうなるのですか?
  12. 支店の登記はすべきですか?
  13. パソコンや膨大な書籍類、オフィス家具などを現物出資できますか?
  14. 未払い役員報酬を出資にまわしたいのですが?
  15. 増資のやり方が簡単になったと聞きましたが?
  16. 株式会社でもう5年以上役員変更登記をしていませんが…
  17. 取締役が1名だけでも大丈夫ですか?
  18. 既存の1円会社(確認会社)はどうなるのですか?
  19. 2年に1回の役員の登記はしなくてよくなるのですか?
  20. 最低資本金制度がなくなるというのは本当ですか?
  21. 有限会社から株式会社への変更は簡単にできるのですか?
→ 過去のよくあるご質問一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

商業登記・法人登記はもちろん、企業法務全般に関わるご相談は、宮田事務所まで。司法書士が企業法務の専門家として予期せぬ法律トラブルを未然に防ぎます。

宮田総合法務事務所では無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力

  • ↓ よくある質問からさがす

  • ↓ 法律相談topicsからさがす

無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    企業法務
    総会収集・運営支援
    業務提携
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職