信託目録第1号! 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME > 司法書士のつぶやき > 信託目録第1号!

信託目録第1号!

Loading

日々、家族信託を活用した相続(争族)・事業承継対策の
コンサルティング業務をやっているのだが(こういうと
ミヤタは家族信託しかやっていなくて、通常の不動産の相続登記や
会社の登記、企業法務なんかをやっていないと誤解を受けることも
増えているが、もちろんスタッフ7名と共に通常の司法書士業務は
やっているのだ)、不動産を信託財産に入れて管理を託すとなると、
当該不動産については信託登記申請をして、信託財産の管理を
担う「受託者」の名前を登記簿に記載することになる。

そして、信託登記がなされると、1物件ごとに必ず「信託目録」が作られ、
信託契約の重要な部分が登記簿とセットで誰でも見れるようになる。

この信託目録は、1物件ごとにナンバリングされる。
つまり、各管轄法務局で、これまでのべ何物件分の信託登記がなされたか、
言い換えると、その管轄内の不動産のうち信託財産に入れられた不動産の数が
いくつあるかがその「信託目録第●号」の数字を見れば分かることになる。

さて、弊所のお客様は全国にいらっしゃることもあるし、
お客様自身は東京近辺にいても、信託財産に入れる不動産が
地方の物件であることもしばしば。

そうなると、信託登記を全国各地の管轄法務局に申請することになる訳だが、
まだまだ「信託」自体がなじみが薄いこともあり、都内でも信託目録の
番号は一桁や二桁であることが多い。

そこで来ましたっ、「信託目録第1号」!

ざっくりいうと、その法務局内で、不動産登記法が改正された(改正により
「信託原簿」から「信託目録」に変わったので)以後、まだ一度も
信託登記がなされたことがなかったということになる。

一番乗りは、ちょっと嬉しい。
信託業務をこなす中でのささやかな喜び。

DSC_1549

無料メール相談 弊所での法律相談

「司法書士のつぶやき」を書いている宮田浩志について

1974年7月3日生まれ
早稲田大学法学部在学中に宅地建物取引主任者資格・行政書士資格・司法書士資格を取得し、2000年3月に吉祥寺に宮田総合法務事務所を開業する。
2006年2月に長女、2012年に長男、2014年に二男が誕生し、泣き声とキック・パンチが飛び交う怒涛の家庭を持つ。

詳細は事務所概要をご覧下さい。

個人信託家族信託研究所
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力

  • ↓ よくある質問からさがす

  • ↓ 法律相談topicsからさがす

無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職