不動産の相続による所有権移転登記手続きの必要書類 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME > 相談トピックス > 不動産の相続による所有権移転登記手続きの必要書類

不動産の相続による所有権移転登記手続きの必要書類

Loading

不動産の相続による所有権移転登記手続きの必要書類相続登記手続きには、大きく分けて下記の4種類の書類が必要になります。

※個人の印鑑証明書以外の書類につきましては、当事務所がお客様に代わって請求・取得することが可能ですので、地理的・時間的・精神的にご自分で収集することが困難な方は、お気軽にご相談下さい。

1.相続を証する書類

  • 亡くなられた方の住民票の除票(本籍地の記載のあるもの)
  • 亡くなられた方の出生まで遡った戸籍、除籍(改製原戸籍)の各謄本
  • 相続人全員(相続を受ける資格のある者)の 現在の戸籍謄本※法定相続分通りに相続せずに遺産分割協議で相続をする場合は、上記に加えさらに下記の4・5の書類が必要です
  • 遺産分割協議書(相続人全員の実印を押印のこと)
  • 相続人全員の印鑑証明書(有効期限はなし)

2.不動産を取得する方の住民票

(本籍地の記載のあるもの・有効期限はなし)

3.対象不動産の固定資産税評価証明書(本年度のもの)

→23区であれば「都税事務所」
→23区以外は「市町村役場の資産税課」で取得できます

4.司法書士への登記委任状

不動産の相続による所有権移転登記手続きの必要書類当事務所でご用意いたします。
※相続登記手続きに使用した上記1?3の各書類の原本は、手続き完了後にご返却できます。従いまして、その後の銀行や証券会社等への遺産整理・名義書換手続き、相続税の申告手続き等にもご利用頂けますのでご安心下さいませ。

※その他
1)亡くなられた方の最後の住所と登記簿上の住所が一致しない場合
→ 住所を移転している時は、戸籍の附票
→ 住居表示の実施により住所が変わっている時は、住居表示実施証明書
2)相続開始後5年以上経過しているなど、住民票の除票が取れない場合
→ 不在籍証明書及び不在住証明書と登記済権利証
3)戦災による焼失等の理由により除籍謄本等が取得できない場合
→ 上申書(相続人全員の実印を押印及び印鑑証明書添付)

「不動産登記」についてもっと知りたい方はこちら!
不動産登記のメインページへ
無料メール相談 弊所での法律相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

所有権移転や抵当権抹消等不動産に関することなら、不動産の専門家・司法書士の宮田にご相談下さい。相続・遺贈・贈与・売買のみならず、共有物分割や交換、代物弁済、死因贈与等あまり一般的でない登記手続きにもクイックレスポンスで対応させて頂きます。

宮田総合法務事務所では無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力

  • ↓ よくある質問からさがす

  • ↓ 法律相談topicsからさがす

無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職