自己株式の取得の意義 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 相談トピックス » 企業法務・商業登記 » 自己株式の取得の意義

自己株式の取得の意義

Loading

自己株式はかつて「金庫株」と呼ばれ、その取得は原則禁止されていたものでしたが、現在ではその取得数や取得目的の制限はなく、取得は自由になっています。
自己株式を取得する意義としては、以下のようなものが代表的です。
1.株価対策
株価が企業の真実の価値に比べて不当に低く過小評価を受けている場合や、株式を過大に発行したために流通株式数が増大して、株価の形成に悪影響を及ぼすとともに配当コストの負担が増大した場合に、企業が自らの資金を用いて価格が低迷している自己株式を買い戻すことは、市場に流通する株式量が減少するので一株あたりの価値が上がり、それに応じて株価を上昇させる目的があります。
2.株式売却の受け皿
何らかの理由により株式が売却される場合、安定株主の層が薄くなるとすれば、発行会社ないしその経営者は経営基盤の安定が脅かされるとして危倶を抱くこともあるでしょう。その場合に会社が株式を買い取り、会社の運営を害したり会社乗っ取りを企てたりするような、会社にとって好ましくない者が株主になることを防止した上で、別の安定株主に引き取ってもらうこともできます。
3.機動的な企業再編
企業の競争力を強化するために合併・会社分割・株式移転・株式交換等の企業再編を行う際、企業再編に伴う新株発行に代えて会社の保有する自己株式を割り当てる方式を用いることにより、新株発行に伴う配当負担および株主管理コストの増加や、既存株主の株式価値の希釈化を回避しながら企業再編を機動的に行うことができます。
4.敵対的企業買収対策
敵対的企業買収が行われる前に自己株式を取得すれば、浮動株を吸収して安定株主の議決権の比率を引き上げることができ、敵対的株主の株式取得を困難にし、買収を断念させることが見込まれます。(ただし、敵対的株主が相当数の株式を取得している場合には、逆に敵対的株主が有利になる場合もあります。さらに、株式の時価総額自体が小さくなり買収されやすくなることもあります。)また、敵対的企業買収が具体的に実行された場合、対抗して自己株式を取得することにより株価を上昇させ、敵対的株主の資金負担を増加させ、議決権比率を引き下げることができます。
5.事業承継対策
相続税を払うのが困難な事業承継相続人(会社経営者の相続人)等から会社がその株式を買い取ることによって、会社のお金を相続人に移転することができ、結果相続税の納税に充てることが可能です。
6.少数株主の整理
株式が分散し少数株主が相当数存在する会社にとって、株主管理に手間がかかるとともに、機動的な経営判断を妨げたり経営が不安定になる要因になりかねません。そこで、特定の少数株主から随時株式を買い取っていくことで、分散した株式を整理し経営の安定を図ることが可能になります。

「企業法務・商業登記」についてもっと知りたい方はこちら!
企業法務・商業登記のメインページへ

企業法務・商業登記に関する法律相談

無料法律相談で是非ご相談下さい。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談

法律相談トピックス  最新の記事一覧

  1. 有限責任事業組合(日本版LLP) その3 ≪運営要件と活用例≫
  2. 平成28年10月1日より商業登記に「株主リスト」が必要になります!
  3. LLPと不動産登記(通達)
  4. 譲渡制限会社の第三者割当増資のスケジュール
  5. 譲渡制限会社の第三者割当による新株予約権の発行スケジュール
  6. 税制適格ストックオプション
  7. 新株予約権
  8. 自己株式取得手続き
  9. 自己株式の取得の意義
  10. 役員の責任限定
  11. 電子公告制度 その1
  12. 電子公告制度 その2
  13. 今さら人には聞けない「株券電子化」の要点整理!
  14. 企業法務・商業登記の「オフバランス(オフバランス化)」とは
  15. 株券電子化の方法とメリット
  16. 下請法について ≪下請けいじめは違法行為≫
  17. 中小企業の定時株主総会開催までのスケジュール
  18. 合同会社(日本版LLC)
  19. 有限責任事業組合(日本版LLP) その2 ≪仕組み≫
  20. 有限責任事業組合(日本版LLP) その1 ≪特徴≫
  21. 様々な事業形態のメリット・デメリット
  22. 定款規定で簡単にできる経営基盤安定化への工夫
  23. 目的調査の簡略化
  24. 会社法施行における監査役の任期の問題 2
  25. 会社法施行における監査役の任期の問題 1
  26. 資本金の額が法令に従って計上されたことを証する書面
  27. 株式の種類
  28. 有限会社制度の廃止
  29. 支店所在地の登記の簡素化
  30. 類似商号制度の廃止
  31. 新会社法施行による改正点の要点
  32. 新会社法施行後の機関設計の原則
→ 過去の法律相談トピックス一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

商業登記・法人登記はもちろん、企業法務全般に関わるご相談は、宮田事務所まで。司法書士が企業法務の専門家として予期せぬ法律トラブルを未然に防ぎます。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職
  • 人気の記事一覧