新株予約権 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所

新株予約権

Loading

新株予約権とは、株式会社に対して行使することにより、当該株式会社の株式の交付を受けることができる権利をいいます。
予め定められた行使価格を時価が上回っている場合は、権利行使すれば利益が得られ、逆に予め定められた行使価格を時価が下回っている場合は、権利放棄すれば新株予約権を取得するのにかかった費用が無駄になるだけですみます。
新株予約権の活用方法としては、以下のものが考えられます。
1.資金調達手段
会社は、有償で新株予約権を発行する事により、新株発行と同様に、資金調達を図ることができます。また、新株発行と異なり、新株予約権は行使されて株式になるまではあくまで予約権のままですので、株主管理のコストを低くすることが出来ます。
2.ストックオプション
会社が取締役や従業員等に対して、予め定められた価額(権利行使価額)で会社の株式を取得することのできる権利を付与し、取締役や従業員は将来、株価が上昇した時点で権利行使を行い、会社の株式を取得し、売却することにより、株価上昇分の報酬が得られるという一種の報酬制度です。
報酬額が企業の業績向上による株式価値の上昇と直接連動することから、権利を付与された取締役や従業員の株価に対する意識は高まり、業績向上へのインセンティブとなります。
また、会社は報酬として株式を発行するのみですので、キャッシュアウトを伴いません。
さらにストックオプションは、勤務条件や業績達成に関する条件等、企業の事情を勘案した様々な条件を付すことでができ、柔軟な運用が可能です。
3.買収防衛策としてのポイズンピル
敵対的買収防衛策のひとつで、アメリカでは6割の企業が導入しているとも言われています。(ただし、実際に発行した事例はまだありません。)平成17年、株式会社ライブドアによる、ニッポン放送買収事件を契機に注目を集めました。
既存株主に対し、「敵対的買収者が一定の議決権割合を取得した時点で、時価以下で新株を購入できる新株予約権」を、予め発行しておきます。敵対的買収をかけられた場合に、ただちに株数を増やし、買収者の議決権割合と、持っている株の価値を下げ、買収にかかる総費用を上げるという仕組みです。これにより買収者の意思をくじいて時間的な余裕を得られ、交渉が買収者のペースで一方的に進むことを阻止し、他の友好的な買い手と交渉を進めることができます。
既存株主にとっては株式価値が希薄化したり、経営者が保身を目的に乱用したりする負の側面も懸念され、グリーンメール(株価を吊り上げて売り抜けること)や買収対象会社の資産売却などの、短期投機目的である投資が明らかな場合に、限定的に認められるものです。

「企業法務・商業登記」についてもっと知りたい方はこちら!
企業法務・商業登記のメインページへ

企業法務・商業登記に関する法律相談

無料法律相談で是非ご相談下さい。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談

法律相談トピックス  最新の記事一覧

  1. 有限責任事業組合(日本版LLP) その3 ≪運営要件と活用例≫
  2. 平成28年10月1日より商業登記に「株主リスト」が必要になります!
  3. LLPと不動産登記(通達)
  4. 譲渡制限会社の第三者割当増資のスケジュール
  5. 譲渡制限会社の第三者割当による新株予約権の発行スケジュール
  6. 税制適格ストックオプション
  7. 新株予約権
  8. 自己株式取得手続き
  9. 自己株式の取得の意義
  10. 役員の責任限定
  11. 電子公告制度 その1
  12. 電子公告制度 その2
  13. 今さら人には聞けない「株券電子化」の要点整理!
  14. 企業法務・商業登記の「オフバランス(オフバランス化)」とは
  15. 株券電子化の方法とメリット
  16. 下請法について ≪下請けいじめは違法行為≫
  17. 中小企業の定時株主総会開催までのスケジュール
  18. 合同会社(日本版LLC)
  19. 有限責任事業組合(日本版LLP) その2 ≪仕組み≫
  20. 有限責任事業組合(日本版LLP) その1 ≪特徴≫
  21. 様々な事業形態のメリット・デメリット
  22. 定款規定で簡単にできる経営基盤安定化への工夫
  23. 目的調査の簡略化
  24. 会社法施行における監査役の任期の問題 2
  25. 会社法施行における監査役の任期の問題 1
  26. 資本金の額が法令に従って計上されたことを証する書面
  27. 株式の種類
  28. 有限会社制度の廃止
  29. 支店所在地の登記の簡素化
  30. 類似商号制度の廃止
  31. 新会社法施行による改正点の要点
  32. 新会社法施行後の機関設計の原則
→ 過去の法律相談トピックス一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

商業登記・法人登記はもちろん、企業法務全般に関わるご相談は、宮田事務所まで。司法書士が企業法務の専門家として予期せぬ法律トラブルを未然に防ぎます。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職
  • 人気の記事一覧