家族信託・民事信託の仕組みと成年後見制度の比較表 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 相談トピックス » 民事信託・家族信託 » 家族信託・民事信託の仕組みと成年後見制度の比較表

家族信託・民事信託の仕組みと成年後見制度の比較表

Loading

家族信託民事信託≫と≪成年後見制度≫は、
どちらも財産管理の一手法ですが、
両者には様々な違いがありますので、下記に簡単にまとめてみました。

 

法定後見人 任意後見人 信託受託者
 ①存続期間  後見開始の審判~本人の死亡まで  監督人選任の審判~本人又は任意後見人の死亡まで

 始期も終期も自由に設定可

(無期限に存続させることも可能)

 ②権限  ・財産管理

・法律行為の代理   (同意・取消)

・身上監護

 同左

(但し、任意後見契約において代理権が認められた行為に限る)

自由に権限付与できるが、信託財産の包括的な管理・処分が一般的
 ③財産の積極的運用・処分の可否  財産を維持しながら本人のためにのみ支出することが求められる(扶養義務に基づく親族への支出は可)。 積極的な投資・運用や合理的理由のない換価処分、本人財産の減少となる行為(生前贈与)等は不可。  同左  受託者の権限内であれば、その責任と判断において、信託目的に沿った自由な運用・処分が可能。
 ④不動産の処分(賃貸、売却、建替え等)の可否  居住用財産(自宅)は、家庭裁判所の許可が必要なので、入所費用の捻出などの合理的理由が必要となる。  任意後見契約において代理権が付与されているため、家庭裁判所も任意後見監督人の同意も不要。但し、上記③の運用・処分の考え方は適用されるので、合理的理由のない処分行為は、事後的(後見報告の際)に問題になり得る。  受託者の権限内であれば、その責任と判断において処分可能(受託者は、登記簿に形式的な所有者として記載され売買や賃貸借の契約当事者になる)。
 ⑤悪質な訪問販売業者や“オレオレ詐欺”等本人が受けた犯罪被害への対応  被後見人本人が交わした契約は法定後見人が取り消すことが可能なため(取消権の行使)、被害を回復できる。  任意後見人に「取消権」はないので、契約を取り消せない。  受託者に「取消権」はないが、信託財産は、委託者本人の財産とは分離され受託者の手元で管理するので、被害を最小限に防ぐことは可能。
 ⑥本人死亡後遺産相続手続き  被後見人本人の死亡により後見業務が終了するので、相続人又は受遺者に相続財産を引継ぐのみで、死後事務や遺言執行・遺産整理は後見人の業務権限の範囲外となる。  同左  預貯金口座の凍結を回避でき、委託者本人が死亡しても信託が終了しない設計にすれば、名義変更等の遺産相続手続きの手間が省け、引き続き受託者の管理下でスムーズな資産承継が可能。
 ⑦監督機関  家庭裁判所又は後見監督人による監督を受ける(報告義務あり)。  必ず就任する任意後見監督人により監督を受ける(報告義務あり)。  必須の監督機関はないが、信託監督人等の監督機関を任意に設定することが可能。
 ⑧財産管理者への報酬  法定後見人への報酬は、家庭裁判所への申立てを経て「報酬付与審判」により金額が決定(自由に設定不可)。 なお、親族後見人でも報酬は貰える。  任意後見人への報酬は、任意後見契約の中で自由に設定できるが、報酬条項が無ければ無報酬となる。  受託者への報酬は、信託行為の中で自由に設定できるが、報酬条項が無ければ無報酬となる。
 ⑨存続期間中のランニングコスト  職業後見人の場合、本人の保有資産や業務内容等に応じて、家裁の審判により月額2~6万円程度の報酬が発生。 親族後見人に後見監督人が就く場合、月額1~2万円程度の報酬が発生。  上記⑧のとおりの契約書所定の任意後見人への報酬に加え、任意後見監督人報酬が月額1~2万円程度発生。  上記⑦⑧のとおり、信託行為に規定した報酬以外は特段発生しない。

 

※ 印刷用は、こちら↓

★成年後見制度と家族信託の比較表(最新版)2017

 

 

「民事信託・家族信託」についてもっと知りたい方はこちら!
民事信託・家族信託のメインページへ
無料メール相談 弊所での法律相談

法律相談トピックス  最新の記事一覧

  1. 信託の併合にかかる登録免許税
  2. 家族信託による金銭管理と信託口口座
  3. 家族信託における受益者の権利
  4. 成年後見制度の現実と家族信託との比較
  5. 相続対策における家族会議の重要性
  6. 家族信託を実行する際の注意点・重点ポイント
  7. 『家族信託』と生命保険の共通点・相違点
  8. 家族信託を活用すれば認知症後も暦年贈与可能?
  9. 家族信託においても“倒産隔離機能”で財産を守れるか
  10. 農地を家族信託契約の信託財産とする場合のポイント
  11. 家族信託で株式を信託する場合の注意点
  12. 家族信託(民事信託)と商事信託の比較
  13. 空き家対策特別措置法と家族信託
  14. 「家族信託」「民事信託」用語集
  15. 家族信託・民事信託に関する誤解の数々
  16. 不動産を家族信託契約の財産に入れた場合の登録免許税
  17. 家族信託・民事信託を確実に実行するための工夫ポイント
  18. 家族信託における委託者・受託者・受益者の破産~「倒産隔離機能」の本質~
  19. 家族信託・民事信託の仕組みと成年後見制度の比較表
  20. 家族信託における信託管理人と信託監督人
  21. 民事信託・家族信託の内容変更
  22. 家族信託の併合と分割
  23. 家族信託の同意権者・指図権者の役割
  24. 家族信託における受託者の信託報酬と費用償還
  25. 家族信託における受託者の任務終了事由
  26. 家族信託の受託者の辞任・解任
  27. 家族信託における受益権の譲渡・放棄等
  28. 家族信託の委託者の地位の相続・譲渡
  29. 家族信託の期間の設定と制限
  30. 家族信託の始まりと終わり(信託の開始時期と終了事由)
  31. 家族信託における後継ぎ遺贈型受益者連続信託とは
  32. 家族信託における信託宣言(自己信託)とは
  33. 家族信託と「親なき後問題」と「配偶者(伴侶)なき後問題」
  34. 家族信託における遺言信託と遺言代用信託との相違点
  35. 家族信託における遺言代用信託とは
  36. 民事信託・家族信託による“遺言信託”とは
  37. 家族信託の受託者の義務と責任
  38. 家族信託における受益権の内容
  39. 民事信託・家族信託とは ≪定義と方法≫
→ 過去の法律相談トピックス一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

成年後見制度を補完する仕組み、“後継ぎ遺贈問題”や“親(伴侶)亡き後問題”を解決する仕組み、円滑な事業承継を図る仕組み・・・、新しい信託の仕組みを活用して、皆様の細かなニーズにお応えします!

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職
  • 人気の記事一覧