家族信託・民事信託に関する誤解の数々 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME > 相談トピックス > 家族信託・民事信託に関する誤解の数々

家族信託・民事信託に関する誤解の数々

Loading

家族信託・民事信託について、いくつかの論点について大きな誤解をしている方もいるので、ここで改めて誤解を解消したいです。
家族信託・民事信託についてセミナー講師として講演されている方や家族信託に関する書籍を執筆されている方の中にも勘違いしている方がいるようなので、注意が必要です。

 

1.民事信託の仕組みは2007年の信託法の改正で初めてできるようになったという誤解

大正時代にできた信託法ですが、2007年の改正前の旧信託法でも、受託者が信託銀行等のプロでない民事信託は可能でした。
法体系として、あまり民事信託を想定していなかっただけで、旧法の下でも民事信託の設定をしていたケースはあります。
あくまで、2007年の新信託法で明文化されて民事信託・家族信託が活用しやすくなったというのが真実です。

 

2.民事信託の受託者は無報酬でないとダメという誤解

受託者は、信託業法の免許を持たないと「信託報酬」をもらえないと思っている方がいます。
“不特定多数の方に対して反復継続して信託の引き受けをする(受託者となる)個人・法人”は、
信託業の免許を持たないと信託業法に抵触することになりますが、そもそも家族が受託者となる家族信託の場合、
家族・親族以外の不特定多数の方が素人に財産を預けることはしませんので、信託業法の規制の範疇外です。
つまり、当事者契約自由の原則に従い、自由に信託報酬を設定することが可能です。

なお、司法書士、弁護士、税理士、行政書士等の士業や不動産会社等が受託者になる場合、
不特定多数の方に対して反復継続して信託の引き受けをする可能性が高いので、信託業法違反の疑いが出てきます。

 

3.信託財産に担保設定はできないという誤解

受託者が預かった信託財産を信託の目的に従い管理処分する過程で、受託者が受益者のために借り入れをしたり、
借り入れに伴い担保設定することは可能です。
例えば、相続税対策を含めた事業プランの中で、土地の開発行為(宅地造成)やアパートの建替え、不動産の買い換えなどについては、
信託金融資産では賄えない場合、金融機関から融資を受けて事業を行うことがあります。
この場合、受託者が金融機関に対して融資の申し込みをし、金銭消費貸借契約や抵当権(根抵当権)設定契約を締結することになります。
つまり、信託業務に関する借り入れや担保設定であれば、受託者の責任と権限において可能となります。
もちろん、受託者の管理処分権限の根拠となる信託契約書に借り入れや信託財産への担保設定ができる旨を規定しておかなければならないですが。
なお、受託者の個人的な債務の担保として信託財産を担保提供することは、受益者と受託者との利益相反行為であり、
忠実義務・善管注意義務違反ということになりますので、好ましくないのは言うまでもありません。

 

 

「民事信託・家族信託」についてもっと知りたい方はこちら!
民事信託・家族信託のメインページへ
無料メール相談 弊所での法律相談

法律相談トピックス  最新の記事一覧

  1. 家族信託における受益者の権利
  2. 成年後見制度の現実と家族信託との比較
  3. 相続対策における家族会議の重要性
  4. 家族信託を実行する際のデメリット・注意点・重点ポイント
  5. 『家族信託』と生命保険の共通点・相違点
  6. 家族信託を活用すれば認知症後も暦年贈与可能?
  7. 家族信託においても“倒産隔離機能”で財産を守れるか
  8. 農地を家族信託契約の信託財産とする場合のポイント
  9. 家族信託で株式を信託する場合の注意点
  10. 家族信託(民事信託)と商事信託の比較
  11. 空き家対策特別措置法と家族信託
  12. 「家族信託」「民事信託」用語集
  13. 家族信託・民事信託に関する誤解の数々
  14. 不動産を家族信託契約の財産に入れた場合の登録免許税
  15. 家族信託・民事信託を確実に実行するための工夫ポイント
  16. 家族信託における委託者・受託者・受益者の破産~「倒産隔離機能」の本質~
  17. 家族信託・民事信託の仕組みと成年後見制度の比較表
  18. 家族信託における信託管理人と信託監督人
  19. 民事信託・家族信託の内容変更
  20. 家族信託の併合と分割
  21. 家族信託の同意権者・指図権者の役割
  22. 家族信託における受託者の信託報酬と費用償還
  23. 家族信託における受託者の任務終了事由
  24. 家族信託の受託者の辞任・解任
  25. 家族信託における受益権の譲渡・放棄等
  26. 家族信託の委託者の地位の相続・譲渡
  27. 家族信託の期間の設定と制限
  28. 家族信託の始まりと終わり(信託の開始時期と終了事由)
  29. 家族信託における後継ぎ遺贈型受益者連続信託とは
  30. 家族信託における信託宣言(自己信託)とは
  31. 家族信託と「親なき後問題」と「配偶者(伴侶)なき後問題」
  32. 家族信託における遺言信託と遺言代用信託との相違点
  33. 家族信託における遺言代用信託とは
  34. 民事信託・家族信託による“遺言信託”とは
  35. 家族信託の受託者の義務と責任
  36. 家族信託における受益権の内容
  37. 民事信託・家族信託とは ≪定義と方法≫
→ 過去の法律相談トピックス一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

成年後見制度を補完する仕組み、“後継ぎ遺贈問題”や“親(伴侶)亡き後問題”を解決する仕組み、円滑な事業承継を図る仕組み・・・、新しい信託の仕組みを活用して、皆様の細かなニーズにお応えします!

宮田総合法務事務所では無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力

  • ↓ よくある質問からさがす

  • ↓ 法律相談topicsからさがす

無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    企業法務
    総会収集・運営支援
    業務提携
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職