家族信託においても“倒産隔離機能”で財産を守れるか 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME > 相談トピックス > 家族信託においても“倒産隔離機能”で財産を守れるか

家族信託においても“倒産隔離機能”で財産を守れるか

Loading

「倒産隔離機能」は、信託法という法律を学ぶ方にっては、
非常に重要ですが、民事信託・家族信託の実務においては、
あまり重要度は高くない機能ですし、そもそも多くの方が
この説明に対して誤解をしているようです。

 

「信託の機能として、信託財産は委託者固有の財産からも、
受託者固有の財産からも独立しており、委託者や受託者が
差押えを受けたり破産しても、信託財産には取り立てが
及ばずに守られます。」という旨の説明があるからでしょう。

 

確かにこの説明は間違っていません。
でも、一つ忘れていないでしょうか?

信託にとって最も重要な人物を。
そうです、「受益者」です。

 

多くの書籍では、受益者と破産との関係をきちんと
触れていないものが多いので、誤解が多いです。
つまり、委託者や受託者の破産に関して信託財産は影響をうけませんが、
受益者の破産に対しては、取立てを免れません。

 

ちょっと事例を交えて考えてみましょう。
職務上、司法書士は“無限責任”を負っている訳ですが
(故意又は過失によりお客様等に損害を与えてしまった場合は、
当該司法書士は、その賠償額に上限なく損害賠償責任を負うということです)、
もし将来的に損害賠償請求を受けてマイホームが取られてしまうのを
防ぐために、信託契約を活用し、奥さんを受託者、司法書士自身が
委託者兼受益者となったとしましょう。
このマイホームは、受託者である妻が登記名義人になりますので、
実際に司法書士に対して数千万円の損害賠償請求権を持つ債権者が
マイホームを差し押さえようとしても、差し押さえることはできません。

 

では、この司法書士の資産防衛計画は大成功なのでしょうか?

世の中そんなに甘いものではありません。
そんなことが容易にできたら、世の中の社長や士業は皆信託契約で
財産保全に走るでしょう。

この司法書士の財産は、所有権としてのマイホームではなく、
「信託受益権」という債権を財産として保有していることになりますので、
債権者は、この信託受益権に対して差押えが可能です。

結局のところ、この司法書士に精算すべき他の資産が無ければ、
この信託財産たるマイホームを売却して返済しなければ
ならないことに変わりはないのです。

また、「詐害信託」(信託法第11条)という規定も信託法には存在しますので、
多重債務者などが支払困難な状況が顕在化してきてから信託契約を交わし、
自分以外の者(例えば配偶者や子・孫)を受益者として設定しても、
債権者を害する(詐害)の意図があったとして、信託契約が無効になることも
あり得るのです。
つまり、計画倒産を試みる悪質な債務者が自己の財産を守ろうとする手段
として家族信託を活用することはできません。

 

「民事信託・家族信託」についてもっと知りたい方はこちら!
民事信託・家族信託のメインページへ
無料メール相談 弊所での法律相談

法律相談トピックス  最新の記事一覧

  1. 成年後見制度の現実と家族信託との比較
  2. 相続対策における家族会議の重要性
  3. 家族信託を実行する際のデメリット・注意点・重点ポイント
  4. 『家族信託』と生命保険の共通点・相違点
  5. 家族信託を活用すれば認知症後も暦年贈与可能?
  6. 家族信託においても“倒産隔離機能”で財産を守れるか
  7. 農地を家族信託契約の信託財産とする場合のポイント
  8. 家族信託で株式を信託する場合の注意点
  9. 家族信託(民事信託)と商事信託の比較
  10. 空き家対策特別措置法と家族信託
  11. 「家族信託」「民事信託」用語集
  12. 家族信託・民事信託に関する誤解の数々
  13. 不動産を家族信託契約の財産に入れた場合の登録免許税
  14. 家族信託・民事信託を確実に実行するための工夫ポイント
  15. 家族信託における委託者・受託者・受益者の破産~「倒産隔離機能」の本質~
  16. 民事信託・家族信託の仕組みと成年後見制度の比較表
  17. 家族信託における信託管理人と信託監督人
  18. 民事信託・家族信託の内容変更
  19. 家族信託の併合と分割
  20. 家族信託の同意権者・指図権者の役割
  21. 家族信託における受託者の信託報酬と費用償還
  22. 家族信託における受託者の任務終了事由
  23. 家族信託の受託者の辞任・解任
  24. 家族信託における受益権の譲渡・放棄等
  25. 家族信託の委託者の地位の相続・譲渡
  26. 家族信託の期間の設定と制限
  27. 家族信託の始まりと終わり(信託の開始時期と終了事由)
  28. 家族信託における後継ぎ遺贈型受益者連続信託とは
  29. 家族信託における信託宣言(自己信託)とは
  30. 家族信託と「親なき後問題」と「配偶者(伴侶)なき後問題」
  31. 家族信託における遺言信託と遺言代用信託との相違点
  32. 家族信託における遺言代用信託とは
  33. 民事信託・家族信託による“遺言信託”とは
  34. 家族信託の受託者の義務と責任
  35. 家族信託における受益権の内容
  36. 民事信託・家族信託とは ≪定義と方法≫
→ 過去の法律相談トピックス一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

成年後見制度を補完する仕組み、“後継ぎ遺贈問題”や“親(伴侶)亡き後問題”を解決する仕組み、円滑な事業承継を図る仕組み・・・、新しい信託の仕組みを活用して、皆様の細かなニーズにお応えします!

宮田総合法務事務所では無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力

  • ↓ よくある質問からさがす

  • ↓ 法律相談topicsからさがす

無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    企業法務
    総会収集・運営支援
    業務提携
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職