家族信託・民事信託の活用で認知症後の暦年贈与も可能か? | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME > 相談トピックス > 家族信託を活用すれば認知症後も暦年贈与可能?

家族信託を活用すれば認知症後も暦年贈与可能?

Loading

民事信託・家族信託の仕組みを活用することにより、相続税対策としての暦年贈与を、贈与者が認知症等で判断応力喪失後も、受託者主導で着実に実行できるか?』
というご質問をよく頂きますので、この点につきご説明したいと思います。

 

高齢の親が相続税対策を実行するにあたり、その計画途中で本人の判断能力が著しく低下してしまうと、贈与も売買も遺言も任意後見も含め、全ての法律的な行為はできなくなります。

典型的な例として、贈与税の基礎控除である金110万円の範囲内で、毎年父親が子や孫に暦年贈与をしていきたいと考えている方は少なくありません。
しかし実際は、複数年での中期的な贈与計画の途中で父親本人が認知症を発症してしまい、暦年贈与がストップしてしまう事態は少なくありません。

成年後見人になれるのは誰ですか?

そこで、父親の元気なときの意思を尊重して、判断能力喪失後もその意を汲んで財産の管理・処分ができる『信託』、特に『家族信託』という仕組みなら、財産管理を担う受託者主導で、引き続き暦年贈与が完遂できるのではないかと考える方がいます。

つまり、『受益者たる父親の判断能力の有無を問わず、受託者が受託者単独の判断で、信託財産から直接受贈者たる子や孫に毎年贈与としての財産を渡すことができるのではないか』という考え方です。

 

しかし、この考えは非常に危険です!

 

財産管理を担う家族信託の『受託者』は、“受益者のため”にのみ財産の管理・処分をすべき立場ですので、 受託者が受益者たる父親以外の者に直接信託財産を給付することは、忠実義務(信託法第30条)違反になります。

従いまして、法律的な問題(受託者に対する損失補てん責任)が生じますし、税務的にも税務当局から贈与自体を否認される可能性もあります。

子や孫に受益者たる親の信託財産を給付したい場合(扶養義務に基づく給付を除く)には、子や孫を受益者に加える(子や孫に受益権の一部を渡す)ことが大前提となります。

もし、受益者たる親の判断能力喪失後も暦年贈与を実行するのであれば、『受益者変更権』を駆使したハイレベルな手段を講じる必要があります。

もちろん、この手法も税務的なリスクは伴いますので、税理士さんとも相談しながら計画を遂行することは必要です。
家族信託を活用した暦年贈与の遂行計画についてのご相談は、日本屈指の家族信託・民事信託の相談・組成件数をほこる司法書士宮田総合法務事務所までお気軽にご相談下さいませ。

 

 

「民事信託・家族信託」についてもっと知りたい方はこちら!
民事信託・家族信託のメインページへ
無料メール相談 弊所での法律相談

法律相談トピックス  最新の記事一覧

  1. 家族信託による金銭管理と信託口口座
  2. 家族信託における受益者の権利
  3. 成年後見制度の現実と家族信託との比較
  4. 相続対策における家族会議の重要性
  5. 家族信託を実行する際のデメリット・注意点・重点ポイント
  6. 『家族信託』と生命保険の共通点・相違点
  7. 家族信託を活用すれば認知症後も暦年贈与可能?
  8. 家族信託においても“倒産隔離機能”で財産を守れるか
  9. 農地を家族信託契約の信託財産とする場合のポイント
  10. 家族信託で株式を信託する場合の注意点
  11. 家族信託(民事信託)と商事信託の比較
  12. 空き家対策特別措置法と家族信託
  13. 「家族信託」「民事信託」用語集
  14. 家族信託・民事信託に関する誤解の数々
  15. 不動産を家族信託契約の財産に入れた場合の登録免許税
  16. 家族信託・民事信託を確実に実行するための工夫ポイント
  17. 家族信託における委託者・受託者・受益者の破産~「倒産隔離機能」の本質~
  18. 家族信託・民事信託の仕組みと成年後見制度の比較表
  19. 家族信託における信託管理人と信託監督人
  20. 民事信託・家族信託の内容変更
  21. 家族信託の併合と分割
  22. 家族信託の同意権者・指図権者の役割
  23. 家族信託における受託者の信託報酬と費用償還
  24. 家族信託における受託者の任務終了事由
  25. 家族信託の受託者の辞任・解任
  26. 家族信託における受益権の譲渡・放棄等
  27. 家族信託の委託者の地位の相続・譲渡
  28. 家族信託の期間の設定と制限
  29. 家族信託の始まりと終わり(信託の開始時期と終了事由)
  30. 家族信託における後継ぎ遺贈型受益者連続信託とは
  31. 家族信託における信託宣言(自己信託)とは
  32. 家族信託と「親なき後問題」と「配偶者(伴侶)なき後問題」
  33. 家族信託における遺言信託と遺言代用信託との相違点
  34. 家族信託における遺言代用信託とは
  35. 民事信託・家族信託による“遺言信託”とは
  36. 家族信託の受託者の義務と責任
  37. 家族信託における受益権の内容
  38. 民事信託・家族信託とは ≪定義と方法≫
→ 過去の法律相談トピックス一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

成年後見制度を補完する仕組み、“後継ぎ遺贈問題”や“親(伴侶)亡き後問題”を解決する仕組み、円滑な事業承継を図る仕組み・・・、新しい信託の仕組みを活用して、皆様の細かなニーズにお応えします!

宮田総合法務事務所では無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力

  • ↓ よくある質問からさがす

  • ↓ 法律相談topicsからさがす

無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職