相続対策に大切な家族会議のことなら司法書士・宮田総合法務事務所へ | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME > 相談トピックス > 相続対策における家族会議の重要性

相続対策における家族会議の重要性

Loading

家族信託』という仕組みは、遺言の代用機能として直近の遺産の受取人(1次相続人)の指定だけでなく、その次の相続(2次相続)以降の財産の承継者も指定できる画期的な手法です。この機能を上手に活用することで、“争族対策”を実現できる可能性がある訳ですが、ここでは、そもそも家族信託を「検討すること」自体が、“争族対策”になるというお話をしたいと思います。

 

遺言との違い

遺言は単独行為、つまり自分一人で勝手に作ることができます。したがって、税理士や司法書士等には相談するけれども、配偶者や子など身近な家族に一切相談せずに作成する方も多く、本人が亡くなってから初めて遺言の内容を知って困惑する相続人は少なくありません。

一方、家族信託は原則単独ではできず、託す相手(「受託者」といい、典型的には子がなります)が存在します。
現在自分がどんな財産を持っていて、それを今後どのように消費又は運用し、最終的に遺産を誰に渡したいか、これらについて受託者となる子に伝えなければ、そもそも最適な家族信託の設計・検討はできません。

また、託す相手が、例えば長男でも、配偶者や他の子には内緒で計画を実行することも好ましくありません。
受託者とならない他の家族全員も参加した話し合いの場(家族会議)で、家族信託という選択肢を含めた方策の検討がとても大切な工程だと言えます。家族信託は、まだ世間一般にはなじみの薄い最先端の手法ですので、家族全員が同じレベルの情報と正しい理解を共有するところが出発点です。

3984918d75bbbfa4762d9f7b0044f2ec_m

 

家族会議の効果

相続は、遺す側と遺される側の“想い”が一致するのが理想的であり、両者の想いを擦り合わせる作業が大切です。
その意味で、前述のとおり家族会議の開催を前提とする家族信託は、“想い”を擦り合せる作業が工程に自然に組み込まれることから、その検討段階においても大きな意義があると言えます。

結果として家族信託を実行する(信託契約を締結する)かどうかは大きな問題ではなく、老親が元気なうちに、今後の財産管理とその先の資産承継について家族全員が専門家を交えて話し合うことができれば、“想い”は通じ、“争族”の火種はほぼ解消できることが多いです。

家族で話し合いの場を設ければ、逆に子同士の喧嘩が始まることを心配する方がいます。ただ、そのような家族は、家族会議を開かなくても、将来必ず揉めます。そうであれば、親の目の前で喧嘩をさせ、それを目の当たりにして、「やはり親が決めておくべきだ」という想いに至れば、それもまた争族対策の第一歩になり、危機感・使命感をもって遺言や家族信託を検討頂くことができるでしょう。

 

 

≪家族会議をするメリット≫
①老親の今後の希望(終の棲家、財産の消費・運用の方法)を家族で把握し、安心できるサポート体制を構築できる。
②予め老親の介護等を主体的に担う子を決め、それを前提にその子に多めに遺産を渡すことを他の子も納得の上で決められる(等分が公平とは限りません)。
③引き継ぐ側の希望も老親に伝えることで、親の独りよがりの資産承継ではなく、家族が望む形で資産を引き継がせることができる。

 

 

「民事信託・家族信託」についてもっと知りたい方はこちら!
民事信託・家族信託のメインページへ
無料メール相談 弊所での法律相談

法律相談トピックス  最新の記事一覧

  1. 家族信託における受益者の権利
  2. 成年後見制度の現実と家族信託との比較
  3. 相続対策における家族会議の重要性
  4. 家族信託を実行する際のデメリット・注意点・重点ポイント
  5. 『家族信託』と生命保険の共通点・相違点
  6. 家族信託を活用すれば認知症後も暦年贈与可能?
  7. 家族信託においても“倒産隔離機能”で財産を守れるか
  8. 農地を家族信託契約の信託財産とする場合のポイント
  9. 家族信託で株式を信託する場合の注意点
  10. 家族信託(民事信託)と商事信託の比較
  11. 空き家対策特別措置法と家族信託
  12. 「家族信託」「民事信託」用語集
  13. 家族信託・民事信託に関する誤解の数々
  14. 不動産を家族信託契約の財産に入れた場合の登録免許税
  15. 家族信託・民事信託を確実に実行するための工夫ポイント
  16. 家族信託における委託者・受託者・受益者の破産~「倒産隔離機能」の本質~
  17. 家族信託・民事信託の仕組みと成年後見制度の比較表
  18. 家族信託における信託管理人と信託監督人
  19. 民事信託・家族信託の内容変更
  20. 家族信託の併合と分割
  21. 家族信託の同意権者・指図権者の役割
  22. 家族信託における受託者の信託報酬と費用償還
  23. 家族信託における受託者の任務終了事由
  24. 家族信託の受託者の辞任・解任
  25. 家族信託における受益権の譲渡・放棄等
  26. 家族信託の委託者の地位の相続・譲渡
  27. 家族信託の期間の設定と制限
  28. 家族信託の始まりと終わり(信託の開始時期と終了事由)
  29. 家族信託における後継ぎ遺贈型受益者連続信託とは
  30. 家族信託における信託宣言(自己信託)とは
  31. 家族信託と「親なき後問題」と「配偶者(伴侶)なき後問題」
  32. 家族信託における遺言信託と遺言代用信託との相違点
  33. 家族信託における遺言代用信託とは
  34. 民事信託・家族信託による“遺言信託”とは
  35. 家族信託の受託者の義務と責任
  36. 家族信託における受益権の内容
  37. 民事信託・家族信託とは ≪定義と方法≫
→ 過去の法律相談トピックス一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

成年後見制度を補完する仕組み、“後継ぎ遺贈問題”や“親(伴侶)亡き後問題”を解決する仕組み、円滑な事業承継を図る仕組み・・・、新しい信託の仕組みを活用して、皆様の細かなニーズにお応えします!

宮田総合法務事務所では無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力

  • ↓ よくある質問からさがす

  • ↓ 法律相談topicsからさがす

無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    企業法務
    総会収集・運営支援
    業務提携
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職