【親権】親権者の変更はどうしたらいいですか? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » よくある質問 » 離婚問題・財産分与 » 【親権】親権者の変更はどうしたらいいですか?

【親権】親権者の変更はどうしたらいいですか?

宮田総合法務事務所 代表司法書士 宮田浩志 宮田総合法務事務所 代表司法書士
宮田浩志
→プロフィールはこちら
Loading

親権者変更は、両親の合意だけですることはできず、必ず家庭裁判所の調停や審判の手続きを経る必要があります。
親権者である片方の親が死亡したとしても、自動的に親権がもう一方の親に移るわけではありません。

申立て手続きとしては、親権者の住所地の家庭裁判所へ親権者変更の調停をすることになります。
この申立ては、親権者のどちらからでもできますし、子どもの親族であれば、祖父や祖母からでもできます。
ただし、子ども本人には申し立ての権利はありません。

親権者は戸籍上の記載事項ですので、親権者の変更が認められたら、審判の確定または調停の成立の日から10日以内に、審判書または調停調書の謄本を添えて市区町村役場の戸籍係に届け出ることが必要です。届け出がなされると、子どもの戸籍の身分事項欄に親権者が変更した旨が記載されます。
離婚時に一度決めた親権者の変更は簡単ではありません。子どもの監護教育のために親権者を変更する必要があるかが判断されますので、親のために親権者変更が必要かは、考慮されません。
したがって、教育監護の現状に問題がない場合、親権者変更は認められない可能性が高いです。

子どもが15歳以上の場合は、子どもの意見を踏まえて決められます。
子どもが15歳未満の場合は、親権者の変更に必要かつ妥当な事情があると認められれば親権者の変更ができます。
具体的には現在の親権者の暴力や育児放棄、あるいは、親権者が死亡した場合などです。
ただし、親権者が死亡した場合でも、養育環境に問題なければ、親権者が変更されないこともあります。
離婚の際の親権者の定めは、十分に協議の上、慎重にされることをお勧めいたします。

タグ:
「離婚問題・財産分与」についてもっと知りたい方はこちら!
離婚問題・財産分与のメインページへ

離婚問題・財産分与に関する法律相談

「家族信託」「成年後見」「遺言書作成について」「遺産整理/遺言執行について」に関するご相談以外につきましては、業務過多につきメールまたは電話での無料法律相談サービスを一旦停止させていただいております。

対面での有料法律相談につきましては、引き続き対応させていただいておりますので、 お電話またはメールでご予約の上、ぜひ弊所までお越しくださいませ。

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

「相手方にもっと請求できたのに・・・」「こんな請求は突き返せたのに・・・」よく知らないがために、当事者同士の話合いの結果、不利・不公平な条件で合意してしまうケースも多いです。権利主張できるものはきちんと主張した上で、平和的な解決を図るお手伝いをしております。離婚・慰謝料・財産分与・養育費等に関するご相談は、離婚問題の専門家・司法書士の宮田にお任せ下さい。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
家族信託セカンドオピニオンサービス
家族信託普及協会
 相続会議
家族信託まるわかりチャンネル
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1800以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携
    IFA/FP業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 対面法律相談
    人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職
    1800以上の法律記事から情報を検索!
    • ↓ キーワードを入力
    家族信託まるわかり読本 家族信託まるわかり読本 対面法律相談