手書きの遺言の様式に決まりはありますか? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » よくある質問 » 遺言書作成 » 手書きの遺言の様式に決まりはありますか?

手書きの遺言の様式に決まりはありますか?

宮田総合法務事務所 代表司法書士 宮田浩志 宮田総合法務事務所 代表司法書士
宮田浩志
→プロフィールはこちら
Loading

手書きの遺言書、つまり「自筆証書遺言」の様式(書き方)の決まりや制限はありません。
用紙は、便箋、レポート用紙、OA用紙、わら半紙、ノート・・・なんでもOKです。
字は、黒ボールペンはもちろん、筆や筆ペン、万年筆、青ペン、赤ペンでも構いません。
消去・変造が容易なので絶対に避けるべきですが、鉛筆書きでも効力自体には影響ありません。
書き方も、横書き、縦書き、自由です。
全文すべてを自分で手書きし、日付と署名と認印の押印があれば、自筆証書遺言としての要件は満たします。
つまり、よくある誤解ですが、遺言者の住所の記載が無くても、また実印の押印が無くても、あるいは封筒に入れて封印されていなくても、それらは遺言書の効力に全く影響しません。
どうでしょう。
このように手書きの遺言とは、とても気軽に作成できるものなのです。
ちょっと余談になるかもしれませんが、いずれ公正証書遺言を作ろうと気張るよりは、そのための下書きとしてノートに文案を記しておき、そのついでとして、文案の末尾に日付と名前、認印の押印をしておけば、とりあえず遺言公正証書の下書きが立派な自筆証書遺言として効力を持つことになります。
『いずれいずれ・・・』と言っている間に事故や病気で遺言書を作れずに亡くなってしまう方がいるのは確かです。
そして、遺言者の想いは届かず、遺産分割で揉めてしまったケースを小職もいくつも見てきました。
これらは、防げた“争族”だったはずです。
遺言の下書きもないがしろにせず、リスクヘッジとして、自筆証書遺言の形式を満たしておく工夫も必要かも知れません。

タグ:
「遺言書作成」についてもっと知りたい方はこちら!
遺言書作成のメインページへ

遺言書作成に関する法律相談

無料法律相談または電話(0422-23-7808)まで是非ご相談下さい。
対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談
電話相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

公正証書遺言を作ることで、ご本人も遺されるご家族も安心できる未来を創るお手伝いをいたします。事業承継、2次相続、遺留分請求対策、負担付き遺贈など、法律の専門家だからこそご提案できる“ワザ”があります。遺言書作成に関することなら、相続対策・“争族”対策の専門家・司法書士の宮田にご相談下さい。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
 相続会議
家族信託まるわかりチャンネル
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1800以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携
    IFA/FP業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 対面法律相談
    人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職
    1800以上の法律記事から情報を検索!
    • ↓ キーワードを入力
    家族信託まるわかり読本 家族信託まるわかり読本 対面法律相談