民事信託・家族信託において受託者が死亡した場合、相続税の対象になりますか? | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » よくある質問 » 民事信託・家族信託 » 家族信託の受託者が死亡した場合、相続税の対象になりますか?

家族信託の受託者が死亡した場合、相続税の対象になりますか?

宮田総合法務事務所 代表司法書士 宮田浩志 宮田総合法務事務所 代表司法書士
宮田浩志
→プロフィールはこちら
Loading

HE035_L信託における課税法上は、受益者が信託財産を有していると考えますので、単に財産を管理しているだけの受託者が死亡し、受託者の変更が生じても、受益者に変更さえ生じなければ、相続税等の課税が発生することはありません。

例えば、委託者を父A(80)、受託者を息子X(55)、受益者を母B(78)とした場合を考えてみましょう。

信託財産に不動産があった場合には、信託設定時に受託者である息子Xの住所・氏名が不動産登記簿の甲区(所有権に関する事項欄)に記載されます。
その後、息子Xが父Aよりも先に死亡したとします。

そして、信託契約の条項に従い、Aの孫Z(30)が新たに受託者(第二受託者)になるとすると、登記簿には、息子Xから孫Zへの所有権移転登記がされます。
ただし、この場合、あくまで信託不動産の管理・処分権限を持つ者に変更があっただけで、受益者(財産権の帰属先)には変更がないので、本件信託財産に関して相続税等の課税の余地は生じません。

「民事信託・家族信託」についてもっと知りたい方はこちら!
民事信託・家族信託のメインページへ

民事信託・家族信託に関する法律相談

無料法律相談または電話(0422-23-7808)まで是非ご相談下さい。
対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談
電話相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ



無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所 遺言相続相談オフィス 相続葬儀ねっと 家族信託セカンドオピニオンサービス 家族信託普及協会  相続会議
家族信託まるわかりチャンネル
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1800以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携
    IFA/FP業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 対面法律相談
    人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職
    1800以上の法律記事から情報を検索!
    • ↓ キーワードを入力
    家族信託まるわかり読本 家族信託まるわかり読本 対面法律相談