デメリット

遺言書作成(遺言公正証書作成・遺言執行者就任)

2020年7月10日から施行された「自筆証書遺言書保管制度」を分かりやすく解説【最新版】

遺言には、「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」の3つの方式がありますが、今回「法務局における遺言書の保管等に関する法律」(遺言書保管法)という新しい法律が2020年7月10日から施行さ ...

相続登記・不動産登記(売買、贈与、抵当権設定・抹消など)

相続(相続税)対策で収益物件を親子間売買をするメリット・デメリット・注意点・リスク

親が保有する収益不動産(賃貸アパートや賃貸マンション)を相続税対策又は争族対策の一環として「親子間売買」(「親族間売買」ともいう。)をするケースがあります。 この場合のメリット・デメリット・注意点・リ ...

ホームページ更新 ニュース

「遺産整理・遺言執行」の法律相談トピックスに記事追加!

「遺産整理・遺言執行」ジャンルの法律相談トピックスに 『死因贈与のメリット・デメリット・注意点、遺贈との違いを分かりやすく解説【2021年版】』 という記事を追加いたしました! 「死因贈与契約」と「遺 ...

遺産相続手続・遺産整理・遺言執行

死因贈与のメリット・デメリット・注意点、遺贈との違いを分かりやすく解説【2021年版】

【目次】 1.死因贈与とは 2.死因贈与を進める際の注意点 3.死因贈与手続きの流れ 4.死因贈与と遺贈のメリット・デメリット 1.死因贈与とは 「死因贈与」とは、あげる人(贈与者)ともらう人(受贈者 ...

相続登記・不動産登記(売買、贈与、抵当権設定・抹消など)

「リ・バース60」とは? メリットとデメリットを分かりやすく説明

住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)が提携先民間金融機関を通じて提供する満60歳以上の方を対象とした「住宅ローン」、通称「リ・バース60」。 「リ・バース60」の仕組みやメリット・デメリットについて説 ...

ホームページ更新 ニュース

「不動産登記」の法律相談トピックスに記事追加!

「不動産登記」ジャンルの法律相談トピックスに 『「リ・バース60」とは? メリットとデメリットを分かりやすく説明』 という記事を追加いたしました!   住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)が ...

家族信託

家族信託と任意後見の併用によるデメリット・リスクはありますか?

『家族信託』と『任意後見制度』を併用すること自体のデメリットやリスクは、あまり想定できませんので、老親が元気なうちにこれらの準備をすることは非常に重要です。 そして、主要な財産管理は家族信託で担い、信 ...

家族信託

家族信託のメリット・デメリットは何ですか?

【家族信託・民事信託】のメリット・デメリットを、経験豊富な司法書士が日本一わかりやすい解説でまとめました。家族信託・認知症による資産凍結対策・成年後見制度の代用・数次相続の指定・争族対策・不動産の共有トラブル予防などに役立ちます。

家族信託

家族信託を実行する際の注意点・リスク・デメリットとは

『家族信託・民事信託を実行することのリスクやデメリットはありますか?』というご質問をよく頂きますが、結論として、きちんとした設計をすることができれば、家族信託・民事信託のリスクやデメリットはほぼ無いと ...

債務整理・自己破産

任意整理のメリット・デメリット

◆メリット◆ ・司法書士又は弁護士の法律家が債務整理手続の正式依頼を受任した旨(これを“受任通知”といいます)を各債権者に送付した段階で、本人に対する取立行為が止みます(債務整理手続き全般に共通するメ ...

遺言書作成(遺言公正証書作成・遺言執行者就任)

自筆証書遺言のメリット・デメリットは何ですか?

2015/11/30    , ,

遺言者が全て手書き(直筆)で書いた遺言書を「自筆証書遺言」と言います。 自筆証書遺言のメリットとしては、誰にも知られずにいつでも自由に作成・修正が出来る点が挙げられます。 思い立ったときに気軽に書け、 ...

遺言書作成(遺言公正証書作成・遺言執行者就任)

公正証書遺言のメリット・デメリットは何ですか?

公正証書遺言のメリットとしては、主に下記のものが挙げられます。 1)形式不備により無効になることがなく確実。 2)遺言公正証書の原本は公証役場で半永久的に保管されているので、偽造や紛失の心配が無く安心 ...

家族信託

家族信託(民事信託)と商事信託の比較

①信託できる財産の範囲の違い 【家族信託】 不動産・現金・未上場株式が中心です。証券会社・信託銀行の金融実務が家族信託に対応できていないので、 上場株式・国債・投資信託等の有価証券類を信託財産に入れる ...

家族信託

家族信託における信託宣言(自己信託)とは

「信託宣言」あるいは「自己信託」とは、委託者自らを受託者として信託を設定し、受益者のために自己の財産を管理・処分・交付等をする信託のことをいいます(信託法第3条第3項)。 旧信託法においては、受託者は ...

成年後見(法定後見・任意後見)、高齢者等の財産管理

リバースモーゲージの種類とメリット・デメリット

リバースモーゲージ(reverse mortgage)とは 「リバースモーゲージ(reverse mortgage)」とは、直訳すれば「逆抵当」、一般的には「逆抵当融資」という意味を表しています。 つ ...

社団法人・財団法人(一般・公益)の設立・運営支援

一般財団法人設立のメリットとデメリット

様々な任意団体が一般財団法人制度を利用することができるようになったので、一般財団法人を設立することのメリットとデメリットを確認してみましょう。 ≪メリット≫ ・法的要件を満たせば登記によって設立できる ...

債務整理・自己破産

民事再生手続きのメリット・デメリット

<メリット> 1.借金の減額 裁判所の関与のもと、原則3年(最長5年)の分割払いで債務全額を返済するような計画が立てられますので、元本が大幅カット(最高で負債の総額が5分の1まで圧縮可能)されます。 ...

商業登記・企業法務

様々な事業形態のメリット・デメリット

新規事業開始や、既存組織の変更のヒントになれば幸いです。 ・株式会社 ・有限会社  ※ 新規の設立はできなくなりました ・合名会社 ・合資会社 ・合同会社(LLC) ・有限責任事業組合(LLP) ・個 ...

会社設立・起業支援

様々な事業形態のメリット・デメリット

2007/3/15    ,

新規事業開始や、既存組織の変更のヒントになれば幸いです。 ・株式会社 ・有限会社 ・合名会社 ・合資会社 ・合同会社(LLC) ・有限責任事業組合(LLP) ・個人事業 上記各事業形態の比較表はこちら ...

商業登記・企業法務

有限会社制度の廃止

平成18年5月1日以降は、有限会社であっても「株主総会」を開催することになります。 既存の有限会社は定款変更決議により純資産制限もなく株式会社へ簡単に移行ができます。 1)株式会社へ移行するメリット ...

© 2022 家族信託なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中! Powered by AFFINGER5