TEL:0422-23-7808 TEL:0422-23-7808 営業時間 平日8:30 ― 19:00

遺言

仕事関係 司法書士のつぶやき

武蔵野市で「パートナーシップ制度」が始まります!

武蔵野市では、令和4年4月1日より「パートナーシップ制度」が始まります! この制度は、多様性を認め合い、尊重し合う平和な社会の構築に向けた取り組みの一環として開始されるものです。 つまり、性別等にかか ...

家族信託

認知症と診断されても家族信託をあきらめる必要はありません!

弊所には、親が認知症と診断をされたというご家族から、 「今から家族信託や遺言はできませんか?」 「もうアパートの建替えや自宅の売却はできないでしょうか?」 「成年後見制度を使わないとダメでしょうか?」 ...

遺産相続手続・遺産整理・遺言執行

死因贈与のメリット・デメリット・注意点、遺贈との違いを分かりやすく解説【2021年版】

1.死因贈与とは 「死因贈与」とは、あげる人(贈与者)ともらう人(受贈者)の合意(契約)に基づく贈与の一種ですが、贈与者が死亡したときに贈与の効力が生じる旨の法律行為のことを言います(民法第554条) ...

仕事関係

緊急事態宣言下の相続・認知症対策での注意点・リスク

緊急事態宣言の再発令にあたり、老親の認知症対策・相続(争族)対策を検討・実行する際に是非とも気を付けて頂きたいことを3つご紹介します。   (1)老親が入院・入所することによるリスク 今は元 ...

家族信託

相続・認知症で困らないための家族信託など「生前対策ベスト5」

超高齢社会を迎えている日本において、親の老後は何十年と長きにわたります。 老親の認知症発症による判断能力の喪失や相続発生により、本人や家族が困らないように、元気な今のうちにやっておくべき‶生前対策“の ...

仕事関係

「認知症」だからといって諦めない!

「親が認知症と診断されたら何もできない」「親が認知症になったら財産が凍結する」という情報をネットや書籍、雑誌等で見かけて、家族一同青ざめつつも、なす術なしとして諦めていたご家族からのご相談は、少なくあ ...

遺産相続手続・遺産整理・遺言執行

民法改正後の相続させる旨の遺言(特定財産承継遺言)の法的効力

2019年の民法改正で変わった遺言の効力 特定の財産を特定の相続人に確実に承継させたい場合、遺言書の中で、例えば「下記の不動産を長男に相続させる」などと記載することはごく一般的です。 このような“特定 ...

家族信託

家族信託の契約終了時の実務

家族信託の終了に伴う実務については、新聞・雑誌・テレビ等で取り上げられると共に、士業等の専門職側も家族信託の設計・実行に積極的に関わることが増えてきたのが、ここ数年であるというのが実状ですので、まだま ...

重要なお知らせ イベント告知 ニュース

2/1 吉祥寺で家族信託の無料公開講座に登壇します!

2020年2月1日(土)に吉祥寺の武蔵野公会堂にて、弊所代表の宮田が「家族信託」の無料公開講座に登壇します!   2/1は、武蔵野市と東京司法書士会武蔵野支部の共催で 『大切な家を「負」動産 ...

仕事関係

FPフェアで『家族信託』をテーマに登壇!

去る10月19日(土)に東京国際フォーラム(有楽町)で開催された 『FPフェア2019』において、登壇させて頂きました。 講演のタイトルは、 『超高齢社会における老後・相続の現状と最新の対応策 ~家族 ...

重要なお知らせ イベント告知 ニュース

10/19に『FPフェア』@東京国際フォーラムで登壇!

来る2019年10月19日(土)・20日(日)の2日間、東京国際フォーラムで『FPフェア』が開催されます。   その中で、10月19日(土)の13:30から15:00まで、弊所代表・宮田が下 ...

家族信託

“親なき後”問題へ取り得る施策とは?

障がい者を抱えるご家族において、障がいを持つ子(以後、便宜上敢えて「障がい児」と言います。)の親が障がい児に対して万全のサポートをしてあげられなくなった後、誰がどのようにその子の生涯を支えられるか、と ...

家族信託

『生前契約書』と家族信託の関係性

『生前契約書』をお勧めする書籍が何冊も出版されています。 それらの書籍によれば、『生前契約書』とは、主に「財産管理等委任契約書」「任意後見契約書」「死後事務委任契約書」を指し、 更には、契約書ではない ...

遺産相続手続・遺産整理・遺言執行

『争族』とは

『争族』とは、あまり見慣れない単語かもしれません。 読み方は、「そうぞく」だったり、「相続」と区別するために「あらそうぞく」と読んだりします。   これは、造語であり、正しい日本語ではありま ...

家族信託

家族信託や相続対策の検討における「家族会議」の重要性

『家族信託』という仕組みは、遺言の代用機能として直近の遺産の受取人(1次相続人)の指定だけでなく、その次の相続(2次相続)以降の財産の承継者も指定できる画期的な手法です。この機能を上手に活用することで ...

社団法人・財団法人(一般・公益)の設立・運営支援

遺言により一般財団法人を設立することはできますか?

遺言によっても、一般財団法人を設立することが可能です。 その場合、遺言で一般財団法人を設立する意思を表示し、定款に記載すべき内容を遺言で定め、遺言執行者が遺言内容の実現(遺言の執行)を行います。 した ...

遺言書作成(遺言公正証書作成・遺言執行者就任)

遺言書の保管場所はどうしたらいいですか?

手書きの遺言書(自筆証書遺言)は、オリジナル(原本)が1つしかなく、紛失・焼失してしまえば遺言書がもともと無かったことと同じになるので、その保管場所は大変重要です(公正証書遺言の場合は、遺言書が存在す ...

遺言書作成(遺言公正証書作成・遺言執行者就任)

遺言書に有効期限はありますか?

遺言書に有効期限はありません。 つまり、何年、何十年も前に書いた遺言書が発見された場合、それより新しい遺言書が作成されていなければ、または発見されなければ、良くも悪くもその古い遺言書がそのまま有効とな ...

遺産相続手続・遺産整理・遺言執行

自筆の遺言書を発見した場合 ≪遺言書検認手続≫

2015/12/20    ,

相続開始後、自筆の遺言書を発見した場合には、遺言書を勝手に開封することは許されておりません。 自筆の遺言書は、家庭裁判所にて「遺言書検認手続」を受け、家庭裁判所で相続人立会いのもと、開封することが必要 ...

遺言書作成(遺言公正証書作成・遺言執行者就任)

遺言書で遺言執行者の定めは必要ですか?

2015/11/30    , ,

必ずというわけではありません。 しかし、遺言執行者がいない場合、相続人全員が協力しないと手続ができないものが多いので、遺言内容を快く思わない相続人がいると、遺産整理がなかなか進まないという問題が生じま ...

© 2022 家族信託なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中! Powered by AFFINGER5