家族信託が意図せず終了した場合どうなりますか? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME > よくある質問 > 家族信託が意図せず終了した場合どうなりますか?

家族信託が意図せず終了した場合どうなりますか?

Loading

受託者が急死し、次の受託者が見付からないまま1年が経過した場合や
委託者兼当初受益者の死亡により受託者=単独受益者となりそのまま1年が
経過した場合には、信託法第163条の規定により信託が“強制終了”してしまいます。

 

この場合、信託財産はどうなるのでしょうか?

 

信託の強制終了により、信託財産は、所有権財産に戻ることになりますが、
この財産が誰のものになるか(誰に帰属するか)が大きな問題です。

根拠は、信託法第182条にあります。
信託契約書の中に「残余財産の帰属先指定」の条項があれば、その内容に
従った形で財産が帰属します(信託法第182条第1項)。

もし、残余財産の帰属先の指定が無い場合や指定されたものが権利を放棄した場合、
「委託者又はその相続人その他の一般承継人」が帰属権利者
として扱われます(同条第2項)。

さらに、「委託者又はその相続人その他の一般承継人」に該当する者もいなかったり、
その者が権利を放棄した場合は、最終的には「清算受託者」に帰属することになります
(同条第3項)。

つまり、信託終了時点における受益者が当然に残余財産をもらえることにはなりませんので
注意が必要です。

 

例えば、委託者兼当初受益者がA、受託者をBとして信託契約を締結したとしましょう。
数年後、Aが死亡して信託受益権が全てBに移ったとします。
そうなると、Bが受託者=単独受益者となりますので、
このままの状態が1年間続くと、信託は強制的に終了することになります。
そして、信託契約の中で、残余財産の帰属先の指定の条項が無かったとすると・・・。

もしBが亡きAの単独相続人であれば、信託法第182条第2項により
「委託者又はその相続人その他の一般承継人」であるBに信託財産が帰属します(この場合は
Bが受益権を取得した際に既に相続税が課税されているので、信託終了時には課税関係は
一切生じません)。

しかし、Aの相続人が、Bを含めて複数いる場合、Aの相続人間で信託の残余財産の
分割協議をしなければならなくなります。
また、BがそもそもAの相続人でなければ、Bは信託終了により完全に財産権を
失うことになるでしょう。
しかも、税務的観点からすると、信託契約が強制終了してしまうと、受益者Bの生存中に
BからB以外の残余財産の権利帰属者に財産権が移転したことになり、
「みなし贈与」として贈与税が課税されることになります。

つまり、委託者Aとしては、最終的にB側に資産を遺してあげたいと思っていたとしても
残余財産の帰属先指定の条項を入れ忘れていた場合には、Bに財産が渡らない上に
贈与税課税も受け財産も大きく減らすこともあり得るという非常に怖い事態が起こり得るのです。

結論として、残余財産の帰属先指定の条項は、最も重要な信託条項の一つと言え、
絶対に見逃してはならない条項であるということです。

 

通常は、家族信託の契約の中で、信託が終了した場合(強制終了も合意解除も
信託終了事由の発生による終了も含め)の残余財産の帰属先指定の条項を
設けておきますので、実務上問題になることはあまりないでしょう。

しかし、もし一般の方が専門職に相談もせずに見よう見まねで信託契約を
作成したり、家族信託の実務をよく知らない専門職が拙いアドバイスをしている場合などには
このように「残余財産の帰属先指定」の条項を置き忘れる事態は起こり得ます。

 

やはり家族信託の契約は、実務に精通した法律専門職に必ずご相談されることを
強くお勧めいたします!

 

「民事信託・家族信託」についてもっと知りたい方はこちら!
民事信託・家族信託のメインページへ
無料メール相談 弊所での法律相談

よくあるご質問  最新の記事一覧

  1. 家族信託・福祉型信託も信託業法の適用を受けますか?
  2. 家族信託の自己信託はどのように設定すればいいですか?
  3. 家族信託における「委託者」とは何ですか?
  4. 家族信託のメリット・デメリットは何ですか?
  5. 家族信託が意図せず終了した場合どうなりますか?
  6. 委託者が認知症になったら信託契約を発動させたいのですが?
  7. 入所している要介護3の母と信託契約できますか?
  8. 「福祉型信託」「家族信託」とは何ですか?
  9. なぜ「民事信託・家族信託」が良いのですか?
  10. 家族信託における「受益者代理人」とは何ですか?
  11. 家族信託における「帰属権利者」とは何ですか?
  12. 家族信託の「信託行為」とは何ですか?
  13. 家族信託の「信託目的」とは何ですか?
  14. 家族信託における「受益者」とは何ですか?
  15. 家族信託における「受託者」とは何ですか?
  16. 家族信託で不動産を信託した場合、税金はかかりますか?
  17. 家族信託の自己信託において追加信託はできますか?
  18. 家族信託で不動産の追加信託はできますか?
  19. 家族信託をすると相続税評価額は変わりますか?
  20. 家族信託の受託者が死亡した場合、相続税の対象になりますか?
  21. 家族信託で信託財産を譲渡した際の利益は誰に課税されますか?
  22. 家族信託における遺言信託と遺言代用信託の違いはなんですか?
  23. 家族信託で法人を信託の受託者にできますか?
  24. 家族信託の受託者が信託報酬を受領することはできますか?
  25. 家族信託の受託者と受益者を兼ねることはできますか?
  26. 家族信託の委託者と受託者を兼ねることはできますか?
  27. 家族信託の委託者と受益者を兼ねることはできますか?
  28. 家族信託で受託者が死亡したらどうなりますか?
  29. 家族信託は信託銀行に相談すべきですか?
  30. 家族信託財産に制限はありますか?
  31. 家族信託における遺言信託は公正証書でないと駄目ですか?
  32. 家族信託で受託者の責任を軽減できますか?
  33. 家族信託契約は公正証書にしないと駄目ですか?
  34. 家族信託契約後に贈与を実行できますか?
→ 過去のよくあるご質問一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ



宮田総合法務事務所では無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力

  • ↓ よくある質問からさがす

  • ↓ 法律相談topicsからさがす

無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職