マンション管理に関する諸問題

マンションの管理問題には、様々な法律が関係してきます。
民法、区分所有法、マンション管理適正化法、建築基準法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律、不動産登記法、民事訴訟法、水道法、浄化槽法、駐車場法、マンション建替え円滑化法…等々細かな法律まで含めると20を越える法律が関係してくる可能性があります。

マンション管理に関する法律のご相談は吉祥寺宮田総合法務事務所へ

こうした中で、特別な知識やノウハウを持たない一般住民(区分所有者)が持ち回りで理事をするという標準的なマンションの管理組合の運営で限界がでてくるのは仕方のないことです。

お手伝いできることは、たくさんありますので、ここではその一例をあげます。たとえば、管理規約の見直しをしたい、管理費の滞納問題を解決したい、管理委託契約を見直したい、共用部分をめぐるトラブルを解決したい、総会の運営をサポートしてほしい、大規模修繕に向けて適法な手順を踏みたい・・・。

法律のプロ、不動産のプロ、そしてマンションのプロである当事務所は、皆様の生活の源であり人生の拠点であるマンションが安心と笑顔で満たされるよう、様々なサービスを提供しております。まずは、お気軽にご不安やお悩みをお聞かせ下さい。

 

マンション管理に関する主な業務

・管理規約・各種使用規約の見直し・改訂、新規作成
※特殊なマンション(高齢者専用マンション、医療ケア付マンション等)
にも対応したオーダーメードの管理規約等の作成が可能です

・滞納管理費等の督促・回収

・管理組合運営に関するコンサルティング
※理事会・総会への出席及びその資料・議事録の作成

・ゴーストマンションの健全化コンサルティング
※管理組合の形骸化対策、共用部分の管理不十分の改善、風俗店等の立退き交渉
※建築士・施工会社・鑑定士等の他業種と連携して、イノベーションによる
付加価値の増大を図る業務

・住民トラブル、クレームの解決
※共用部分の使用方法・ペット飼育・騒音・修繕費負担等に関するトラブル解決
※共同利益に反する行為者への行為の停止請求・専用部分の使用禁止請求・
競売請求・引渡し請求・立退き交渉等に関するご相談

・大規模修繕・建替えに関するコンサルティング・管理委託契約の精査・見直し
※管理方式の見直し・管理会社との折衝・管理会社の変更など

・管理委託料の見直し・減額交渉

マンション管理:料金表(消費税込)

 

業務項目 業務内容 基準報酬額 備考
住民トラブルや管理組合の運営に関する相談業務 面談による回答 11,000円(税込)/回
(80分まで)
・延長1時間につき11,000円(税込)
・訪問の場合は別途交通費等
顧問契約業務 ・管理委託契約・管理組合運営に関するコンサルティング
・滞納管理費等の円満回収
・住民トラブル、クレームの解決
・理事会、総会の出席及び議事録作成
・管理会社との連絡・折衝
・事業計画、予算案、決算案の作成指導
・各種専門家のご紹介
1棟60戸まで
27,500円(税込)より/月
(単棟型の場合)
・原則として年間契約
・10戸増すごとに3,300―5,500円(税込)加算
・複合型及び団地型は別途見積
スポット業務 ・管理規約・各種使用規約の見直し・改訂
・管理委託契約・委託料の見直し
・管理方式の見直し
・管理会社との交渉
・管理会社の変更
33,000円―385,000円(税込)
(状況により変動)
理事会、総会出席を含む
登記関係業務 ・管理組合法人の設立 99,000円―132,000円(税込) 理事会・総会への出席は応相談
・管理組合法人の変更登記
(理事の変更)
33,000円―44,000円(税込)

「マンション管理に関する諸問題」に関するトピックス記事一覧

NEW! マンション管理に関する諸問題

マンションの滞納管理費を回収するための3つのポイント

マンションの管理組合やマンション管理会社から、弊所に滞納管理費の回収についての相談は少なくありません。実際に弊所で法的措置を講じて、和解や判決をもって回収を実現するケースも少なくありません。 そんな経 ...

マンション管理に関する諸問題

「第三者管理方式」がマンション管理を変える?

  マンションの管理会社が理事会に代わってマンションを維持管理する「第三者管理方式」の導入が広がっている。 今後のマンション管理の在り方を変えるかもしれない、「第三者管理方式」についてご紹介 ...

マンション管理に関する諸問題

老朽化マンション建替えの要件緩和の法改正へ

12/10(金)の日本経済新聞朝刊の記事によりますと、政府は分譲マンションの建て替え要件を緩和するために、区分所有法改正の検討に入り、2022年度中にも法相の諮問機関である法制審議会に諮問する方針だと ...

マンション管理に関する諸問題

民法改正とマンション管理費の時効について

これまで、マンションの管理費・修繕積立金(以下、「管理費等」と言います。)は、民法169条に規定する「定期給付債権」にあたり、「5年」の短期消滅時効が適用されていましたが(管理組合が5年の間に裁判を起 ...

マンション管理に関する諸問題

マンション管理組合法人設立の要件

マンション管理組合の法人化には、下記の2つの条件が必要となります。 1.区分所有者及び議決権の各4分の3以上の多数による集会の決議を経ること 具体的には「法人となる旨」「法人の名称」「事務所所在地」に ...

マンション管理に関する諸問題

マンション管理組合の法人化のメリット・デメリット

【マンション管理組合法人化のメリット】 マンション管理組合の法人化によるメリットは、主に下記のものが挙げられます。 (1)法律関係の明確化(不動産等の登記名義人になれる) 法人化していない管理組合が既 ...

マンション管理に関する諸問題

非居住者への“管理協力金”の徴収は「適法」との最高裁判決

2010年1月26日、非居住者への“管理協力金”の徴収は「適法」との最高裁判決が出ました。 ◆最高裁判決の概要◆ 判決の要旨は、以下の通りです(出典 毎日新聞〈毎日jp〉より)。 マンションの管理組合 ...

マンション管理に関する諸問題

マンション管理用語集

<ア行> ★一部委託(いちぶいたく) マンションの管理業務のうち、専門的な一部の業務を第三者に委託して行わせる方法。 ★一括委託(いっかついたく) マンションの管理業務のすべてを管理業者に委託して行わ ...

マンション管理に関する諸問題

まずは管理委託費を下げましょう!

分譲マンションの管理業務を受託しているのは、通常分譲会社の系列の管理会社です。 分業会社は、販売するときに儲けるだけでなく、販売後も継続的に管理委託料として売上を 得ることができています。 実は、マン ...

「マンション管理に関する諸問題」に関するよくある質問記事一覧

© 2022 家族信託なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中! Powered by AFFINGER5