家族信託で株式を信託する場合の注意点 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 相談トピックス » 民事信託・家族信託 » 家族信託で株式を信託する場合の注意点

家族信託で株式を信託する場合の注意点

Loading

中小企業のオーナー社長や創業者一族が、相続・事業承継対策として、
あるいは大株主の判断能力低下による株主総会の開催不能(経営判断
機能の凍結)のリスクに対する事前策として、未上場株式を信託財産
として家族信託で託すケースは少なくありません。
このようなケースにおいて、信託契約書を交わす際の代表的な注意点
について下記にご紹介します。

 

(1)指図権者
信託財産に入れた株式に関して、議決権を行使する者を誰にするかというポイントが
あります。
つまり、議決権行使する権限を受託者にそのまま託すこともできますし、
受託者以外の者(例えば受益者や現社長等)を「指図権者」に指定し、その者に
権限を持たせることも可能です。
大株主たる創業者(現会長たる父親)が保有株式全てを信託した場合、
創業者が元気なうちは父親が指図権者として引き続き議決権を行使(経営権を掌握)し、
元気でなくなってきたら別の者(現社長)が議決権を行使するような設計が可能です。

 

(2)受託者
上記(1)のポイントに関連しますが、株式信託の受託者は、指図権者の指定が無ければ
自ら議決権を行使することができる大きな権限を持ちます。
信託財産となった株式が発行済株式総数の過半数を占めている場合、実質的に
受託者が経営権を掌握することにもなりかねませんので、受託者を誰にするか、
また予備的に第二受託者を誰にするかというのは、非常に重要です。

 

(3)契約書の本数海外に居住しているため印鑑証明書がない場合、どうするのでしょうか?
創業者一族が複数の会社を保有するケースも多いです。
この場合、一つの信託契約で複数の会社の株式をまとめて
託していいのかという問題があります。
次の(4)に関連しますが、家族信託導入の目的や今後の
株式の移動(贈与・売買・相続など)の計画次第では、
会社ごとに株式信託の契約を分けることも必要になるでしょう。

 

(4)契約信託か自己信託か
株式について、実質的に2次相続以降の承継者まで指定する
ことを最大の目的としていわゆる“受益者連続型”を採用するのか、
それとも相続税対策も兼ねて実質的に生前に株式を贈与しておく
ことを主目的にするのか、認知症による経営判断の凍結対策を
主目的にするのか等により信託の設計(自己信託か契約信託か、
信託の存続期間など)が異なります。
生前贈与を主目的にする場合、実質的に株式が次世代に移っていますので、
委託者死亡により信託を終了させるシンプルなケースも多いです。
また、自己信託は生前贈与の仕組みとしては有効ですが、
認知症対策にならないという点で注意が必要です。

 

(5)受益者変更権
後継者の急死や後継者としての資質の欠如、後を継ぐことを拒否等
の理由により、当初計画していた後継予定者と実際の後継者が異なる
緊急事態が生じることもあります。
この場合、既に後継予定者に渡してしまった株式をどのように真の
後継者が回収するかという問題があります。
所有権で株式を後継予定者に渡すのではなく、株式信託における
受益権で後継予定者に渡すことで、不測の事態に備えることができます。
つまり、信託契約書の中で「受益者指定権」「受益者変更権」を
指定しておくことで、最後の“奥の手”として突然の後継者交代に伴い
株主の地位も連動して変更できるように対策をとることができます。

 

(6)遺留分対策
保有資産の大半を株式が占める場合、家族間の関係性次第では
遺留分対策を検討すべきケースがあります。
この場合でも株式信託が効果を発揮しますので、信託受益権に対し
遺留分減殺請求がなされることを想定して対策をとることも可能です。

 

 

これまで述べましたように、株式信託についても、実は非常に論点が多く奥が深いです。
ネット上や書籍に記載された契約書のひな形に無理やり当てはめて対策をしたつもりに
なるのは非常に危険ですし、そのようなコンサルティングをしている専門職がいるのも
事実です。

ゴーイングコンサーン(企業の永続性)にとっても、大塚家具やロッテグループのような
創業者一族の争族を巻き起こさないためにも、的確な経営安定化策・事業承継(後継者問題)
対策が求められます。
その一つの手段として、未上場株式を家族信託する手法がもっともっと選択肢として
検討され、実際に有効活用されていくことを望みますし、弊所がその一助になれれば
幸いです。

 

 

「民事信託・家族信託」についてもっと知りたい方はこちら!
民事信託・家族信託のメインページへ

民事信託・家族信託に関する法律相談

無料法律相談で是非ご相談下さい。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談

法律相談トピックス  最新の記事一覧

  1. 信託の併合にかかる登録免許税
  2. 家族信託による金銭管理と信託口口座
  3. 家族信託における受益者の権利
  4. 成年後見制度の現実と家族信託との比較
  5. 相続対策における家族会議の重要性
  6. 家族信託を実行する際の注意点・重点ポイント
  7. 『家族信託』と生命保険の共通点・相違点
  8. 家族信託を活用すれば認知症後も暦年贈与可能?
  9. 家族信託においても“倒産隔離機能”で財産を守れるか
  10. 農地を家族信託契約の信託財産とする場合のポイント
  11. 家族信託で株式を信託する場合の注意点
  12. 家族信託(民事信託)と商事信託の比較
  13. 空き家対策特別措置法と家族信託
  14. 「家族信託」「民事信託」用語集
  15. 家族信託・民事信託に関する誤解の数々
  16. 不動産を家族信託契約の財産に入れた場合の登録免許税
  17. 家族信託・民事信託を確実に実行するための工夫ポイント
  18. 家族信託における委託者・受託者・受益者の破産~「倒産隔離機能」の本質~
  19. 家族信託・民事信託の仕組みと成年後見制度の比較表
  20. 家族信託における信託管理人と信託監督人
  21. 民事信託・家族信託の内容変更
  22. 家族信託の併合と分割
  23. 家族信託の同意権者・指図権者の役割
  24. 家族信託における受託者の信託報酬と費用償還
  25. 家族信託における受託者の任務終了事由
  26. 家族信託の受託者の辞任・解任
  27. 家族信託における受益権の譲渡・放棄等
  28. 家族信託の委託者の地位の相続・譲渡
  29. 家族信託の期間の設定と制限
  30. 家族信託の始まりと終わり(信託の開始時期と終了事由)
  31. 家族信託における後継ぎ遺贈型受益者連続信託とは
  32. 家族信託における信託宣言(自己信託)とは
  33. 家族信託と「親なき後問題」と「配偶者(伴侶)なき後問題」
  34. 家族信託における遺言信託と遺言代用信託との相違点
  35. 家族信託における遺言代用信託とは
  36. 民事信託・家族信託による“遺言信託”とは
  37. 家族信託の受託者の義務と責任
  38. 家族信託における受益権の内容
  39. 民事信託・家族信託とは ≪定義と方法≫
→ 過去の法律相談トピックス一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

成年後見制度を補完する仕組み、“後継ぎ遺贈問題”や“親(伴侶)亡き後問題”を解決する仕組み、円滑な事業承継を図る仕組み・・・、新しい信託の仕組みを活用して、皆様の細かなニーズにお応えします!

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職
  • 人気の記事一覧