契約書作成・リーガルチェックに関する無料法律相談なら東京の司法書士宮田総合法務事務所へ | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 契約書作成・契約書のリーガルチェック

契約書作成・契約書のリーガルチェック

契約書の意義を一言で言うと、『リスクの回避』『権利の確保』といえます。

「契約」というものは、口頭による当事者間の合意、いわゆる「口約束」のみで有効に成立します。

しかし、契約の重要性は、ビジネスにおいて企業や事業者間で交わすものについてはもちろんのこと、個人の方々にとっも、“言った言わない”、“そんなハズじゃなかった”といったトラブルを避けるためには、絶対におろそかにできない問題です。

契約書類を作成・締結しないことのデメリット・リスクを挙げればきりがありませんが、市販の一般的な契約書を利用することで用が足りることもあるでしょう。

しかし、すべてのケースにおいて一般的なひな型の契約条項で対応できる訳ではありません。

目先の出費(契約書作成費用)をためらったことによって、本来防ぐことができたはずの大きなトラブル、長期化するトラブルに巻き込まれることがあります。

オーダーメイドの契約書で、後々のトラブルを防ぐ万全の準備をお勧めします。 当事務所では、お客様個々の細かな事情を伺った上で、契約により実現・保全すべき権利にかなった最適な契約書の作成を致します。

また、お客様が既にお持ちの契約書や先方から提示された契約書に何か問題が無いのかどうか、当事務所が診断・アドバイスいたします。

契約書作成のメリット

1.当事者間で合意した事実・内容が明確になり、 誤解・誤発注等によるトラブルを未然に防ぐことができる。

2.当事者間における当該取引の重要性(契約違反によるペナルティを含む)の認識が高まり、 契約内容の実現へ自発的に行動しやすくなる。

3.後日、契約に関してトラブルになったときの有力な証拠になり、 相手方に義務履行を強制しやすくなる。

4.過去の取引と似たような取り決めをしたい場合に、当時の契約書が残っていれば、 契約内容の一部を変更することで簡単に新たな合意が得られ、経済効率性が高まる。

契約書作成の手順

1 お電話にて相談日時のご予約
契約書作成に関するご相談は、個別具体的なご相談が多くなりますので、弊所にお越し頂いての有料相談となります。
ご相談日時を調整させて頂きますので、お電話にて(0422-23-7808)ご予約ください。
↓     ↓     ↓
2 契約類型の決定及び御見積 ご相談内容の検討の結果、作成すべき契約書の類型を決定し、今後の流れをメール等で折り返しご案内いたします。 同時に御見積りをいたしますので、当事務所にご依頼されるかどうかをご検討下さい。
↓     ↓     ↓
3 契約書作成のご依頼 正式にご依頼いただきましたら、打ち合わせを重ねながら契約書の起案に取り掛かります(事案によっては着手金をいただくこともございます)。 基本的に電話・FAX・メールのやり取りで契約書の草案作りを進めることになりますが、事案の内容が複雑である場合などは、直接お会いして打ち合わせをすることもあります。 ご納得いただけるまで、契約文言を修正いたします。
↓     ↓     ↓
4 最終提案版契約書のご説明・納品・報酬請求 契約書の内容が固まりましたら、最終提案版契約書をご案内の上、各条項の内容・意味について当事者双方へのご説明をいたします。必要であれば修正を加え、当事者双方からの合意が得られれば、完成版契約書をメール(データ)又は現品(紙媒体)で納品させていただきます。納品と同時に報酬の請求をさせていただきます。
↓     ↓     ↓
5 契約調印の立会い ご希望であれば、実際に契約書を交わす場面に立会い、無事に契約書が調印(署名捺印又は記名押印)されるところまで見届けます。
↓     ↓     ↓
6 契約書のアフターフォロー 納品した契約書に関するご質問については、以後も無料でお答えいたします。 いったん納品をした契約書の修正につきましては、納品後2週間以内に限り、無償で修正のご相談を承ります。ただし、契約書の条文構成の大幅な修正や新たに法令・判例・学説等の調査が必要な場合には、別途費用を請求させていただきます。

契約書作成:料金表

1)定型的契約書類の作成及びチェック・作成指導

契約書の種類 作成費用
業務委託契約書 70,000円―200,000円
取引基本契約書 70,000円―150,000円
コンサルティング契約書 100,000円―140,000円
秘密保持(守秘義務)契約書 50,000円―80,000円
金銭消費貸借契約書 70,000円―150,000円
抵当権設定契約書・根抵当権設定契約書 50,000円―80,000円
債務弁済承認契約書 70,000円―100,000円
債務免除証書・債権放棄書・債務不存在契約書 50,000円―70,000円
債権譲渡契約書 70,000円―150,000円
株式譲渡契約書 50,000円―70,000円
売買契約書 50,000円―150,000円
賃貸借契約書・借地契約書・借家契約書 70,000円―150,000円
定期建物賃貸借契約書 70,000円―150,000円
使用貸借契約書 50,000円―70,000円
営業譲渡契約書・事業譲渡契約書 150,000円―300,000円
FC契約書(フランチャイズ・チェーン契約書) 150,000円―300,000円
各種会員規約・会則 70,000円―150,000円
離婚協議書・財産分与契約書 80,000円―150,000円

※ 契約書を公正証書にする場合、プラス20,000円~ となります。

2)非定型的契約書類の作成

例) 示談書・覚書・合意書・和解書・誓約書・催告書・警告書・お知らせ・上申書

金40,000円より

契約書作成に関する法律相談(有料相談)

契約書作成に関するご相談は、個別具体的なご相談が多くなりますので、お電話(0422-23-7808)でご予約の上、是非弊所までお越しくださいませ。

営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)

※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

契約書作成・契約書のリーガルチェックに関する法律相談(有料相談)

契約書作成・契約書のリーガルチェックに関するご相談は、個別具体的なご相談が多くなりますので、お電話(0422-23-7808)でご予約の上、是非弊所までお越しくださいませ。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。
対面相談について(有料)
弊社にお越しいただいて、法律のトラブル、問題、疑問について、司法書士が相談に応じます。【→お申込みはこちら
弊所での法律相談
個人信託家族信託研究所
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職
  • 人気の記事一覧