TEL:0422-23-7808 TEL:0422-23-7808 営業時間 平日8:30 ― 19:00

離婚協議・財産分与・養育費

【離婚】 離婚した場合、名字(姓)はどうなりますか?

11月 5, 2015

婚姻により姓が変わった当事者は、離婚により当然に旧姓に復氏します。
ただし、離婚の日から3ヶ月以内に市区町村役場に「婚氏継続の届出」を出すことによって離婚の際に称していた氏を継続して称することができます。

注意しなければならないのは、子どもの氏です!
両親が離婚した場合、子どもの氏や戸籍は、特に手続をしなければ婚姻時のまま変わりません。
つまり、親権を取得した側が氏を変更する場合、例えば母親が親権者となり旧姓に戻る場合、そのままでは子どもは父親の氏を名乗り、父親の戸籍に入ったままになっていますので、子どもの氏を親権者(母)と同じに変更するには、「子の氏の変更許可申立書」を家庭裁判所に提出し、変更許可の審判を受けなければなりません。

  • この記事を書いた人

宮田浩志(司法書士)

宮田総合法務事務所 代表司法書士

後見人等に多数就任中の経験を活かし、家族信託・遺言・後見等の仕組みを活用した「老後対策」「争族対策」「親なき後問題」について全国からの相談が後を絶たない。

詳しいプロフィールはこちら

-離婚協議・財産分与・養育費

© 2022 家族信託なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中! Powered by AFFINGER5