離婚協議・財産分与・養育費

【養育費】 過去の養育費は支払ってもらえるのですか?

11月 5, 2015

養育費の請求には、時効というものがありません

過去にさかのぼって、一方の親だけが負担していた養育費についてもう一方の親に請求することができます。

別居状態が相当期間続いたあとで離婚することになった場合、離婚後の将来的な養育費だけでなくて、離婚前の過去の養育費を支払ってもらえるのかをきちんと交渉すべきです。

夫婦が別居している場合に、夫婦の一方が支払った養育費は離婚までは婚姻費用の一部ですので、婚姻費用として過去の養育費を請求できます。

離婚するときには、財産分与に過去の婚姻費用の清算という要素も含まれていますので、財産分与に含めて請求することが可能です。

 

  • この記事を書いた人

宮田浩志(司法書士)

宮田総合法務事務所 代表司法書士

後見人等に多数就任中の経験を活かし、家族信託・遺言・後見等の仕組みを活用した「老後対策」「争族対策」「親なき後問題」について全国からの相談が後を絶たない。

詳しいプロフィールはこちら

-離婚協議・財産分与・養育費
-,

© 2022 家族信託なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中! Powered by AFFINGER5