家族信託

認知症の初期症状の母親に対して何を準備すればいいですか?

9月 9, 2017

判断能力の衰えがみられる老親に対して、今からどんな準備・対策を講じておくべきかというのは、非常に重要な問題です。
この場合に、まず考慮すべきは、大まかに下記の点になると考えております。

①老親の現在の健康状態と今後の動向はどうか? ≪健康状態≫
②老親の保有資産と当該資産の将来的な活用方針は? ≪財産の管理・活用≫
③老親の今後の収支シミュレーションはどうか? ≪財政面≫
④ご両親を支えるご家族構成と家族円満かどうか?≪人間関係性≫
⑤上記①~④を踏まえ、お母様の老後に関して、あるいはお母様のサポートに関して
将来どんな困りごとが想定されるのか? ≪リスク要因≫16.成年後見・介護に関する契約書

 

①については、現在お母様の体調・判断能力が芳しくなければ、そもそも取り得る選択肢が限定される可能性があります。

②③④については、成年後見制度や家族信託の仕組みを駆使しなくても(特に不動産を動かす計画や必要性が無ければ)、家族が一致団結することで、お母様の生活をサポートできる可能性があります。

⑤将来の困りごとがあまり想定できないのであれば、手間とコストをかけてまで対策を講じる必要性・合理性が無くなりますので、まずは、本人及び家族にとっての脅威・リスクは何かをきちんと分析する必要があります。

 

上記の内容を当職とお客様家族が一緒になって検討させて頂き、このリスクの内容・高さを分析し、リスクの高さを認識されている方々に対しては、リスク回避に見合った手間とコストをかけて将来に備えて頂いております。

もちろん、本人及び家族の方々に対しては、コスト以上の≪安心・円満円滑な財産管理と資産承継≫のサポートを長期に亘りさせて頂くことをモットーにしておりますので、このようなお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽に弊所までご連絡下さいませ。

 

  • この記事を書いた人

宮田浩志(司法書士)

宮田総合法務事務所 代表司法書士

後見人等に多数就任中の経験を活かし、家族信託・遺言・後見等の仕組みを活用した「老後対策」「争族対策」「親なき後問題」について全国からの相談が後を絶たない。

詳しいプロフィールはこちら

-家族信託
-, , ,

© 2022 家族信託なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中! Powered by AFFINGER5