公益認定を受けることには、どのようなメリットがありますか? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » よくある質問 » 社団法人・財団法人 » 公益認定を受けることには、どのようなメリットがありますか?

公益認定を受けることには、どのようなメリットがありますか?

Loading

公益認定を受けることには、大まかに言って下記のようなメリットがあると言えます。
・社会的信用
公益認定を受けた法人は「公益社団法人」・「公益財団法人」という名称を独占的に使用することとなり、公益認定を受けていない法人と明確に区別されます。その結果、社会的信用をバックに公益活動や広報活動がしやすくなりますし、下記?のメリットと共に寄附等の社会的支援を受けやすくなります。
・寄付を集めやすい(寄付金税制の優遇)
一般の寄付金は、会社などが支出した場合には、その支出額のうち一定の方法で計算した金額までしか経費(損金)として認められませんし、個人が寄付した場合には、その寄付額を所得から控除することはできません。
これに対して、公益社団法人及び公益財団法人は、税法上、いわゆる「特定公益増進法人」に該当し、当該法人に対して行った寄付については、会社などによる寄付の場合には損金算入が別枠で認められ、個人の寄付の場合には、“特定寄付金(いわゆる公共性ないし公益性のある寄付金)”として扱われ、“寄付金控除”として所得から控除が認められます。
つまり、寄付者にも税制優遇があることから寄付を集めやすくなるというメリットがあります。
・公益目的事業の非課税
公益認定を受けた法人は、収益を上げたとしても、必ずしも法人税がかかるとは限りません。
まず、公益目的事業から得られる収益は、非課税とされます。
次に、公益目的事業以外の事業(税法上課税対象となる事業として特定している34業種)を行ったとしても、公益事業へ支出をすることで当該金額を損金算入できるので、法人税の課税対象から除外されます。ただし、収益事業等の利益の50%以上を公益目的事業に繰り入れることが条件となります。
つまり、公益目的事業しかしていない法人は、基本的に法人税がかからないというメリットがあります。

「社団法人・財団法人」についてもっと知りたい方はこちら!
社団法人・財団法人のメインページへ

社団法人・財団法人に関する法律相談

無料法律相談で是非ご相談下さい。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談

よくあるご質問  最新の記事一覧

  1. 遺言により一般財団法人を設立することはできますか?
  2. 一般財団法人の「基本財産」の定めとは何ですか?
  3. 一般財団法人の評議員会では、何を決めるのですか?
  4. 一般財団法人には、どのような機関が置く必要がありますか?
  5. 一般財団法人の定款に記載しなければいけないことは何ですか?
  6. 法人が一般財団法人の設立者になることはできますか?
  7. 一般社団法人又は一般財団法人の理事及び監事は、誰が選ぶのですか?
  8. 一般社団法人の「基金」とはなんですか?
  9. 一般社団法人又は一般財団法人の理事及び監事の任期はどのくらいですか?
  10. 公益認定申請の費用(報酬)はどのくらいですか?
  11. 一般社団法人の設立と同時に公益社団法人への移行の認定申請はできますか?
  12. 公益社団・財団法人への移行の認定の申請は、どこに対してしますか?
  13. 一般社団・財団法人法の施行時までに設立許可を受けられなかった民法法人の設立許可申請はどうなりますか?
  14. 有限責任中間法人は、一般社団・財団法人法の施行後手続きが必要ですか?
  15. 公益法人は公益目的事業以外の事業を行うことができますか?
  16. 公益認定を受けることには、どのようなデメリットがありますか?
  17. 公益認定を受けることには、どのようなメリットがありますか?
  18. 一般財団法人の設立で必要な拠出財産額は?
  19. 一般社団・一般財団法人が行う事業に制限はありますか?
  20. 公益認定・移行の認定申請から認定されるまでの期間はどのくらいですか?
  21. 定期的な登記申請手続きが必要ですか?
  22. 行政庁等から監督を受けますか?
  23. 法人でも一般社団法人の社員になれますか?
  24. 定款に社員が剰余金の分配を受ける旨の規定を置けますか?
  25. NPOから社団・財団に組織変更はできますか?
  26. 公益認定の申請回数に制限はありますか?
  27. 一般財団法人が寄付を受けた場合、課税されますか?
  28. 会費収入で運営する任意団体を一般社団法人にする場合の注意点は?
  29. 一般社団法人・財団法人はどのような法人と合併できますか?
  30. 一般財団法人が設立後に資産が300万円未満になったらどうなりますか?
  31. 一般社団法人の社員を途中で辞めることはできますか?
  32. 一般社団法人の設立に必要な費用(実費)はどれくらいですか?
→ 過去のよくあるご質問一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

社団法人・財団法人の設立運営や公益認定に関するご相談は、司法書士の宮田にお任せ下さい。社団・財団の事務局機能のアウトソーシングで、法人内部の法務・庶務部門の人材不足の悩みを安価で解決します。また、公益認定の申請のためのコンサルティングもしております。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職
  • 人気の記事一覧