離婚協議・財産分与・養育費

【慰謝料】 離婚後に知った元配偶者の不貞行為に対して慰謝料請求できますか?

12月 1, 2015

原則として不貞行為の事実を知ってから3年以内であれば、不法行為に基づく損害賠償請求ができますが、離婚前から相手の不貞行為を認識していた場合には、離婚時から3年の消滅時効が進行します。

不貞行為を知らずに離婚に至り、離婚後に相手の不貞行為の事実を知った場合、それを知ってから3年以内であれば慰謝料を請求することができます。

離婚協議書を取り交わし、その中で「本協議書に定める以外、当事者間に一切の債権債務がないことを確認する旨の清算条項を設ける場合、損害賠償請求ができなくなる可能性がありますので、万が一に備え、離婚協議書に「離婚後に新たな事実が分かった場合は、当該事項について本協議書の効力は及ばない。」などの記載をしておくのも一つの手です。

 

  • この記事を書いた人

宮田浩志(司法書士)

宮田総合法務事務所 代表司法書士

後見人等に多数就任中の経験を活かし、家族信託・遺言・後見等の仕組みを活用した「老後対策」「争族対策」「親なき後問題」について全国からの相談が後を絶たない。

詳しいプロフィールはこちら

-離婚協議・財産分与・養育費
-, ,

© 2022 家族信託なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中! Powered by AFFINGER5