TEL:0422-23-7808 TEL:0422-23-7808 営業時間 平日8:30 ― 19:00

成年後見(法定後見・任意後見)、高齢者等の財産管理

今は元気ですが、将来、認知症になるかもしれないという不安があります。

12月 20, 2015

今は元気ですが、将来、認知症になるかもしれないという不安があります。将来判断能力が低下したときに、スムーズに後見が始まり、自分の権利が守られるようあらかじめ信頼できる人と契約を交わしておくという「任意後見」という制度があります。

家族・親族が同居若しくは近所に住んでいれば比較的安心ですが、そうでない場合は、家族・親族、親友あるいは信頼できる職業後見人(公的団体、司法書士、弁護士等)にあらかじめ相談しておいた方がよいでしょう。

元気で暮らしている今だからこそ、

  • 現在から判断能力が低下するまでのこと(財産管理契約・見守り契約の対象)
  • 判断能力が低下してから亡くなるまでのこと(任意後見契約の対象)
  • 亡くなった後のこと(遺言書の対象)

について、ご自身の希望をはっきりと表明しておくと安心です。

 

  • この記事を書いた人

宮田浩志(司法書士)

宮田総合法務事務所 代表司法書士

後見人等に多数就任中の経験を活かし、家族信託・遺言・後見等の仕組みを活用した「老後対策」「争族対策」「親なき後問題」について全国からの相談が後を絶たない。

詳しいプロフィールはこちら

-成年後見(法定後見・任意後見)、高齢者等の財産管理

© 2022 家族信託なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中! Powered by AFFINGER5