TEL:0422-23-7808 TEL:0422-23-7808 営業時間 平日8:30 ― 19:00

成年後見(法定後見・任意後見)、高齢者等の財産管理

任意後見契約の発効のタイミングはどうなるのでしょうか?

12月 20, 2015

「信託」とは?任意後見契約は交わしたが、いつから任意後見をスタートさせるかというのは、非常に大事な問題です。

その対策として、一般的に任意後見契約の締結とセットで交わされるのが「見守り契約」というものです。

これは、毎月または数ヶ月に1回のペースで本人に電話または訪問をして、何か不都合なことは無いか、変わったことは無いかというのを定期的にチャックする業務の契約のことです。

これにより、認知症の発症などによる任意後見契約の発効のタイミングを常にチェックすることができますので、大変安心です。

 

電話や本人宅への訪問の際に、本人の判断応力の低下がみられた場合には、本人にも納得してもらった上で医師の診断書をもらい、任意後見監督人選任申立てをすることになります。

 

 

 

  • この記事を書いた人

宮田浩志(司法書士)

宮田総合法務事務所 代表司法書士

後見人等に多数就任中の経験を活かし、家族信託・遺言・後見等の仕組みを活用した「老後対策」「争族対策」「親なき後問題」について全国からの相談が後を絶たない。

詳しいプロフィールはこちら

-成年後見(法定後見・任意後見)、高齢者等の財産管理

© 2022 家族信託なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中! Powered by AFFINGER5