会費収入で運営する任意団体を一般社団法人にする場合の注意点は? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » よくある質問 » 社団法人・財団法人 » 会費収入で運営する任意団体を一般社団法人にする場合の注意点は?

会費収入で運営する任意団体を一般社団法人にする場合の注意点は?

宮田総合法務事務所 代表司法書士 宮田浩志 宮田総合法務事務所 代表司法書士
宮田浩志
→プロフィールはこちら
Loading

株券電子化の方法とメリット主に会費収入で運営する任意団体を一般社団法人にする場合は、その会費が法人の収益とみなされ法人税の課税対象となることを回避することが非常に重要です。
会員から会費を集めて、それを活動の原資として会員の共益的目的のために活動をする以上、その会費の一部を税金でもっていかれてしまうのは、その法人活動にとって非常に大きなダメージとなるからです。
会費収入や寄付金等の共益事業に対しては非課税とし、収益事業のみが課税対象となるような税務上のメリットを受けるためには、その法人が「非営利型一般社団法人」の要件を満たすことが必要です。
つまり、以下の要件を満たすような定款を定めることが求められます。

(1)目的が会員に共通する利益を図る活動を行うことであること
(2)定款等(定款施行細則等定款に準ずるものを含む)に会費の定めがあること
(3)主たる事業として収益事業を行っていないこと
(4)特定の個人又は団体に剰余金の分配を行うことを定款に定めていないこと
(5)解散した時に残余財産を特定の個人又は団体に帰属させることを定款に定めていないこと
(6)各理事について、理事とその理事の親族等である理事の合計数が、理事の総数の3分の1以下であること
(7)上記の要件に該当していた期間において、特定の個人又は団体に特別の利益を与えたことがないと

以上を踏まえ、法人設立へ向けた準備における定款作成や役員の人選の段階で、上記(1)から(7)の要件を全て満たすように万全の準備を進めていくことが大切です。

タグ:
「社団法人・財団法人」についてもっと知りたい方はこちら!
社団法人・財団法人のメインページへ

社団法人・財団法人に関する法律相談

無料法律相談または電話(0422-23-7808)まで是非ご相談下さい。
対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談
電話相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

社団法人・財団法人の設立運営や公益認定に関するご相談は、司法書士の宮田にお任せ下さい。社団・財団の事務局機能のアウトソーシングで、法人内部の法務・庶務部門の人材不足の悩みを安価で解決します。また、公益認定の申請のためのコンサルティングもしております。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
 相続会議
家族信託まるわかりチャンネル
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1800以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携
    IFA/FP業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 対面法律相談
    人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職
    1800以上の法律記事から情報を検索!
    • ↓ キーワードを入力
    家族信託まるわかり読本 家族信託まるわかり読本 対面法律相談