民事再生手続きと自己破産手続きの違い 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 相談トピックス » 債務整理・自己破産 » 民事再生手続きと自己破産手続きの違い

民事再生手続きと自己破産手続きの違い

Loading

自己破産(+免責手続き)とは、裁判所で財産もなく支払不能であることを認めてもらい、すべての借金を裁判所の命令で強制的に免除してもらう手続です。
【自己破産】
破産宣告及び免責決定を受けるためには、一定の要件があり、債務超過となった原因が浪費やギャンブルである場合や返済意思・返済能力がないのに借りた場合などは、“免責不許可事由”に該当するとして免責決定を受けることが出来ません。
無事裁判所から免責決定をもらえば、全ての借金は払わなくてよくなります。  
自己破産をすると、破産手続が終了するまで(免責決定が下りるまで)は、一定の職業(弁護士、その他の士業など)に就くことが制限されます。 また、正当な事由のない海外旅行や転居も制限されます。
【民事再生】
民事再生手続では、免責不許可事由にあたるものはありませんし、資格制限の制度もありません。
ただし10年間は再度の申立は認められません。
再生計画を遂行している途中で、やむを得ない事情で返済が困難になったときは、裁判所に返済計画の変更を認めてもらうことが可能です。
この場合は、2年間に限り、返済期間を延長してもらうことが可能です。
しかし、途中で、失業や病気によって返済計画の実施が事実上不可能になった場合は、計画返済額の4分の3の支払を条件として、裁判所の命令で借金の免責を受けることができます。

「債務整理・自己破産」についてもっと知りたい方はこちら!
債務整理・自己破産のメインページへ

債務整理・自己破産に関する法律相談(有料相談)

債務整理・自己破産に関するご相談は、個別具体的なご相談が多くなりますので、お電話(0422-23-7808)でご予約の上、是非弊所までお越しくださいませ。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。
対面相談について(有料)
弊社にお越しいただいて、法律のトラブル、問題、疑問について、司法書士が相談に応じます。【→お申込みはこちら
弊所での法律相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

任意整理・過払金返還請求・民事再生・自己破産に関するご相談は、借金整理の専門家・司法書士の宮田にお任せ下さい。 単なる借金の整理ではなく、家計の見直し・生活の建て直しをして、明るい再出発までお手伝いするのが信条です。解決できないお金の悩みなんてありません。相談する勇気が明るい未来への第一歩です!

対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職