契約書の綴じ方に決まりはありますか?「契印」「割印」とは? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » よくある質問 » 契約書作成 » 契約書の綴じ方に決まりはありますか?「契印」「割印」とは?

契約書の綴じ方に決まりはありますか?「契印」「割印」とは?

Loading

【民事信託】信託における「受託者」とは何ですか?契約書の綴じ方に明確な決まりはありません。

しかし、契約書類が複数枚ある場合に、署名押印欄以外の頁が抜き取られたり差換えられたり落丁したりすることを防止するために下記の2つの綴じ方のどちらかをし、『契印(けいいん)』を押すことを強くお勧めいたします。

契印は、その書類が一体として1つの契約書であることを証明するために、2枚の紙にまたがって押す印鑑のことです。

1)ホッチキスのみで綴じる方法

用紙の端(横書きのときは左端、縦書きのときは右端の場合が一般的)をホッチキスで2~3箇所止めて、各ページにまたがって契約当事者全員の印で契印を押します。

この方法は、ページ数が多い場合や契約当事者が多数にわたる場合には、結構大変な作業になってしまうので、数ページを超える場合や契約当事者が数名を超える場合には、下記2)の方法をお勧めします。

2)ミミをつけて袋綴じにする方法

契約書全体をホッチキスで綴じて、背の部分を製本テープなどで包んで(これを通称「ミミ」と言います)袋とじにします。そして、表紙若しくは裏表紙の用紙の部分とミミの境目にまたがって契約当事者全員が1箇所契印を押します。

契約当事者が多い場合には、表紙部分と裏表紙部分の2面分を使うことで対応しやすいです。 なお、同じ契約書を2部以上作成する場合には、それぞれの契約書が相手方に内緒で改ざんされないように各契約書を重ねまたがって契約当事者全員が押印することがよくあります。

これを『割印(わりいん)』といい、厳密に言うと前述の契印と区別されていますが、実際には、両者とも“割る”という作業なので「割印」と呼んでいることも多いです。

割印がなくても契約書の効力に特段の影響はありませんが、前述の契印は、後のトラブルを避けるためにも必ず押すようにして下さい。

 

「契約書作成」についてもっと知りたい方はこちら!
契約書作成のメインページへ

契約書作成に関する法律相談(有料相談)

契約書作成に関するご相談は、個別具体的なご相談が多くなりますので、お電話(0422-23-7808)でご予約の上、是非弊所までお越しくださいませ。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。
対面相談について(有料)
弊社にお越しいただいて、法律のトラブル、問題、疑問について、司法書士が相談に応じます。【→お申込みはこちら
弊所での法律相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

個々の事情に適したオーダーメードの契約書を作ることで、予期せぬトラブルを防ぎ、万が一のトラブル時の的確な対応を可能にします。契約書作成のみならず、既にお持ちの契約書のリーガルチェックもお気軽にご相談下さい。

対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職
  • 人気の記事一覧