登記事項証明書はだれでも取得することができるのですか? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » よくある質問 » 債権譲渡登記 » 登記事項証明書はだれでも取得することができるのですか?

登記事項証明書はだれでも取得することができるのですか?

Loading

債権譲渡登記の登記事項証明書は登記された債権譲渡登記の当事者、譲渡された個々の債権の債務者、その他の政令に定められた利害関係を有する者のみが請求できるとされています。例えば、譲渡債権の譲渡人又は譲受人、譲渡債権の目的とされた債権の債務者又はこれらの債権の取得者、譲渡債権の目的とされた債権についての差押債権者、仮差押債権者等です。
また、登記事項証明書を申請する際に必要となる書面としましては、請求書のほかに、法人が申請人であるときは代表者の資格証明書、代理人が申請するときはその権限を証する書面、申請人の印鑑証明書、利害関係人が申請するときには利害関係を証する書面があります。
なお、登記事項概要証明書(登記されている事項のうち、債務者名等の個々の債権を特定する事項を除いた事項を記載したもの)の交付は、だれでも請求することができます。

「債権譲渡登記」についてもっと知りたい方はこちら!
債権譲渡登記のメインページへ

債権譲渡登記に関する法律相談(有料相談)

債権譲渡登記に関するご相談は、個別具体的なご相談が多くなりますので、お電話(0422-23-7808)でご予約の上、是非弊所までお越しくださいませ。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。
対面相談について(有料)
弊社にお越しいただいて、法律のトラブル、問題、疑問について、司法書士が相談に応じます。【→お申込みはこちら
弊所での法律相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

債権譲渡登記に関することなら、司法書士の宮田にご相談下さい。一般になじみの薄い債権譲渡登記は、登記の専門家に任せるのが安心です。クイックレスポンスで対応させて頂きます。

対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職