管理費等の滞納者への有効な対処方法は何ですか? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » よくある質問 » マンション管理問題 » 管理費等の滞納者への有効な対処方法は何ですか?

管理費等の滞納者への有効な対処方法は何ですか?

Loading

滞納者への対応は、相手の状況・性格等に応じて、臨機応変に対応し、いかに自主的に支払ってもらえるかがポイントになります。
◆第1段階◆
滞納が1・2ヶ月程度の場合は、電話または督促状の郵送で支払いの督促を行います。
管理会社に委託している場合、この初期の段階は管理会社の方で対応してくれます。
管理委託契約書において、管理会社がどこまで督促作業を行うことになっているか確認した上で、契約書上管理会社の手を離れざるを得なくなった段階で、管理会社から毎月の滞納者リスト及び督促状況について報告を受け、督促作業を引き継ぎます。
◆第2段階◆
電話、書面で督促しても、なお納入されない場合は、管理組合員複数で直接本人に会って請求・交渉するのがよいでしょう。
あくまで本人に自主的に払ってもらうことが第一目標ですので、状況に応じてこの督促作業を何回か繰り返し行い、「このまま滞納しているのはかえって面倒だから、仕方ない払うか」という気持にさせることを目指します。
第1段階・第2段階を問わず、いつ、誰が、誰に対し督促作業をしたか、また、そのときの相手の対応状況を記録に留めておくこと、督促状の写しを保管して置くことが大切です。
◆第3段階◆
第2段階までで納入がない場合は、法的手段を取ることを前提とした作業に入ります。
滞納者の誠実な態度が見られなければ、すみやかに法的手段を取りますよという組合側の強い意志を表明すべく、まずは内容証明郵便を出し、一定期間内に支払期限・支払方法等についての回答を求め、プレッシャーをかけます。
第3段階までで滞納者の支払の意思が確認できた場合で、かつ滞納額が高額で分割払いになるようなケースでは、弁済契約を公正証書にすることをお勧めします。もし弁済の合意内容(支払期限等)を守らなかった場合には、すみやかに強制執行に入れるように万全の体制を取ることが大切です。
◆第4段階◆
内容証明に対する回答がない場合、回答が到底受け入れるような返済案でない場合、そもそも内容証明郵便を受け取らなかった場合などには、いよいよ法的手段を講じることになります。
滞納額が少額(60万円以下)であれば、少額訴訟制度を利用するのがよいでしょう。この制度を利用すれば訴訟費用も少なくてすみ、原則として1回の審理で完了し、直ちに判決が言い渡されます。
また、60万円を超える場合には、申立て費用が低額な「支払督促」という手段を講じるのもよいでしょう。
第3段階・第4段階になると、一般の方には負担が大きすぎる場合もございますので、回収のプロである弊所にお気軽にご相談下さいませ。

「マンション管理問題」についてもっと知りたい方はこちら!
マンション管理問題のメインページへ

マンション管理問題に関する法律相談(有料相談)

マンション管理問題に関するご相談は、個別具体的なご相談が多くなりますので、お電話(0422-23-7808)でご予約の上、是非弊所までお越しくださいませ。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。
対面相談について(有料)
弊社にお越しいただいて、法律のトラブル、問題、疑問について、司法書士が相談に応じます。【→お申込みはこちら
弊所での法律相談

よくあるご質問  最新の記事一覧

  1. 非居住者の管理費を居住所有者より高く設定することはできますか?
  2. 町内会費や自治会活動費を管理費等から支払うことは問題ないのでしょうか?
  3. 専用使用権とは、どのような権利なのですか?
  4. 管理費の値上げについて賃借人に意見陳述権はありますか?
  5. 管理規約の保管方法・閲覧方法はどうすればよいですか?
  6. 理事会で配偶者が代理出席できますか?
  7. 自主管理方式を採用する場合の注意点は何ですか?
  8. 管理組合を法人化するメリットは何ですか?
  9. 総会で配偶者・家族が委任状なしで決議に参加できますか?
  10. 総会の採決が可否同数になった場合の取り扱いは?
  11. 管理費等の滞納者への有効な対処方法は何ですか?
  12. 近隣の相場に比べて非常に安い駐車場使用料は見直すべきですか?
  13. 所有者が変わったのですが、新所有者に駐車場使用契約を引き継げますか?
  14. 共用部分を工事して、専有部分に変更したいのですが?
  15. 玄関のドアをリフォームして、自分だけ違う種類のドアにしてもいいですか?
  16. ペット禁止条項を規約に盛り込みたいのですが?
  17. 管理費等の滞納者に対して、管理会社はどこまでやってくれますか?
  18. 管理会社を変更したいのですが?
  19. 専有部分と共用部分の区分はどうなりますか?
  20. 総会で予め通知された議案以外の提案(緊急動議)が出された場合の対処法は?
  21. 区分所有者は玄関扉を自由に修理・交換できますか?
→ 過去のよくあるご質問一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

マンション管理問題に関することなら、司法書士の宮田にご相談下さい。マンション管理士でもある宮田がクイックレスポンスで対応させて頂きます。

対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職
  • 人気の記事一覧