自筆の遺言書を発見した場合 ≪遺言書検認手続≫ 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 相談トピックス » 遺産整理・遺言執行 » 自筆の遺言書を発見した場合 ≪遺言書検認手続≫

自筆の遺言書を発見した場合 ≪遺言書検認手続≫

宮田総合法務事務所 代表司法書士 宮田浩志 宮田総合法務事務所 代表司法書士
宮田浩志
→プロフィールはこちら
Loading

相続開始後、自筆の遺言書を発見した場合には、遺言書を勝手に開封することは許されておりません。
自筆の遺言書は、家庭裁判所にて「遺言書検認手続」を受け、家庭裁判所で相続人立会いのもと、開封することが必要です(一方、公正証書遺言であれば検認手続は不要ですので、すぐに遺言内容に基づく行動に入れます)。
封印された遺言書を勝手に開封してしまうと、5万円以下の過料が課せられる可能性があります。
検認の目的は、遺言書の存在をはっきりさせ、内容を確認することで偽造や変造を防ぐことにありますので、検認手続を経ずに開封された遺言書であっても、無効となるわけではありません。また検認を経たからといって遺言書が必ずしも有効になるわけでもありません。検認は、あくまで証拠保全の手続に過ぎない点にご注意下さい(家庭裁判所は遺言書が有効か無効かを判断してはくれません)。
検認手続は、申立をしてから裁判所で指定される検認期日(=裁判所において開封する日)まで約1ヶ月ほど間隔があり、場合によっては2ヶ月以上かかることもあり、遺言内容の実現にはかなりの時間を要することになります。この観点からも、遺言書は公正証書遺言にされることをお勧めいたします。
遺言書作成時のご相談や、自筆証書遺言が発見されたときなどは、お気軽に当事務所までご連絡下さい。

【家庭裁判所への遺言書検認手続き】
●申立人    遺言書の保管者、遺言書を発見した相続人
●管轄     被相続人の最後の住所地
●手数料等  遺言書(封書の場合は封書)1通ごとに収入印紙800円と郵便切手(裁判所によって金額
が異なります)
●必要書類  (1)申立人・相続人全員の戸籍謄本
(2)遺言者(被相続人)の出生から死亡まで連続した戸籍(除籍)謄本一式
(3)申立人以外の相続人の住所のメモ又は戸籍附票
(4)遺言書の写し(遺言書が既に開封されている場合)

「遺産整理・遺言執行」についてもっと知りたい方はこちら!
遺産整理・遺言執行のメインページへ

遺産整理・遺言執行に関する法律相談

無料法律相談または電話(0422-23-7808)まで是非ご相談下さい。
対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談
電話相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

平和的な遺産分割協議の取りまとめや、遺言執行者としての経験・実績を活かした遺言書や分割協議に基づくスムーズな遺産整理手続きが得意です。弁護士に相談される前に、まずは相続手続・分割協議調整の専門家・司法書士の宮田にご相談下さい。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
 相続会議
家族信託まるわかりチャンネル
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1800以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携
    IFA/FP業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 対面法律相談
    人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職
    1800以上の法律記事から情報を検索!
    • ↓ キーワードを入力
    家族信託まるわかり読本 家族信託まるわかり読本 対面法律相談