契約書作成に関する重要な語句(用語)のわかりやすい解説 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 相談トピックス » 契約書作成 » 契約書作成に関する重要な語句(用語)のわかりやすい解説

契約書作成に関する重要な語句(用語)のわかりやすい解説

Loading

HE004_L契印

文書が複数枚になる場合、それらが一体となった一つの書面であることを証明するため、
当事者全員が押印欄に捺印したものと同じ印で各ページに割って押すもの。
一般的に「割印」と同義として使われることもあります。

割印

2通以上の全く同じ契約書を作る場合に、勝手な改ざんを防ぎ、それぞれが原本に間違いないことを立証しやすくするために、当事者全員が押印欄に捺印したものと同じ印で契約書同士を割って押すもの。

捨印

具体的に訂正箇所が発生していない段階において、後になって訂正すべき箇所がでてきた場合にその訂正を円滑に行なえるようにするため、あらかじめ欄外に押す印のこと。
事後の訂正が容易となる反面、他者に不当に書き換えられてしまう危険性もあり、あまりお勧めはできません。

訂正印

契約書の記載内容を訂正する場合に、当事者全員が押印欄に捺印したものと同じ印を押印するものです。
訂正箇所の上に直接印影が重なるように押印するやり方(直接方式)と契約書の末尾や欄外に「第×条○字削除○字加入」や「第×条○字訂正」と記載し印を押すやり方(間接方式)があります。

消印

印紙税の対象となる文書・契約書には、印紙税として法定の金額分の収入印紙を貼らなければなりません。この文書に貼った収入印紙が再利用できないように文書と印紙とをまたがるように押す印のことを消印といいます。郵便物に貼った切手の場合と同じ取扱いですね。

止印

契約書末尾に余白があるときに、勝手にその余白に文字を記載されないように押印するものです。
「以下余白」と記載するのと同じ意味を持ちます。

諾成契約

当事者間の合意のみに基づいて、直ちにその成立の認められる契約のこと。
最も一般的な契約形態。

要物契約

契約の成立につき、当事者間における合意に加え、目的物の引渡しもその成立要件
とされている契約のこと。
例えば、金銭消費貸借契約、使用貸借契約がこれに該当します。

「契約書作成」についてもっと知りたい方はこちら!
契約書作成のメインページへ

契約書作成に関する法律相談(有料相談)

契約書作成に関するご相談は、個別具体的なご相談が多くなりますので、お電話(0422-23-7808)でご予約の上、是非弊所までお越しくださいませ。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。
対面相談について(有料)
弊社にお越しいただいて、法律のトラブル、問題、疑問について、司法書士が相談に応じます。【→お申込みはこちら
弊所での法律相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

高齢者が高齢者を介護する“老老介護”や認知症の高齢者が認知症の高齢者を見守る“認認後見”の悩みは深刻な問題です。また、年老いた親を取り巻く家族・親族間のトラブルも多いです。 成年後見や高齢者・障害者の財産管理に関するご相談は、(社)成年後見センター・リーガルサポートの会員であり、成年後見人業務の経験・実績が豊富な司法書士の宮田にお任せ下さい。若い司法書士がながーいお付き合いを約束します。

対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職