遺留分とは 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所

遺留分とは

Loading

被相続人は自己の財産を自由に処分できるため、「法定相続人以外の者に全財産を遺贈する」といった遺言を残すことができます。
すると、相続人は、遺言がなければ自分が相続人として遺産を受け取れたはずなのに、遺言があったばかりに、全く遺産を受け取れる権利がなくなるという気の毒な結果になる可能性があります。法定相続人は、自分が遺産を受け取れるだろうと期待するものですし、被相続人の死亡によって、残された家族が住む家を失い生活できなくなる状況に追い込まれてしまうのは、好ましくありません。

そこで、残される法定相続人の生活の安定の観点から、民法は兄弟姉妹を除く相続人に、遺産の最低限度の取り分として遺産の一定割合の取得を保障しています。これが「遺留分(いりゅうぶん)」という制度です。取り分が全く無いかまたは著しく少ない相続人が、贈与や遺贈によって侵害された自己の遺留分を主張(請求)する行為を「遺留分減殺請求(いりゅうぶんげんさいせきゅう)」といいます。

相続人の遺留分を侵害する遺言であっても、当然に無効となるわけではありません。
遺留分減殺請求がなされた後も、そのまま有効な遺言として遺言内容を執行することはできます。
ただし、遺留分相当額を後で清算するという作業が必要になります。

遺留分減殺請求権は、相続の開始と減殺すべき贈与や遺贈があったことを知った時から1年を経過すると時効で消滅します。また、贈与・遺贈があったことを知らなくても、相続開始から10年を経過するとやはり時効となり、請求できなくなります(民法1042条)。

 

【遺留分権利者】
遺留分を請求する権利があるのは、下記の相続人です。
(1)配偶者
(2)子(またはその代襲相続人)
(3)直系尊属です。
なお、兄弟姉妹には遺留分は認められません。
また、遺留分は相続人にのみ認められる権利ですので、相続欠格・廃除・相続放棄があれば、遺留分も認められません。

 

【遺留分の割合】
●子と配偶者が相続人・・・・・子が4分の1、配偶者が4分の1(法定相続分の2分の1)
※配偶者が死亡している場合は子が2分の1。
●父母と配偶者が相続人・・・・配偶者が3分の1、父母が6分の1(法定相続分の2分の1)
※配偶者が死亡している場合は父母が3分の1。
●配偶者のみ・・・・・・・・・・・・・2分の1(法定相続分の2分の1)
●兄弟姉妹と配偶者が相続人・・配偶者が2分の1、兄弟姉妹は遺留分なし。
※兄弟姉妹には遺留分の権利はありません。そのため遺言によって遺産を与えないようにすることも可能です。

 

【遺留分算定の基礎となる財産】
被相続人が相続開始の時において有した財産の価額に、その相続開始前の1年間に贈与した財産の価額を加え、その中から債務の全額を控除します。
当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与をしたときは、1年前にしたものでも、その価額に算入することになります。

「遺産整理・遺言執行」についてもっと知りたい方はこちら!
遺産整理・遺言執行のメインページへ

遺産整理・遺言執行に関する法律相談

無料法律相談で是非ご相談下さい。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談

法律相談トピックス  最新の記事一覧

  1. 相続税における『相次相続控除』とは
  2. 生命保険金を争族対策に活用する正しいやり方
  3. 平成28年度税制改正による「相続空き家控除」について
  4. 相続の限定承認申述手続
  5. 相続放棄とは?相続放棄の申述手続きの必要書類
  6. 自筆の遺言書を発見した場合 ≪遺言書検認手続≫
  7. 遺産分割協議書作成の手引き
  8. 特定遺贈と包括遺贈
  9. 「相続放棄」についての誤解
  10. 相続税対策における養子縁組の落とし穴
  11. 生命保険金と遺留分
  12. 相続分の譲渡
  13. 金融機関(銀行等)の相続手続き ―預貯金口座の解約・払戻―
  14. 換価分割と代償分割の税務 ≪譲渡所得税≫
  15. 遺言執行者になれる者なれない者(欠格事由)
  16. 遺言執行者の任務(職務権限)
  17. 相続放棄と代襲相続
  18. 公正証書遺言の存否の検索方法
  19. 寄与分とは~特別の貢献者、通常の相続分に加えその貢献分を上乗せする~
  20. 相続人に養子がいる場合の税務上の法定相続人の考え方
  21. 死亡保険金の税務上の取扱い
  22. 相続財産から控除できる葬式費用
  23. 交通事故死の損害賠償金
  24. 相続税における配偶者の税額軽減
  25. 相続税の申告と納税
  26. 相続税がかからない遺産
  27. 遺産分割協議のやり直し
  28. 特別受益とは
  29. 相続欠格とは
  30. 代襲相続とは
  31. 遺産分割の具体的方法
  32. 相続の承認・放棄の期間伸長
  33. 特別縁故者に対する相続財産分与
  34. 失踪宣告の種類・手続き・効果・取消しについて
  35. 不在者財産管理人とは ~選任申立手続~
  36. 遺留分の放棄
  37. 遺留分減殺(いりゅうぶんげんさい)請求
  38. 遺留分とは
  39. 遺産分割調停・審判
  40. 死因贈与契約の交わし方
  41. 相続放棄とは
  42. 遺言執行者の選任申立手続
  43. 相続人に未成年者がいる場合の遺産分割協議 ≪特別代理人≫
  44. 相続人不存在の場合の遺産整理手続 ≪相続財産管理人≫
→ 過去の法律相談トピックス一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

平和的な遺産分割協議の取りまとめや、遺言執行者としての経験・実績を活かした遺言書や分割協議に基づくスムーズな遺産整理手続きが得意です。弁護士に相談される前に、まずは相続手続・分割協議調整の専門家・司法書士の宮田にご相談下さい。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職
  • 人気の記事一覧