過払い金の返還請求で最高裁判所が時効認めず!【最高裁が初判断】 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 相談トピックス » 債務整理・自己破産 » 過払い金の返還請求で最高裁判所が時効認めず!【最高裁が初判断】

過払い金の返還請求で最高裁判所が時効認めず!【最高裁が初判断】

Loading

過払い金の返還をめぐって、借り手側がいつまでさかのぼって返還請求できるかが争われた裁判で、最高裁第1小法廷は1月22日、『一連の貸借取引が終了時より10年以内は請求できる』とする借り手側に有利な判断を初めて示しました。
過払い金の返還請求は、10年で時効消滅(一定期間権利を行使しなかったため、その権利が消滅してしまうこと)が成立して請求できなくなってしまいます。
そこで問題となるのが、「10年」の起算点です。
「過払い金が発生するたび」なのか「最終的な取引の終了時点」なのか・・・。
「過払い金が発生するたび」という考え方では、10年以上前の過払い分については消滅時効が完成し、請求できなくなってしまいます。
それに対し、「最終的な取引の終了時点」という考え方であれば、返済が終了した等の取引が終了した時点から10年は過払い金債権を請求することが可能であるということになります。
貸し手側としては「過払金が発生するたび」を主張し、少しでも時効消滅させて過払い金額を減額しようとしていました。
これまでは下級裁判所における司法判断も分かれていましたが、今回の最高裁判決において、借り入れや返済を繰り返す貸借契約において、過払い金が発生するたびに借り主が返還請求をすることは想定されず、その都度過払い金返還請求権を行使しないことから時効も進まないとして、「最終的な取引の終了時点」より10年経過していない限り、過払い金は請求可能であるとの初判断が示されました。
この最高裁判決は、長期間返済をしてきた借り手側にとって待ちに待ったものであり、今後、過払い金返還をめぐる訴訟では、最高裁判決に沿う借り手側有利な判決が期待できることからも、多重債務者救済の大きな後押しになるでしょう!
最高裁の判例は下記URLをご確認ください。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37212&hanreiKbn=01

「債務整理・自己破産」についてもっと知りたい方はこちら!
債務整理・自己破産のメインページへ

債務整理・自己破産に関する法律相談(有料相談)

債務整理・自己破産に関するご相談は、個別具体的なご相談が多くなりますので、お電話(0422-23-7808)でご予約の上、是非弊所までお越しくださいませ。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。
対面相談について(有料)
弊社にお越しいただいて、法律のトラブル、問題、疑問について、司法書士が相談に応じます。【→お申込みはこちら
弊所での法律相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

任意整理・過払金返還請求・民事再生・自己破産に関するご相談は、借金整理の専門家・司法書士の宮田にお任せ下さい。 単なる借金の整理ではなく、家計の見直し・生活の建て直しをして、明るい再出発までお手伝いするのが信条です。解決できないお金の悩みなんてありません。相談する勇気が明るい未来への第一歩です!

対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職