リバースモーゲージの歴史 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 相談トピックス » 成年後見(法定・任意) » リバースモーゲージの歴史

リバースモーゲージの歴史

Loading

リバースモーゲージの歴史日本では、1981年に東京都武蔵野市で導入された公的プランが最初です。その後、自治体や民間金融機関などが後に続きましたが、バブル期に担保割れするケースが多く発生したため、新規販売が停止されたり、条件が厳しくなったりと、制度自体の普及が進みませんでした。

しかし、公的年金をはじめとする社会保障制度への依存の緩和を図る目的や高齢者世代の消費活性化、不動産の流動化による経済効果等様々な社会的・経済的要請から、再びその普及が求められるようになりました。

そして、2002年度に厚生労働省が全国規模でリバースモーゲージ導入を発表し、2003年度以降、厚生労働省が貸付原資の3分の2を補助する形で、全国都道府県が「長期生活支援資金貸付(リバースモーゲージ)制度」(※)を導入することになりました。これにより、都道府県社会福祉協議会を実施主体とした公的プランの普及が徐々に進んでいます。

現在、自治体が行っている公的プランとしては、世田谷シルバー資金融資制度(東京都世田谷区)、福祉資金貸付事業(東京都武蔵野市)、ふれあい福祉資金あっせん融資事業(兵庫県伊丹市)、高齢者くらしの充実資金貸付(兵庫県神戸市)などがあります。

一方、民間プランも、金融機関や大手住宅会社主導で、次第に多種のリバースモーゲージが取り扱われるようになっています。

金融機関によるものとしては、東京スター銀行の新型リバースモーゲージ「充実人生」、中央三井信託銀行のリバースモーゲージ(住宅担保型老後資金ローン)等があるようです 。

※「長期生活支援資金貸付(リバースモーゲージ)制度」
この制度の目的は、貸付要件としての対象世帯を市民税非課税程度または均等割程度の低所得世帯としており、生活保護・福祉的色彩が強いのが特徴です。
この制度の対象者や諸要件は、概ね下記のとおりです(詳細は、申込窓口となる各市町村社
会福祉協議会にお問合せ下さい)。

・世帯の構成員が原則65歳以上であること
・借入世帯が市町村民税非課税か均等割課税の低所得世帯であること
・当該不動産に居住しており、将来にわたりその住居に住み続けることを希望しているこ と
・担保不動産が申込人の単独所有若しくは配偶者と共有であること
・配偶者または親以外の同居人がいないこと
・共有の場合、配偶者が連帯債務者となることを了承していること
・担保不動産に賃借権、抵当権等が設定されていないこと
・推定相続人全員の同意があること
・担保となる不動産の概算評価額が最低1,500万円以上あること
・貸付限度額は、居住用不動産のうち土地の評価額の概ね7割程度
・貸付利率は、年3%または銀行長期最優遇貸出金利のいずれか低い利率
・月額の貸付額は、1か月あたり30万円以内で個別に設定する
・貸付期間は、貸付元利金(貸付金+利子)が貸付限度額に達するまでの期間

「成年後見(法定・任意)」についてもっと知りたい方はこちら!
成年後見(法定・任意)のメインページへ

成年後見(法定・任意)に関する法律相談

無料法律相談で是非ご相談下さい。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談

法律相談トピックス  最新の記事一覧

  1. リバースモーゲージの歴史
  2. リバースモーゲージの区分、メリット・デメリット
  3. 「親なき後」の問題点と対策について
  4. 被後見人名義の不動産の換価処分と後見監督人・家裁の同意
  5. 親族が後見人に就任する際の注意事項(禁止事項)
  6. 初心者向け“成年後見に関する法律用語”の解説
  7. 死後事務委任契約とは
  8. 法定後見人の権限のまとめ ―早分かり法定後見制度3類型―
  9. 保佐監督人、補助監督人 【法定後見】
  10. 補助人の職務・成年後見の補助が終了するとき 【法定後見】
  11. 補助開始の効果 ―補助人の権限― 【法定後見】
  12. 補助開始の審判申立て 【法定後見】
  13. 保佐開始の効果 ―保佐人の権限― 【法定後見】
  14. 成年後見の「保佐」とは?「保佐人」の職務と「保佐」が終了するとき
  15. 保佐開始の審判申立て 【法定後見】
  16. 後見人による預貯金の財産管理で注意すべきこと【法定後見】
  17. 不動産の管理 【法定後見】
  18. 支出の管理 【法定後見】
  19. 収入の管理 【法定後見】
  20. 成年後見人の職務「身上監護」について 【法定後見】
  21. 成年後見監督人の職務・選任・報酬 【法定後見】
  22. 成年後見人が参加する遺産分割協議の留意点 【法定後見】
  23. 家庭裁判所による監督 【法定後見】
  24. 被後見人が無資力の場合 【法定後見】
  25. 成年後見人等の報酬 【法定後見】
  26. 成年後見登記制度 【法定後見】
  27. 成年後見人等の辞任・解任 【法定後見】
  28. 成年後見が終了するとき 【法定後見】
  29. 成年後見人等の基準と資格 【法定後見】
  30. 成年後見人の職務 ―後見業務の注意点― 【法定後見】
  31. 成年後見開始の効果 ―後見人の権限― 【法定後見】
  32. 法定後見制度とは? ―法定後見人3類型の比較― 【法定後見】
  33. 任意後見契約と法定後見の関係(優先順位)
  34. 見守り契約
  35. 任意後見の終了 【任意後見】
  36. 任意後見契約の変更・解除 【任意後見】
  37. 任意後見人の死亡と任意後見の継続 【任意後見】
  38. 任意後見契約公正証書の必要書類と費用 【任意後見】
  39. 任意後見人の報酬 【任意後見】
  40. 任意後見人に対する監督 ―任意後見監督人の職務― 【任意後見】
  41. 任意後見人の職務 【任意後見】
  42. 任意後見監督人の選任 【任意後見】
  43. 任意後見契約の範囲・内容 【任意後見】
  44. ライフプランの記載事項 【任意後見】
  45. ライフプランの作成 【任意後見】
  46. 任意後見契約の締結 【任意後見】
  47. 任意後見制度の仕組み 【任意後見】
  48. 任意後見のプラン ≪任意後見利用の3類型≫
  49. 後見・遺言執行・遺産整理のフローチャート
  50. 法定後見開始の審判申立について
→ 過去の法律相談トピックス一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

高齢者が高齢者を介護する“老老介護”や認知症の高齢者が認知症の高齢者を見守る“認認後見”の悩みは深刻な問題です。また、年老いた親を取り巻く家族・親族間のトラブルも多いです。 成年後見や高齢者・障害者の財産管理に関するご相談は、(社)成年後見センター・リーガルサポートの会員であり、成年後見人業務の経験・実績が豊富な司法書士の宮田にお任せ下さい。若い司法書士がながーいお付き合いを約束します。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職
  • 人気の記事一覧