2019年1月13日より自筆遺言の方式要件が緩和されます 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 相談トピックス » 民事信託・家族信託 » 2019年1月13日より自筆遺言の方式要件が緩和されます

2019年1月13日より自筆遺言の方式要件が緩和されます

Loading

平成30年7月6日、民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成30年法律第72号)が成立し、同年7月13日に公布されました。
いわゆる「改正相続法(改正民法)」と言われるもので、約40年ぶりの大改正です。

 

「老い支度」「終活」への関心が高まっている昨今においては、実務への影響は大きいと言え、専門職はもちろん、「老い支度」や「終活」をする張本人やそれを支える家族も、何がどのように変わるのか、きちんと把握しておくことは大変重要です。

今回は、民法大改正のうち先行して1月13日から施行する自筆証書(全文を手書きで作る遺言書)の方式の要件緩和についてご紹介します。

 

自筆証書によって遺言をするには、遺言者自らが「全文」を手書きしなければならず(現行民法968条第1項)、他人の代筆やパソコン等で作成した文書を印刷したものでは、法的に無効となってしまいます。

従いまして、不動産を多数所有されている方、預貯金口座を多数お持ちの方が、具体的な不動産や口座ごとに受取人(相続人・受遺者)を指定したい場合は、正確な所在地番や口座番号を記載する必要がありました。

しかし、このような財産の特定に関する記載は、ご高齢の方にとっては、大きな負担であり、また誤記のリスクも高いと言えます。

 

そこで、改正民法においては、第968条の第2項に、以下の定めを新設し、現行の第2項は第3項に繰り下げられます。

「前項の規定にかかわらず、自筆証書にこれと一体のものとして相続財産(第997条第1項に規定する場合における同項に規定する権利を含む。)の全部又は一部の目録を添付する場合には、その目録については、自書することを要しない。この場合において、遺言者は、その目録の毎葉(自書によらない記載がその両面にある場合にあっては、その両面)に署名し、 印を押さなければならない。」

 

つまり、不動産や預貯金口座等の相続財産を特定するための「目録」については、手書きに代えて、不動産の登記事項証明書や預貯金口座の通帳のコピー、あるいはそれらを一覧としてパソコンで作成した財産目録を別紙として添付して、全頁に署名・押印をすることで、より誤記のない正確な遺言を作成することが可能となります(この「目録」を修正等する場合には、手書き及び押印による修正をしなければなりませんが)。

また、施行日前(2019年1月13日より前)に作成された自筆証書遺言には、上記の規定は適用されませんので(改正法附則6条)、あくまで2019年1月13日以降に作成する遺言書でなければならない点も注意が必要です。

ただ、今回の自筆証書遺言の方式緩和を受け、より気軽に、より軽負担で、自筆の遺言が作成しやすくなったというメリットは生まれますが、大局的には、遺言は公証役場で公正証書にすべきであることには変わりません。

 

なお、今回の改正相続法の一つのポイントとなる「法務局による自筆証書遺言の保管制度の創設」については、 「法務局における遺言書の保管等に関する法律」(いわゆる「遺言書保管法」)の施行が2020年7月10日となっておりますので、 この説明はまた別の機会にしたいと思います。

※ 遺言書保管法に関する法務省のパンフレットはこちら↓
http://www.moj.go.jp/content/001263529.pdf

 

※ 改正相続法に関する法務省のパンフレットはこちら↓
http://www.moj.go.jp/content/001276857.pdf

 

「民事信託・家族信託」についてもっと知りたい方はこちら!
民事信託・家族信託のメインページへ

民事信託・家族信託に関する法律相談

無料法律相談で是非ご相談下さい。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談

法律相談トピックス  最新の記事一覧

  1. 2019年1月13日より自筆遺言の方式要件が緩和されます
  2. 税理士が『家族信託』に取り組むべき5つの理由
  3. “親なき後”問題へ取り得る施策とは?
  4. 『生前契約書』と家族信託の関係性
  5. 天災・震災と家族信託
  6. 家族信託の実行に関する費用・予算は?
  7. 家族信託と成年後見制度は併用が前提か?
  8. 認知症患者の保有資産215兆円の衝撃と「家族信託」
  9. 家族信託と認知症と契約の可否
  10. 実家(地方空き家)の処分・有効活用と家族信託
  11. 信託の併合にかかる登録免許税
  12. 家族信託による金銭管理と信託口口座
  13. 家族信託における受益者の権利
  14. 成年後見制度の現実と家族信託との比較
  15. 相続対策における家族会議の重要性
  16. 家族信託を実行する際の注意点・重点ポイント
  17. 『家族信託』と生命保険の共通点・相違点
  18. 家族信託を活用すれば認知症後も暦年贈与可能?
  19. 家族信託においても“倒産隔離機能”で財産を守れるか
  20. 農地を家族信託契約の信託財産とする場合のポイント
  21. 家族信託で株式を信託する場合の注意点
  22. 家族信託(民事信託)と商事信託の比較
  23. 空き家対策特別措置法と家族信託
  24. 「家族信託」「民事信託」用語集
  25. 家族信託・民事信託に関する誤解の数々
  26. 不動産を家族信託契約の財産に入れた場合の登録免許税
  27. 家族信託・民事信託を確実に実行するための工夫ポイント
  28. 家族信託における委託者・受託者・受益者の破産~「倒産隔離機能」の本質~
  29. 家族信託・民事信託の仕組みと成年後見制度の比較表
  30. 家族信託における信託管理人と信託監督人
  31. 民事信託・家族信託の内容変更
  32. 家族信託の併合と分割
  33. 家族信託の同意権者・指図権者の役割
  34. 家族信託における受託者の信託報酬と費用償還
  35. 家族信託における受託者の任務終了事由
  36. 家族信託の受託者の辞任・解任
  37. 家族信託における受益権の譲渡・放棄等
  38. 家族信託の委託者の地位の相続・譲渡
  39. 家族信託の期間の設定と制限
  40. 家族信託の始まりと終わり(信託の開始時期と終了事由)
  41. 家族信託における後継ぎ遺贈型受益者連続信託とは
  42. 家族信託における信託宣言(自己信託)とは
  43. 家族信託と「親なき後問題」と「配偶者(伴侶)なき後問題」
  44. 家族信託における遺言信託と遺言代用信託との相違点
  45. 家族信託における遺言代用信託とは
  46. 民事信託・家族信託による“遺言信託”とは
  47. 家族信託の受託者の義務と責任
  48. 家族信託における受益権の内容
  49. 民事信託・家族信託とは ≪定義と方法≫
→ 過去の法律相談トピックス一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

成年後見制度を補完する仕組み、“後継ぎ遺贈問題”や“親(伴侶)亡き後問題”を解決する仕組み、円滑な事業承継を図る仕組み・・・、新しい信託の仕組みを活用して、皆様の細かなニーズにお応えします!

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
求人・採用・転職
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援