家族信託に潜む危ない契約条項【委託者の地位の承継】 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 相談トピックス » 民事信託・家族信託 » 家族信託に潜む危ない契約条項【委託者の地位の承継】

家族信託に潜む危ない契約条項【委託者の地位の承継】

宮田総合法務事務所 代表司法書士 宮田浩志 宮田総合法務事務所 代表司法書士
宮田浩志
→プロフィールはこちら
Loading

弊所では、個人のお客様からのセカンドオピニオンサービスを実施しておりますし、全国の法律専門職や金融機関等からの依頼に基づき、家族信託の契約書のリーガルチェック・作成指導をさせて頂いています。
毎月40件を超える信託契約書のリーガルチェック等の中で、頻出している問題のある信託契約書の条項や陥りがちなミスについて、連載で解説いたします。

第3回目は、『委託者の地位の承継』について取り上げたいと思います。

 

世の中に出回っている典型的な契約条項について

これまで数多くの家族信託・民事信託の契約条項が記載されている書籍が出版されています。
また、インターネット上でも、典型的な契約書例として条項が紹介されているのを見かけます。その中には、下記のような条項も散見されます。

「委託者の地位は、相続により承継せず、委託者の死亡により消滅する。」

「委託者の地位は、委託者の死亡により消滅し、その相続人に承継されない」

これらの条項は、特段法的に問題がある訳ではありません。このような規定を置くに至ったのには、次のような理論構成があることが想定されます。

信託法第147条(※1)の反対解釈により、契約により設定した信託における委託者の地位は、その相続人全員が委託者の地位を相続により承継すると考えることになります。
そのため、信託契約書において「第二受益者」として単独で信託財産を承継する者を指定している場合に、委託者の相続人のうち「第二受益者」に指定されなかった者は、財産を承継しないにもかかわらず、委託者の地位だけを取得するという複雑な法律関係を生じさせます。

そして、委託者としての権利は、信託を設定した者のみが適切に行使し得るものであって、委託者の相続人にはその適切な行使を期待することが難しい、もっと言うと、財産を承継しなかった委託者の相続人が当該信託に対して快く思わずに、当該信託に対して妨害的な行為をしてくることもあり得るかもしれません。

このような考えに基づき、「受益者連続型信託(委託者兼当初受益者が死亡しても信託が終了せず、2次相続以降の財産の承継者を指定する設計の信託)」の場合において、委託者の地位・権利を敢えて消滅させる文言を置くことは理解できます。
しかし、家族信託の実務においては、この条項を置くだけでは、残念ながら満点の回答にはなりません。

 

委託者の地位の承継に関する条項はこの定型条項で十分

では、委託者の地位の承継に関する条項は、どのようにすれば満点に近くなるのでしょうか?
結論から申し上げますと、例えば下記のような条項を置くことがお勧めということになります。

「委託者の地位は、相続により承継せず、受益者の地位とともに移転する」

このように、委託者が死亡しても委託者の地位は消滅させずに、後継受益者が委託者の地位も受益者の地位(受益権)と合わせて承継する旨の条項を置くのが模範解答となります。
では、このような条項を置くその意義・メリットについて、次の2つが挙げられますので、以下にご紹介します。

 

1.後継受益者も当然に「委託者」になり得ること

当初受益者(例えば父親)の死亡後、後継受益者(例えば母親)の代において、当該後継受益者の判断能力に問題が無ければ、自らの固有財産(例えば母親所有の金融資産など)も受託者に管理を任せるということも多分に想定されます。
これを“追加信託”と呼びますが、追加信託をすると、その追加で託した財産については後継受益者も「委託者」の立場になることになります。
以上を踏まえれば、例でいうと父親亡くなった際に委託者の地位を消滅させて、母親に地位を承継させないことの実質的な意味はないと考えます。

前述の委託者の地位を消滅させることが法的安定性を確保するためという動機であれば、そもそも受益者にならない当初委託者の法定相続人に委託者の地位を持たせないようにすればいいだけの話になります。
まさに受益権に委託者の地位を貼り付けて受益者となる者が必ず委託者の地位も承継することにより、常に自益信託(委託者=受益者)の形態を維持することになり、法的安定性は実現できます。

2.登録免許税・不動産取得税の課税において不利益が生じ得ること

老親の認知症による資産凍結を避け、その生涯を万全に支えるために家族信託を実行し、片親又は両親を看取った段階で信託契約を終了させ、信託終了時の残余の信託財産をその法定相続人となる子供に承継させるケースは非常に多いです。
このケースにおいて、残余財産に不動産があれば、残余財産の帰属権利者に指定された子が信託の終了により所有権財産を取得することになります。この際の登記手続きは、受託者から残余財産の帰属権利者への「所有権移転及び信託登記抹消」という登記手続きをすることになります。

この登記手続きにおいて、所有権移転登記分にかかる登録免許税の税率は、原則2%(20/1000)が適用されますが、残余財産の帰属権利者が当初委託者の法定相続人である場合は、登録免許税法第7条第2項(※2)の適用を受けることにより、0.4%(4/1000)の税率が適用になります。

先の例でいうと、委託者兼受益者を父親とする信託契約が、父親死亡により終了し、残余財産を長男に帰属させる場合は、問題なく0.4%の税率が適用されます。
一方、受益者連続型として設計し、委託者兼当初受益者を父親、第二受益者を母親、両親の死亡により信託契約が終了し、残余財産の帰属権利者を長男に指定する場合も、帰属権利者が当初委託者の法定相続人であるから、0.4%の税率の適用が想定されます。
しかし、実は登録免許税法第7条第2項の規定をよく読み解くと、受益者連続型信託の終了時に0.4%の税率の適用を受けるための要件が定められており、この要件を満たさないと2%の適用を受けてしまう恐れがあります。
それが、登録免許税法第7条第2項の中の「委託者のみが信託財産の元本の受益者である場合」という要件です。
この要件を満たすためには、委託者の地位を消滅させずに、後継の受益者に委託者の地位も合わせて移転させることが必要となります。

ちなみに、信託終了により残余財産の帰属権利者が所有権財産としての不動産を取得する場合に、不動産取得税の課税の問題が生じますが、不動産取得税の課税の根拠となる地方税法第73条の7第4号(※3)においても、先の登録免許税法第7条第2項と同趣旨の規定が置かれております。
従いまして、登録免許税の適用税率の問題だけではなく、不動産取得税の非課税条項の適用を受けるためにも、委託者の地位は消滅させない方が無難という結論になります。

なお、残余財産の帰属権利者が当初委託者の法定相続人でない場合は、そもそもの原則に立ち戻って、登録免許税の適用税率が2%となり、不動産取得税も課税されますので、ご注意ください。

 

以上、受益者連続型信託における「委託者の地位の承継」に関する条項について解説いたしましたが、当初の委託者兼受益者が死亡したことにより信託契約が終了する“一代限り”の信託の場合は、そもそも委託者の地位の承継の問題は生じません(信託契約が終了する以上、委託者の地位を消滅させる意味も承継させる意味も実務的には無いと言えます。)。
家族信託の設計コンサルティングを手掛ける弁護士・司法書士・行政書士等の法律専門職の中にも、かなり多くの方がこの理屈を理解していない方がいるようですので、ご注意下さいませ。

 

(※1)
【信託法】
第147条(遺言信託における委託者の相続人)
第3条第2号に掲げる方法(※遺言によって信託を設定する方法によって信託がされた場合には、委託者の相続人は、委託者の地位を相続により承継しない。ただし、信託行為に別段の定めがあるときは、その定めるところによる。

(※2)
【登録免許税法】
第7条第2項(信託財産の登記等の課税の特例)
信託の信託財産を受託者から受益者に移す場合であつて、かつ、当該信託の効力が生じた時から引き続き委託者のみが信託財産の元本の受益者である場合において、当該受益者が当該信託の効力が生じた時における委託者の相続人(当該委託者が合併により消滅した場合にあつては、当該合併後存続する法人又は当該合併により設立された法人)であるときは、当該信託による財産権の移転の登記又は登録を相続(当該受益者が当該存続する法人又は当該設立された法人である場合にあつては、合併)による財産権の移転の登記又は登録とみなして、この法律の規定を適用する。

(※3)
【地方税法】
第73条の7(形式的な所有権の移転等に対する不動産取得税の非課税)
道府県は、次に掲げる不動産の取得に対しては、不動産取得税を課することができない
一  相続(包括遺贈及び被相続人から相続人に対してなされた遺贈を含む。)による不動産の取得
二  法人の合併又は政令で定める分割による不動産の取得
二の二  法人が新たに法人を設立するために現物出資(現金出資をする場合における当該出資の額に相当する資産の譲渡を含む。)を行う場合(政令で定める場合に限る。)における不動産の取得
二の三 共有物の分割による不動産の取得(当該不動産の取得者の分割前の当該共有物に係る持分の割合を超える部分の取得を除く。)
三  委託者から受託者に信託財産を移す場合における不動産の取得(当該信託財産の移転が第七十三条の二第二項本文の規定に該当する場合における不動産の取得を除く。)
四  信託の効力が生じた時から引き続き委託者のみが信託財産の元本の受益者である信託により受託者から当該受益者(次のいずれかに該当する者に限る。)に信託財産を移す場合における不動産の取得
イ 当該信託の効力が生じた時から引き続き委託者である者
 当該信託の効力が生じた時における委託者から第一号に規定する相続をした者

 

「民事信託・家族信託」についてもっと知りたい方はこちら!
民事信託・家族信託のメインページへ

民事信託・家族信託に関する法律相談

無料法律相談または電話(0422-23-7808)まで是非ご相談下さい。
対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談
電話相談

法律相談トピックス  最新の記事一覧

  1. 故郷に暮らす老親を「家族信託」で支える!
  2. 家族信託を含めた「認知症対策」や「相続」に関する相談をどこにすべきか?
  3. 家族信託に潜む危ない契約条項【委託者の地位の承継】
  4. 家族信託に潜む危ない契約条項【信託財産】
  5. 家族信託に潜む危ない契約条項【信託の終了事由】
  6. 老親の判断能力喪失による‶預金凍結”対策のまとめ
  7. 受益者複数の場合の信託目録の受益者欄への受益権割合の記載について
  8. 遺留分を侵害する家族信託を実行する場合の注意点
  9. 相続・認知症で困らないための「生前対策ベスト5」
  10. 「委託者の地位」の承継と登録免許税
  11. 家族信託の“専門家もどき”にご注意を!
  12. 家族信託の税務における「損益通算禁止」という注意点のまとめ【最新版】
  13. 家族信託終了時の実務
  14. 不動産会社が家族信託のコンサル業務をするメリットとリスク
  15. 家族信託の受託者の帳簿作成・保管・報告義務のまとめ
  16. “怪しい家族信託コンサルタント”を見分ける7つの質問
  17. 信託終了事由についての実務的考察(よくある不適切事由)
  18. 証券会社で家族信託の信託口口座を作成するための信託契約作成時の注意点
  19. 複数の委託者のうちの一部の者を受託者とする家族信託の可否について ~委託者兼受益者ABC、受託者Aとする信託設計~
  20. 家族信託における税務署への届出書類のまとめ
  21. 『家族信託』を活用した相続対策を専門士業と共同受任する
  22. 税理士が『家族信託』に取り組むべき5つの理由
  23. “親なき後”問題へ取り得る施策とは?
  24. 『生前契約書』と家族信託の関係性
  25. 天災・震災と家族信託
  26. 家族信託の実行に関する費用・予算は?
  27. 家族信託と成年後見制度は併用が前提か?
  28. 認知症患者の保有資産215兆円の衝撃と「家族信託」
  29. 家族信託と認知症と契約の可否
  30. 実家(地方空き家)の処分・有効活用と家族信託
  31. 信託の併合にかかる登録免許税
  32. 家族信託による金銭管理と信託口口座 【預金凍結対策】
  33. 家族信託における受益者の権利
  34. 成年後見制度の現実と家族信託との比較
  35. 相続対策における家族会議の重要性
  36. 家族信託を実行する際の注意点・重点ポイント
  37. 『家族信託』と生命保険の共通点・相違点
  38. 家族信託を活用すれば認知症後も暦年贈与可能?
  39. 家族信託においても“倒産隔離機能”で財産を守れるか
  40. 農地を家族信託契約の信託財産とする際のポイント 【2020年最新版】
  41. 家族信託で株式を信託する場合の注意点
  42. 家族信託(民事信託)と商事信託の比較
  43. 空き家対策特別措置法と家族信託
  44. 「家族信託」「民事信託」用語集
  45. 家族信託・民事信託に関する誤解の数々
  46. 不動産を信託財産に入れた場合の各種信託登記と登録免許税
  47. 家族信託・民事信託を確実に実行するための工夫ポイント
  48. 家族信託における委託者・受託者・受益者の破産~「倒産隔離機能」の本質~
  49. 家族信託・民事信託の仕組みと成年後見制度の比較表
  50. 家族信託における信託管理人と信託監督人
  51. 民事信託・家族信託の内容変更
  52. 家族信託の併合と分割
  53. 家族信託の同意権者・指図権者の役割
  54. 家族信託における受託者の信託報酬と費用償還
  55. 家族信託における受託者の任務終了事由
  56. 家族信託の受託者の辞任・解任
  57. 家族信託における受益権の譲渡・放棄等
  58. 家族信託の委託者の地位の相続・譲渡
  59. 家族信託の期間の設定と制限
  60. 家族信託の始まりと終わり(信託の開始時期と終了事由)
  61. 家族信託における後継ぎ遺贈型受益者連続信託とは
  62. 家族信託における信託宣言(自己信託)とは
  63. 家族信託と「親なき後問題」と「配偶者(伴侶)なき後問題」
  64. 家族信託における遺言信託と遺言代用信託との相違点
  65. 家族信託における遺言代用信託とは
  66. 民事信託・家族信託による“遺言信託”とは
  67. 家族信託の受託者の義務と責任
  68. 家族信託における受益権の内容
  69. 民事信託・家族信託とは ≪定義と方法≫
→ 過去の法律相談トピックス一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

成年後見制度を補完する仕組み、“後継ぎ遺贈問題”や“親(伴侶)亡き後問題”を解決する仕組み、円滑な事業承継を図る仕組み・・・、新しい信託の仕組みを活用して、皆様の細かなニーズにお応えします!

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所 遺言相続相談オフィス 相続葬儀ねっと 家族信託セカンドオピニオンサービス 家族信託普及協会  相続会議
家族信託まるわかりチャンネル
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1800以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携
    IFA/FP業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 対面法律相談
    人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職
    1800以上の法律記事から情報を検索!
    • ↓ キーワードを入力
    家族信託まるわかり読本 家族信託まるわかり読本 対面法律相談