海外に居住しているため印鑑証明書がない場合、どうするのでしょうか? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » よくある質問 » 不動産登記 » 海外に居住しているため印鑑証明書がない場合、どうするのでしょうか?

海外に居住しているため印鑑証明書がない場合、どうするのでしょうか?

Loading

海外に居住しているため印鑑証明書がない場合、どうするのでしょうか?日本に住民票登録をしていないと、印鑑証明書を発行してもらうことはできません。

つまり、海外に居住されている方は、実印や印鑑証明書というものを利用することができないです。

したがって、不動産を売却する際の登記手続きや遺産分割協議書に調印する際に、どういう手順を踏めばいいか、ご不安な方も多いと思います。

この場合、居住地の日本領事館に行き“サイン証明”を受けることが必要になります。

本人が領事官の面前で証明を受けたい書類にサインをすることで、領事館が「本人の自署に相違ない」旨の証明をしてくれます。

証明を受けたい書類自体に奥書の形で証明文・証明印をしてくれる場合と、日本の印鑑証明書のように「本人のサインに相違ない」という“サイン証明”が別途発行される場合と、証明の仕方は、国や州によって若干の差異はあります。

領事館には、証明を受けたい書類(売買契約書や登記委任状、遺産分割協議書等)の他、パスポート・海外居住であることの証明書を持っていく必要があります。

尚、日本においては、書類が複数枚になる場合に押す“割印”や訂正箇所に対処する“捨印”という便利なシステムがあります。
ちょっと違和感がありますが、サインにおいてもこれを踏襲して、“割りサイン”や“捨てサイン”が必要な場合がありますのでご注意下さい。

「不動産登記」についてもっと知りたい方はこちら!
不動産登記のメインページへ

不動産登記に関する法律相談

無料法律相談で是非ご相談下さい。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

所有権移転や抵当権抹消等不動産に関することなら、不動産の専門家・司法書士の宮田にご相談下さい。相続・遺贈・贈与・売買のみならず、共有物分割や交換、代物弁済、死因贈与等あまり一般的でない登記手続きにもクイックレスポンスで対応させて頂きます。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職
  • 人気の記事一覧