NPO法人を設立するデメリットは何かありますか? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » よくある質問 » NPO法人設立 » NPO法人を設立するデメリットは何かありますか?

NPO法人を設立するデメリットは何かありますか?

Loading

NPO法人のデメリットとしては以下のものが考えられますが、多くのメリットを享受する上では、認容せざるを得ないものであり、また、メリットに比べてデメリットは軽微であると考えられます。
・法人の活動内容に制約がある
NPO法人化により、総会又は理事会での合意が必要になり、機敏な活動はできなくなります。
また、事業内容は定款の制約を受け、事業内容を変更しようとすると定款の変更が必要になります。
定款変更のためには、総会を開いて決議をし、さらに主務官庁の認証を得る必要があります。
すぐに変更できるわけではありません。
・厳正な事務処理が必要
経理は、正規の簿記の原則に基づいて処理を行う必要があり、ある程度の知識を持った経理担当者が必要になるか、税理士等に経理を代行してもらう必要があります。
また、事業所開設に伴い、法人としての種々の届出、手続きも必要です。
更に、事業報告書や収支計算書等の作成義務や、その資料の備付と情報公開も義務付けられています。
・設立に時間が掛かる
NPO法人の設立までには最低4ヶ月、通常6ヶ月ほどかかります。

「NPO法人設立」についてもっと知りたい方はこちら!
NPO法人設立のメインページへ

NPO法人設立に関する法律相談

無料法律相談で是非ご相談下さい。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談

よくあるご質問  最新の記事一覧

  1. NPO法人に有給の従業員がいても大丈夫ですか?
  2. NPO法人は株式会社や社団法人などに組織変更できますか?
  3. NPO法人の認証が取り消されるのはどのような場合ですか?
  4. NPO法人は宗教活動を行うことはできますか?
  5. 事業内容が変わった場合、何か手続きが必要ですか?
  6. NPO法人の情報公開は、どのように行われるのですか?
  7. NPO法人に与えられる法人格はいわゆる「行政のお墨付き」なのですか?
  8. NPO法人の設立日はいつになるのですか?
  9. 法務局への設立登記の申請に登録免許税は必要ですか?
  10. 主務官庁の認証を受けるために手数料はかかりますか?
  11. NPO法人を設立するときに資本金は必要ですか?
  12. 設立する際に財産や活動実績がない団体でも認証の許可はおりますか?
  13. 「認証」と「登記」は両方必要なのですか?
  14. NPO法人を設立するデメリットは何かありますか?
  15. NPO法人を設立するメリットは何ですか?
  16. 社員、役員は何人でもいいのですか?
  17. 特定非営利活動の17分野って何ですか?
  18. NPO法人は一切収益を上げてはいけないのですか?
  19. そもそもNPOって何ですか?
→ 過去のよくあるご質問一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

NPO法人の設立や法人運営に関するご相談は、司法書士の宮田にお任せ下さい。毎年の登記手続きや監督官庁への届出はもちろん、事業計画書の作成から総会運営まで、NPOの事務局機能のアウトソーシングで法人内部の法務・庶務部門の人材不足の悩みを安価で解決します。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職