遺言書の保管場所はどうしたらいいですか? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » よくある質問 » 遺言書作成 » 遺言書の保管場所はどうしたらいいですか?

遺言書の保管場所はどうしたらいいですか?

Loading

手書きの遺言書(自筆証書遺言)は、オリジナル(原本)が1つしかなく、紛失・焼失してしまえば遺言書がもともと無かったことと同じになるので、その保管場所は大変重要です(公正証書遺言の場合は、遺言書が存在するかどうかの照会ができますし、もし公正証書で作成した事実があれば、利害関係人からの請求で何度でも公証役場が再発行してくれますので、そんなに心配はいりませんが)。

自筆証書遺言のコピーが残っていても、原本が発見されなければ、遺言書として使用することはできませんので、確実に保管され、確実に発見される保管場所であることが求められます。
これがベストという遺言の保管場所を挙げるのは大変難しいですが、生前はその存在や内容をあまり知られることなく保管でき、かつ亡くなった後に必ず発見してもらえる場所が好ましいです。

貸金庫を借りている方であれば、秘密が厳守できる点、紛失・焼失のリスクが少ないという点、発見されずに終わるという可能性が少ないという点等で貸金庫が適しているかもしれません。
しかし、故人名義の貸金庫の開扉は非常に厳格な手続きが求められ、原則として相続人全員の協力が必要となります。
法事や納骨についての指示など、死後速やかに相続人に見てほしいような場合には、適していません。

また、そもそも相続人の間が不仲で、すぐに協力して貸金庫の開扉ができないようなケースも多いので、遺産整理手続きの初期段階で遺言書を読んでもらえるか微妙なところではあります。
次に適しているものとして、自宅の耐火金庫が挙げられます。
耐火金庫をお持ちでない方は、鍵をかけられる机やタンスの引き出し等がベターでしょうか。

信頼できる相続人や親族、第三者(親友や弁護士・司法書士等)に預けておく方もいます。
死亡の事実がきちんと遺言の保管者に伝わるのであれば、信頼できる方に預けるのが一番確実かもしれません。

仏壇の奥や冷凍庫に入れておくなんてお話も聞きますが、すべては善良なる相続人等に発見してもらわなければ、せっかくの“想い”も伝えられません。
そう考えると、せっかくの遺志が無駄にならないように、公正証書でしっかりと遺言書を遺すことをお勧めします。
手書きの遺言書の保管場所を悩まれる方は、悩む前に公正証書にしましょう!

「遺言書作成」についてもっと知りたい方はこちら!
遺言書作成のメインページへ

遺言書作成に関する法律相談

無料法律相談で是非ご相談下さい。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談

よくあるご質問  最新の記事一覧

  1. 遺言書の保管場所はどうしたらいいですか?
  2. 付言(ふげん)とは何ですか?
  3. 遺言書に有効期限はありますか?
  4. 遺留分減殺請求とは何ですか?
  5. 遺留分とは何ですか?
  6. 遺言執行者を第三者に依頼するメリットは何ですか?
  7. 遺言書で遺言執行者の定めは必要ですか?
  8. 遺言執行者とは?第三者に依頼するメリットは?
  9. 遺言公正証書作成時の立会人(証人)とは何ですか?
  10. 遺言公正証書の作成に必要な書類は何ですか?
  11. 自筆証書遺言のメリット・デメリットは何ですか?
  12. 遺言公正証書のメリット・デメリットは何ですか?
  13. 遺言でどんなことが決められますか? =遺言でできること=
  14. 自筆で書いた遺言書の保管場所・預け先は?
  15. 公正証書遺言の存在の有無を調査することは可能ですか?
  16. 遺言書と遺書の違いは何ですか?
  17. 遺言者より先に相続人が死亡した場合は?
  18. 遺贈と相続はどう違うのですか?
  19. 遺言書の代筆は可能ですか?
  20. カセットテープ、CD、ビデオテープ、DVD等の録音・録画に遺したものを遺言にできますか?
  21. 遺言書に書いた財産を、その後処分することはできますか?
  22. 夫婦連名で遺言は書けますか?
  23. 一度書いた遺言を取り消したい、撤回したいときはどうすればいいですか?
  24. 相続財産にはどんなものが入りますか?
  25. 印鑑は実印でないとダメですか?
  26. 遺言は何歳から書けますか?
  27. 遺言のやり方にはどのような種類がありますか?
  28. どういう人が遺言をすべきでしょうか?
  29. 1通の遺言書に全て書かないと駄目ですか?
  30. 公正証書遺言の取消や修正は公正証書でないと駄目ですか?
  31. 武蔵野市から遠くても遺言書作成の相談はできますか?
  32. 遺言書に記載した財産を処分したら、書き直すべきですか?
  33. 相互に矛盾する遺言書が見付かったのですが?
  34. 遺言書通りに遺産分割しないと駄目ですか?
  35. 手書きの遺言の様式に決まりはありますか?
→ 過去のよくあるご質問一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

公正証書遺言を作ることで、ご本人も遺されるご家族も安心できる未来を創るお手伝いをいたします。事業承継、2次相続、遺留分請求対策、負担付き遺贈など、法律の専門家だからこそご提案できる“ワザ”があります。遺言書作成に関することなら、相続対策・“争族”対策の専門家・司法書士の宮田にご相談下さい。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職
  • 人気の記事一覧