受託者を複数にすることはできますか? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » よくある質問 » 民事信託・家族信託 » 受託者を複数にすることはできますか?

受託者を複数にすることはできますか?

宮田総合法務事務所 代表司法書士 宮田浩志 宮田総合法務事務所 代表司法書士
宮田浩志
→プロフィールはこちら
Loading

受託者を複数にすることは可能です。

実際にそのようなご要望を承ることもあります。

しかし、受託者を複数と言っても、3名以上はやはりお勧めできません。
意思決定の過程が難航したり、機動力にかける可能性があるからです。
例えば、不動産を信託財産とする信託契約において、受託者を委託者兼受益者の長男と長女にした場合、当該不動産の登記簿には受託者2名の名前が所有者欄に記載されます。実質的に2名の共有状態のような形になりますので(法律的には“合有”ということになります)、もし将来的に信託不動産を売却するとなったら、受託者両名の実印押印と印鑑証明書の用意が必要になります。
その意味では、

信託事務の処理については、受託者の過半数をもって決するとされています(保存行為等は単独で可。)。

もし仮に、受託者が2人の場合で2人の意見が対立してしまうと、信託事務を円滑に行うことができなくなり、信託の目的を達成できなくなる可能性も出てきます。
もし共同受託者二人うち一人が亡くなった場合、単純に生存しているもうひとりが単独で受託者になるのでしょうか。
そうです。

例えば共同受託者Aが死亡した場合、75条1項によって当然に共同受託者Bが受託者となります。

何も定めがなければAの相続人(妻子など)に受託者の地位が相続されてしまいそうですが、共同受託ではそもそも相続すべき「持分」の概念がないと考えられています。

そのような危険性を回避するために、受託者を2人にするのではなく、受託者を1人にし、もう一人は第二受託者として定めておくことや、信託監督人受益者代理人の地位に就くことで信託に関与していくというような設定の方がよろしいかと思います。

なお、受託者が2人以上いる信託の場合、どちらか1人が死亡等により受託者の任務を終了することになっても、信託行為に別段の定めがない限り、残ったもう1人の受託者が引続き信託事務を行うことになりますので、新たな受託者を選任する必要はありません。

「民事信託・家族信託」についてもっと知りたい方はこちら!
民事信託・家族信託のメインページへ

民事信託・家族信託に関する法律相談

無料法律相談または電話(0422-23-7808)まで是非ご相談下さい。
対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談
電話相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ



無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所 遺言相続相談オフィス 相続葬儀ねっと 家族信託セカンドオピニオンサービス 家族信託普及協会  相続会議
家族信託まるわかりチャンネル
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1800以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携
    IFA/FP業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 対面法律相談
    人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職
    1800以上の法律記事から情報を検索!
    • ↓ キーワードを入力
    家族信託まるわかり読本 家族信託まるわかり読本 対面法律相談