家族信託より成年後見が安くて良いと言われましたが本当ですか? 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » よくある質問 » 民事信託・家族信託 » 家族信託より成年後見が安くて良いと言われましたが本当ですか?

家族信託より成年後見が安くて良いと言われましたが本当ですか?

宮田総合法務事務所 代表司法書士 宮田浩志 宮田総合法務事務所 代表司法書士
宮田浩志
→プロフィールはこちら
Loading

家族信託と成年後見制度のどちらを利用すべきかについて、コスト面だけを比較するのはあまり得策ではありません。

本来は、ご本人の保有資産状況、収支状況、ご家族構成や関係性、本人及びご家族のご意向や不安・リスクと感じていることを踏まえ、どうしたらそれらの希望・想いを実現し、不安やリスクを解消できるかを検討すべきです。
コスト面の比較は、取るべき施策の検討において、その一要素に過ぎません。
仮にコスト面を最優先に考えたとしても、下記の点において家族信託の方がコストを抑えられるケースは少なくなりません。

 

成年後見制度を利用し、家族が後見人に就任できたとしても、本人の保有資産次第で後見監督人が就けられますので、後見監督人報酬が月額1~2万円、ご本人が亡くなるまでずっと発生する可能性があります(もし、家庭裁判所の判断で家族が後見人になれず、司法書士・弁護士等の職業後見人が就けられる場合は、後見人報酬は、月額2~6万円になります)。
したがいまして、後見制度の利用を開始してから、本人(老親)に10年長生きしてもらうとすると、後見監督人報酬だけで120~240万円程度のコストが発生することが想定されます。

一方の家族信託は、保有資産に応じて、公証役場の手数料や信託登記にかかる登録免許税等の実費も法律専門職のコンサルティング報酬も変動しますので、一概には言えませんが、最初の導入時にまとまったコストが発生しますが、以後のランニングコストは原則かかりません(家族が財産の管理・処分を実行し、外部の人間が継続的に関わる仕組みにしないことが多いので)。

成年後見制度における「事務の負担」(家庭裁判所や後見監督人に数カ月に1回のペースで報告する義務があります)や「できることが限られるという制約」(資産の組換えや相続対策ができなくなるリスクがあります)という負担・制約を負いながら、なおかつランニングコストもかかるという「経済的負担」を考えると、コスト面だけで成年後見の方が良いという判断は、簡単にはできないと言えます。

 

以上を踏まえますと、「家族信託よりも成年後見制度を利用した方が安くて良い」というコメントをした弁護士・司法書士等の法律専門職は、恐らく家族信託についてあまり詳しくない方ではないかと推測されます。
もしかしたら、成年後見の実務(成年後見制度を利用することでのご家族の負担やリスクが生じること)についてもあまり詳しくない専門職かもしれません。
といいますのも、成年後見人や後見監督人に就任して、実際の後見実務に精通した弁護士・司法書士等の法律専門職は、業界全体の50%未満です。
家族信託と成年後見に精通した法律専門職となりますと、全体の1割程度と言っても過言ではないでしょう。

 

家族信託と成年後見の比較検討においては、両者の法的知識のみならず、実務についても精通した法律専門職に相談することを強くお勧めいたします。

 

「民事信託・家族信託」についてもっと知りたい方はこちら!
民事信託・家族信託のメインページへ

民事信託・家族信託に関する法律相談

無料法律相談または電話(0422-23-7808)まで是非ご相談下さい。
対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談
電話相談

よくあるご質問  最新の記事一覧

  1. 受託者は受益者の扶養家族に財産給付できますか?
  2. 受託者は受益者からの信託財産額や帳簿等の開示請求に拒否できますか?
  3. 受託者を複数にすることは可能ですか?
  4. 家族信託より成年後見が安くて良いと言われましたが本当ですか?
  5. 家族信託の受託者を複数にできますか?
  6. 未成年者は家族信託の受託者になれますか?
  7. 年金は家族信託の信託財産に入れられますか?
  8. 家族信託の受託者が建物を建てたらどうなりますか?
  9. 家族信託と任意後見の併用によるデメリット・リスクはありますか?
  10. 家族信託のメリット・デメリットは何ですか?
  11. 認知症と診断された老親と信託契約できますか?
  12. 認知症の初期症状の母親に対して何を準備すればいいですか?
  13. 株式会社が家族信託の受託者になれますか?
  14. 家族信託・福祉型信託も信託業法の適用を受けますか?
  15. 家族信託の自己信託はどのように設定すればいいですか?
  16. 家族信託における「委託者」とは何ですか?
  17. 家族信託が意図せず終了した場合どうなりますか?
  18. 委託者が認知症になったら信託契約を発動させたいのですが?
  19. 入所している要介護3の母と信託契約できますか?
  20. 「福祉型信託」「家族信託」とは何ですか?
  21. なぜ「民事信託・家族信託」が良いのですか?
  22. 家族信託における「受益者代理人」とは何ですか?
  23. 家族信託における「帰属権利者」とは何ですか?
  24. 家族信託の「信託行為」とは何ですか?
  25. 家族信託の「信託目的」とは何ですか?
  26. 家族信託における「受益者」とは何ですか?
  27. 家族信託における「受託者」とは何ですか?
  28. 家族信託で不動産を信託した場合、税金はかかりますか?
  29. 家族信託の自己信託において追加信託はできますか?
  30. 家族信託で不動産の追加信託はできますか?
  31. 家族信託をすると相続税評価額は変わりますか?
  32. 家族信託の受託者が死亡した場合、相続税の対象になりますか?
  33. 家族信託で信託財産を譲渡した際の利益は誰に課税されますか?
  34. 家族信託における遺言信託と遺言代用信託の違いはなんですか?
  35. 家族信託で法人を信託の受託者にできますか?
  36. 家族信託の受託者が信託報酬を受領することはできますか?
  37. 家族信託の受託者と受益者を兼ねることはできますか?
  38. 家族信託の委託者と受託者を兼ねることはできますか?
  39. 家族信託の委託者と受益者を兼ねることはできますか?
  40. 家族信託で受託者が死亡したらどうなりますか?
  41. 家族信託は信託銀行に相談すべきですか?
  42. 家族信託で託す財産に制限はありますか?
  43. 家族信託における「遺言信託」は公正証書でないと駄目ですか?
  44. 家族信託で受託者の責任を軽減できますか?
  45. 家族信託契約は公正証書にしないと駄目ですか?
  46. 家族信託契約後に贈与を実行できますか?
→ 過去のよくあるご質問一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ



無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所 遺言相続相談オフィス 相続葬儀ねっと 家族信託セカンドオピニオンサービス 家族信託普及協会  相続会議
家族信託まるわかりチャンネル
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1800以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携
    IFA/FP業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 対面法律相談
    人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職
    1800以上の法律記事から情報を検索!
    • ↓ キーワードを入力
    家族信託まるわかり読本 家族信託まるわかり読本 対面法律相談