“コロナ自粛”で時短になった今こそやっておきたい「家族会議」! 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 司法書士のつぶやき » 仕事関係 » “コロナ自粛”で時短になった今こそやっておきたい「家族会議」!

“コロナ自粛”で時短になった今こそやっておきたい「家族会議」!

宮田総合法務事務所 代表司法書士 宮田浩志 宮田総合法務事務所 代表司法書士
宮田浩志
→プロフィールはこちら
Loading

新型コロナウイルスに伴う経済活動の自粛に伴い、労働時間を減らす「時短勤務」や在宅など職場以外での勤務を指す「テレワーク」と言った言葉をよく聞きます。

また、高齢者に関するお仕事(訪問介護など)や飲食業などは、シフト自体が大幅に減っているケースも多いようです。

こんな時こそ、忙しくて普段できないことをしたいものです。

 

読書や自宅でできる趣味に没頭することも良いでしょう。

そんな中、高齢の親を持つ方にとっては、時間に余裕ができたことを良いきっかけとして、是非兄弟や親子で話す機会を設けて頂きたいです。

“コロナ自粛”で経済活動が停滞しても、老親の認知症進行のリスクは待ってくれません。

実家で暮らしている老親を子世代が訪ねるのもよいでしょう(感染対策はしっかりしましょう)。

昨今の自粛で、高齢者施設や病院へは、家族であっても「面会禁止」のところも多いですが、 それならそれで、子世代だけで検討する時間、必要な資料・情報を集める時間が持てます。

老親が安心して外出できるようになる時に備え、今はまず子世代だけで、高齢者の財産管理・資産承継に関する法律専門家への相談をするのも良いタイミングと言えます。

 

★高齢の親が大病や認知症になったら、本人名義の預貯金や有価証券類、不動産は、一切動かせなくなること。
★それにより、親の介護費用・入所費用の捻出が困難となるリスク、相続税対策・所得税対策が一切できなくなるリスクが顕在化すること。
★さらに、保有財産に賃貸物件がある場合は、賃貸経営自体が行き詰まるリスク。
★自社株を保有しながら会社経営をしている場合は、会社経営・経営判断ができなくなるリスク。

 

せっかくの機会ですから、これらのリスクを感じるご家族の方は、是非このタイミングで対策の要否についてご検討下さい!
ご不明な点等ございましたら、弊所までお気軽にご連絡下さいませ。

 

「司法書士のつぶやき」を書いている宮田浩志について

1974年7月3日生まれ
早稲田大学法学部在学中に宅地建物取引主任者資格・行政書士資格・司法書士資格を取得し、2000年3月に吉祥寺に宮田総合法務事務所を開業する。
2006年2月に長女、2012年に長男、2014年に二男が誕生し、泣き声とキック・パンチが飛び交う怒涛の家庭を持つ。

詳細は事務所概要をご覧下さい。

個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
 相続会議
家族信託まるわかりチャンネル
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1600以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職
    1600以上の法律記事から情報を検索!
    • ↓ キーワードを入力
    家族信託まるわかり読本 家族信託まるわかり読本 対面法律相談