審判離婚 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所

審判離婚

Loading

調停離婚というのは基本的に当事者双方の合意がなければ成立しないものですが、一方が離婚を承知しなくても、家庭裁判所が独自の判断の下に職権で離婚を宣言する方法があります。「審判離婚」と呼ばれるものです。家庭裁判所が必要と認める例外的な場合に、審判により離婚の処分をします。ただ、審判に対しては、異議が出されれば、審判の効力はなくなってしまいます。
調停に代わる審判は離婚の調停が成立する見込みがないケースすべてに下されるわけではありません。調停を重ね、離婚を成立させたほうが双方のためであると誰の目にも明らかになったにもかかわらず、一方が調停の詰めの段階になって出頭しなくなったり態度を豹変させたりして、ゴール目前で合意成立が遠のいてしまったといった場合に、双方の公平を図って審判がくだされます。次のようなケースがあります。
?夫婦間ではすでに実質的な離婚の合意が成立しているのに、当事者の一方(多くの場合、調停の相手方)が病気などの理由から家庭裁判所における調停期日に出頭できないケース。
?離婚することには合意できているが、財産分与の額など付随的な点で合意ができず、結局調停が不成立になってしまったケース。
?調停の席上いったん当事者間で離婚の合意が成立したのに、当事者の一方が急に意地をはって前言を取り消したり行方をくらまして、調停期日に出頭しなくなったケース。
審判に対しては、2週間以内に家庭裁判所に対して異議申立てをすることができ、異議申立てがあると、その審判は効力を失います。
異議申立がないときには、この審判は確定判決と同一の効力を有することになります。
異議の申立ては、夫婦のどちらか一方が、審判に対する異議申立書に署名押印し、審判書の謄本を添えて審判をした家庭裁判所に提出します。異議を申し立てる具体的な理由は必要ありません。

「離婚問題・財産分与」についてもっと知りたい方はこちら!
離婚問題・財産分与のメインページへ

離婚問題・財産分与に関する法律相談

無料法律相談で是非ご相談下さい。
対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

「相手方にもっと請求できたのに・・・」「こんな請求は突き返せたのに・・・」よく知らないがために、当事者同士の話合いの結果、不利・不公平な条件で合意してしまうケースも多いです。権利主張できるものはきちんと主張した上で、平和的な解決を図るお手伝いをしております。離婚・慰謝料・財産分与・養育費等に関するご相談は、離婚問題の専門家・司法書士の宮田にお任せ下さい。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職
  • 人気の記事一覧