相続分の譲渡 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所

相続分の譲渡

Loading

遺産相続において、相続人の地位から脱退する方法として、≪相続放棄≫という手段がありますが、相続放棄には、相続があったことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申立てをしなければならないという時間的制約があります。
そこで、相続放棄に代わり、相続人としての地位を脱退する方法として、≪相続分の譲渡≫という手段があります。これは、自分の相続分を遺産分割の前に、他の相続人又は第三者に譲渡(売買又は贈与)する方法で、これにより譲渡人は相続人としての地位から外れ、遺産分割協議に加われなくなります。
一方、譲受人は、相続人でない第三者であっても、相続人の地位を得ることになり、遺産分割協議に参加することができます。

◆相続分譲渡の利用例
相続分の譲渡がどのようなケースに有効かというと、例えば次のようなケースが考えられます。
遺産分割協議において、自分の遺産受取額に争いはない(納得している)が、他の相続人間での合意がなかなかまとまらない状況で、煩わしい協議を避けつつ遺産配当額を早く受け取りたい場合において、他の相続人に対して、自己の相続人としての遺産配当の権利を相当額で売却することで、実質的な遺産配当を早期に実現するケースがあります。
あるいは、遺産は全くいらないので、遺産争いに巻き込まれたくないとして他の仲の良い相続人にその地位を無償で譲渡(贈与)するケースも考えられます。

◆相続分とは
なお、≪相続分の譲渡≫における『相続分』とは、相続人が積極財産と消極財産を含む包括的な遺産全体に対して持っている法定相続分を意味し、個々の遺産の共有持分ではありません。つまり、≪相続人としての地位≫そのものと言うことができます。
したがって、相続分の譲受人は、相続財産を管理し、遺産分割を請求し、遺産分割に参加する権利を取得することになります。
ここで一点注意しなければならないことがあります。
それは、消極財産、つまり負債の問題です。
相続分の譲渡人は、相続人としての地位を失ったとはいえ、債権者との関係においては、勝手に相続債務を逃れることはできず、譲渡人は、譲受人と連帯して、相続債務を弁済する責任を負うという見解が有力です。そうしないと、相続人が意図的に無資力の第三者に相続分を譲渡して、債権者を害する手法が許されてしまうことになるからです。
結論として、譲渡人が相続債務を逃れるためには、債権者の同意を得る必要があります。

◆相続分譲渡の方法
相続分の譲渡は、必ず遺産分割の前に行なわなければならないという要件がありますが、それ以外に特別な要件や法定の方法・形式があるわけではありません。
しかし、相続人の地位という非常に重要な権利義務の移動ですから、後々のトラブルを防止するために、有償・無償を問わず、「相続分譲渡契約書」又は「相続分譲渡証書」を作成して、両当事者が署名及び実印押印をした上で、印鑑証明書とともに保管することが大切です。
なお、相続財産に不動産が含まれる場合は、所有権移転の登記手続きが必要になりますので、そのための必要書類も譲渡関係書類への調印の際に合わせて準備をしておくとよいでしょう。また、譲受人が第三者である場合、預貯金の解約払戻しについては、実務上譲渡人の署名及び実印押印も求められる可能性がありますので、予め各金融機関に確認する等の配慮も必要です。
譲渡関係書類への調印が済みましたら「相続分の譲渡通知書」を、他の相続人全員にします。この通知日が後述します相続分の取戻しの手続きの際に重要な意味を持ってきますので、通知書は、配達証明付き内容証明郵便で行いましょう。

◆相続分の取戻し(民法第905条)
相続分が共同相続人以外の第三者に譲渡されると、分割協議にあかの他人が介在することになり、分割協議がうまく進まない可能性があります。そこで民法は、相続分が第三者に譲渡された場合、他の共同相続人はその相続分を取り戻すことができる制度を設けています。
これを≪相続分の取戻し≫といいます。
前述の趣旨から、譲受人が相続人又は包括受遺者である場合には、この取戻しは認められません。
取戻権は、共同相続人全員で行使する必要はなく単独でも行使できますが、取戻権を行使する者は、譲受人に対し相続分の価額及び譲渡に要した費用を支払う必要があります。
この取戻の価格は、相続分を第三者に譲渡したときの価格ではなく、取戻権行使時の時価になります。もし、無償で譲渡されていたとしても、取戻時の時価を支払わなければならないことになります。
取戻権の行使は、譲渡されたときから1ヶ月以内に行使することが必要です。
また、譲受人の承諾は必要なく、一方的な意思表示により、譲受人は当然に相続分を喪失することになります(取戻された相続分の帰属先については、学説に対立があるので、ここでは割愛させて頂きます)。

 

「遺産整理・遺言執行」についてもっと知りたい方はこちら!
遺産整理・遺言執行のメインページへ

遺産整理・遺言執行に関する法律相談

無料法律相談で是非ご相談下さい。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※土日祝日は、事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談

法律相談トピックス  最新の記事一覧

  1. 相続税における『相次相続控除』とは
  2. 生命保険金を争族対策に活用する正しいやり方
  3. 平成28年度税制改正による「相続空き家控除」について
  4. 相続の限定承認申述手続
  5. 相続放棄とは?相続放棄の申述手続きの必要書類
  6. 自筆の遺言書を発見した場合 ≪遺言書検認手続≫
  7. 遺産分割協議書作成の手引き
  8. 特定遺贈と包括遺贈
  9. 「相続放棄」についての誤解
  10. 相続税対策における養子縁組の落とし穴
  11. 生命保険金と遺留分
  12. 相続分の譲渡
  13. 金融機関(銀行等)の相続手続き ―預貯金口座の解約・払戻―
  14. 換価分割と代償分割の税務 ≪譲渡所得税≫
  15. 遺言執行者になれる者なれない者(欠格事由)
  16. 遺言執行者の任務(職務権限)
  17. 相続放棄と代襲相続
  18. 公正証書遺言の存否の検索方法
  19. 寄与分とは~特別の貢献者、通常の相続分に加えその貢献分を上乗せする~
  20. 相続人に養子がいる場合の税務上の法定相続人の考え方
  21. 死亡保険金の税務上の取扱い
  22. 相続財産から控除できる葬式費用
  23. 交通事故死の損害賠償金
  24. 相続税における配偶者の税額軽減
  25. 相続税の申告と納税
  26. 相続税がかからない遺産
  27. 遺産分割協議のやり直し
  28. 特別受益とは
  29. 相続欠格とは
  30. 代襲相続とは
  31. 遺産分割の具体的方法
  32. 相続の承認・放棄の期間伸長
  33. 特別縁故者に対する相続財産分与
  34. 失踪宣告の種類・手続き・効果・取消しについて
  35. 不在者財産管理人とは ~選任申立手続~
  36. 遺留分の放棄
  37. 遺留分減殺(いりゅうぶんげんさい)請求
  38. 遺留分とは
  39. 遺産分割調停・審判
  40. 死因贈与契約の交わし方
  41. 相続放棄とは
  42. 遺言執行者の選任申立手続
  43. 相続人に未成年者がいる場合の遺産分割協議 ≪特別代理人≫
  44. 相続人不存在の場合の遺産整理手続 ≪相続財産管理人≫
→ 過去の法律相談トピックス一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

平和的な遺産分割協議の取りまとめや、遺言執行者としての経験・実績を活かした遺言書や分割協議に基づくスムーズな遺産整理手続きが得意です。弁護士に相談される前に、まずは相続手続・分割協議調整の専門家・司法書士の宮田にご相談下さい。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    民事信託・家族信託
    業務提携
    業務提携
    企業法務
    総会収集・運営支援
  • melmagaimg1
    melmagaimg2
  • 司法書士おすすめ記事
  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 求人・採用・転職
  • 人気の記事一覧