証券会社で家族信託の信託口口座を作成するための信託契約作成時の注意点 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 相談トピックス » 民事信託・家族信託 » 証券会社で家族信託の信託口口座を作成するための信託契約作成時の注意点

証券会社で家族信託の信託口口座を作成するための信託契約作成時の注意点

宮田総合法務事務所 代表司法書士 宮田浩志 宮田総合法務事務所 代表司法書士
宮田浩志
→プロフィールはこちら
Loading

この度、大手証券会社が家族信託に対応できるようになりました。
つまり、家族信託の契約書をもとに証券会社で“信託口口座”、
いわゆる「証券信託口口座が作れるようになりました。

そして、今後もこの流れは、恐らく他の証券会社にも
拡大・加速していくことが予測されます。

従いまして、有価証券を信託財産とする家族信託の設計や信託契約書の作成実務を
担う法律専門職としては、下記の点に注意すべきだと考えます。

①信託財産目録の中で個別銘柄・株数(口数)を正確に特定する
②受託者の投資運用権限を明確にする
③受託者を単独にする 
④委託者兼受益者を単独にする(委託者ごとに契約を分ける)
⑤必ず公正証書で作成する
⑥標準的な信託設計を心がける(条件付信託契約など変則的な信託設計は避ける)

 

上記は代表的な注意点となりますので、
上記以外の実務的に細かなポイントについてのご相談等は、
個別で対応させて頂きます。

ただ、そもそも、信託契約書の作成や文契約言の検討の前に、
もっともっと重要なことがあります。

 

それは、親世代と子世代が集まって「家族会議」を開き、その中で、親の実現したい未来・叶えたい希望とそれを支える子側の要望を擦り合わせながら、「その実現のためにどんな施策があるか」を比較検討し、家族信託がそのベター・ベストな選択肢になるのであれば、「どの財産を、いつまで、誰に、どのように託して、どうしてほしいか、そして最後に残った財産をだれに引き継がせるか」などを専門家を交えて納得するまで何度でも話し合いを重ねることです。

最終的に、家族信託・遺言・生前贈与・生前売買・任意後見・法人化・・・等の施策を
取捨選択・併用する中で、家族全員が安心・納得・軽負担の財産管理と資産承継の
仕組みを作り上げ、親と子の実現したい未来・叶えたい希望に近づくことを目指すのです。

つまり、家族が抱える想いや希望、悩み、不安等を正確に掌握し、
それに対応するためという「大義」の無い施策・提案・信託契約書などは
あまり意味をなさないのです・・・。

 

「民事信託・家族信託」についてもっと知りたい方はこちら!
民事信託・家族信託のメインページへ

民事信託・家族信託に関する法律相談

無料法律相談または電話(0422-23-7808)まで是非ご相談下さい。
対面での有料相談をご希望の方はこちらよりお申し込みください。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談
電話相談

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

成年後見制度を補完する仕組み、“後継ぎ遺贈問題”や“親(伴侶)亡き後問題”を解決する仕組み、円滑な事業承継を図る仕組み・・・、新しい信託の仕組みを活用して、皆様の細かなニーズにお応えします!

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
家族信託セカンドオピニオンサービス
家族信託普及協会
 相続会議
家族信託まるわかりチャンネル
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1800以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携
    IFA/FP業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 対面法律相談
    人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職
    1800以上の法律記事から情報を検索!
    • ↓ キーワードを入力
    家族信託まるわかり読本 家族信託まるわかり読本 対面法律相談