債務引受・債務免除で贈与税が課税されるリスクに注意! 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 相談トピックス » 不動産登記 » 債務引受・債務免除で贈与税が課税されるリスクに注意!

債務引受・債務免除で贈与税が課税されるリスクに注意!

宮田総合法務事務所 代表司法書士 宮田浩志 宮田総合法務事務所 代表司法書士
宮田浩志
→プロフィールはこちら
Loading

一般的には、個人間における無償での財産の譲渡(例:太郎さんが持っているものを“ただ”で花子さんにあげる行為)に対して、贈与税の課税がなされるイメージですが、必ずしもプラスの財産を移動だけが贈与税の課税対象になる訳ではありません。

 

「贈与契約」に基づく財産の移動だけではなく、実質的に無償で経済的利益を得る場合にも、贈与とみなされ(これを「みなし贈与」と言う。)、贈与税の課税対象になります(相続税法第8条)。

「みなし贈与」とされる典型的な3つのケースをご紹介します。

①債務引受の場合

たとえば、太郎さんが金500万円の借金をしている場合(太郎さんが「債務者」となります)、花子さんが「債務引受」をして、今後この金500万円の返済義務を花子さんが負う約束をすると、太郎さんは金500万円を返済する必要が無くなります。つまり、太郎さんは実質的に金500万円の経済的利益を得たことになります。この場合、太郎さんは花子さんから金500万円を贈与により取得したものとみなされ、贈与税が課税されます。

 

②債務免除の場合

たとえば、太郎さんが金500万円の借金をしている場合、貸主(債権者)の金次郎さんが「債務免除」(「債権の放棄」も同じ意味です)をし、借金を“ちゃら”にしてくれると、やはり太郎さんは金500万円を返済する必要が無くなります。つまり、太郎さんは実質的に金500万円の経済的利益を得たことになります。

 

③第三者弁済(債務の“肩代わり”)

たとえば、太郎さんが金500万円の借金をしている場合、花子さんが太郎さんに代わって金500万円を返済する(肩代わりする)と、やはり太郎さんは金500万円を返済する必要が無くなります。ここで、花子さんは太郎さんに「求償権」(太郎さんに代わって返済してあげた金500万円の返済を求めること)を持つことになりますが、この求償権を花子さんが放棄すれば、太郎さんは実質的に金500万円の経済的利益を得たことになります。

 

上記①~③のような個人の債務(消極財産)を消滅させる行為も、税法上は、プラスの財産の贈与を受けるのと同じように扱い、無償で経済的利益を受けた人に対しては贈与税が課税されます。

 

【贈与税の課税対象とならない場合】

個人が、債務引受・債務免除・第三者弁済等による利益を受けた場合であっても、贈与税の課税対象とならないケースがあります。
それは、債務者が経済的な余裕がなく借金を返済することができない状態において、
債権者から債務の免除を受けた
債務者の扶養義務者に債務引受や弁済をしてもらった
この①②のいずれかの場合はその借金の返済をすることが困難である部分の金額については、贈与の課税対象から外されます(相続税法第8条但書)。

 

【結 論】 
親が子のカードローンや住宅ローンを肩代わりしてあげるケースは、よくある話ですが、債務者たる子がローンの返済に困窮しているという状況であれば、扶養義務に基づく資金援助として課税のリスクはありません。
しかし、あまり多くない給料で頑張っている息子・娘家族に対して、資金に余裕のある親側が単に応援したいという趣旨で住宅ローンを肩代わりすることは、税務上、ローン相当額を親から子に生前贈与したものとして課税対象になりますのでご注意ください!

 

【参考条文:相続税法】

第8条 対価を支払わないで、又は著しく低い価額の対価で債務の免除、引受け又は第三者のためにする債務の弁済による利益を受けた場合においては、当該債務の免除、引受け又は弁済があつた時において、当該債務の免除、引受け又は弁済による利益を受けた者が、当該債務の免除、引受け又は弁済に係る債務の金額に相当する金額(対価の支払があつた場合には、その価額を控除した金額)を当該債務の免除、引受け又は弁済をした者から贈与(当該債務の免除、引受け又は弁済が遺言によりなされた場合には、遺贈)により取得したものとみなす。ただし、当該債務の免除、引受け又は弁済が次の各号のいずれかに該当する場合においては、その贈与又は遺贈により取得したものとみなされた金額のうちその債務を弁済することが困難である部分の金額については、この限りでない。

一 債務者が資力を喪失して債務を弁済することが困難である場合において、当該債務の全部又は一部の免除を受けたとき

二 債務者が資力を喪失して債務を弁済することが困難である場合において、その債務者の扶養義務者によつて当該債務の全部又は一部の引受け又は弁済がなされたとき

 

「不動産登記」についてもっと知りたい方はこちら!
不動産登記のメインページへ

不動産登記に関する法律相談

無料法律相談または電話(0422-23-7808)まで是非ご相談下さい。
営業時間 : 平日8:30から19:00まで (ご予約により、時間外のご相談も可能です)
※事前予約にてご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

無料メール相談
弊所での法律相談
電話相談

法律相談トピックス  最新の記事一覧

  1. 債務引受・債務免除で贈与税が課税されるリスクに注意!
  2. 「生産緑地の2022年問題」を分かりやすく解説・検証する【2020年版】
  3. 不動産登記 予約完結権の消滅時効
  4. 所有権に基づく物件的請求権の消滅時効
  5. 土地建物を売却した際の税金 ≪譲渡所得税≫
  6. 固定資産税・都市計画税の精算
  7. 遺言による相続登記の必要書類
  8. 休眠担保権とは ~抹消し忘れたままの抵当権~
  9. 権利能力なき社団と登記
  10. 不在籍証明書・不在住証明書とは
  11. 登記識別情報通知とは
  12. 海外居住のため印鑑証明書を添付できない場合の登記手続き
  13. 不動産登記 処分清算型遺贈の登記手続き
  14. 登記簿上の住所・氏名の変更登記手続き
  15. 不動産取得税について
  16. 建替えに伴う一連の登記手続
  17. 未登記建物の登記手続き
  18. 根抵当権設定仮登記の必要書類
  19. 根抵当権設定登記の必要書類
  20. 不動産の現物出資手続きの必要書類
  21. 不動産の交換登記手続きの必要書類
  22. 居住用不動産の配偶者への生前贈与(贈与税の配偶者控除)
  23. 不動産の生前贈与による所有権移転登記手続きの必要書類
  24. 不動産売買による所有権移転登記手続きの必要書類
  25. 不動産の相続による所有権移転登記手続きの必要書類
→ 過去の法律相談トピックス一覧はこちら

について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

所有権移転や抵当権抹消等不動産に関することなら、不動産の専門家・司法書士の宮田にご相談下さい。相続・遺贈・贈与・売買のみならず、共有物分割や交換、代物弁済、死因贈与等あまり一般的でない登記手続きにもクイックレスポンスで対応させて頂きます。

無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。


個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
 相続会議
家族信託まるわかりチャンネル
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1800以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携
    IFA/FP業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 対面法律相談
    人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職
    1800以上の法律記事から情報を検索!
    • ↓ キーワードを入力
    家族信託まるわかり読本 家族信託まるわかり読本 対面法律相談