司法書士業界のシンポジウムで登壇 宮田総合法務事務所 | 司法書士なら東京・吉祥寺の宮田総合法務事務所 無料法律相談を実施中!

宮田総合法務事務所
宮田総合法務事務所
HOME » 司法書士のつぶやき » 仕事関係 » 司法書士業界のシンポジウムで登壇

司法書士業界のシンポジウムで登壇

Loading

 

平成30年2月8日(木)、立川市女性総合センターアイムのホールにおいて、

東京司法書士会三多摩支会の50周年記念シンポジウムで、登壇させて頂きました。

 

 

 

シンポジウムのテーマは・・・
『司法書士の将来像を考える ~未来を切り拓くヒント~』ということでした。

 

こんな大きなテーマについて、なんでミヤタが登壇したかと言いますと、弊所では、司法書士業界の中では珍しく登記業務がメインではなく、『家族信託の設計コンサルティング』を主たる業務として行っていることを評価いただき、司法書士の未来像を考える際に『法務コンサルティング』を長年やっている立場からのコメントを求められてのことでした。

パネルディスカッションのテーマとしては、「事務所を大きくすることのメリット」や「司法書士の今後の不安要素」、「司法書士の明るい将来像等」について、コメントさせて頂きました。

 

今後の司法書士業界は、大規模司法書士法人と小規模の個人事務所の2局化していく方向になろうかと推測される中で、
結論としては、お客様のニーズに応えられる専門職であれば(裏を返せば、前提としてお客様のニーズを汲み取れるアンテナ力やヒアリング力が必要です)、どんな未来が来てもそれ程憂うことはないのではないか、ということです。

 

IT化、AI化、ビデオ会議により非対面による業務処理等が進む中で、逆にお客様と顔をお突き合せ、同じ空気、同じ匂いを感じながら手を握りながらご相談にのることもまた価値が出てくるかもしれません・・・。

地味に、地道に・・・ということも大切にしていきたいです・・・。

 

 

 

「司法書士のつぶやき」を書いている宮田浩志について

1974年7月3日生まれ
早稲田大学法学部在学中に宅地建物取引主任者資格・行政書士資格・司法書士資格を取得し、2000年3月に吉祥寺に宮田総合法務事務所を開業する。
2006年2月に長女、2012年に長男、2014年に二男が誕生し、泣き声とキック・パンチが飛び交う怒涛の家庭を持つ。

詳細は事務所概要をご覧下さい。

個人信託家族信託研究所
遺言相続相談オフィス
相続葬儀ねっと
日本の社長
家族信託普及協会
家族信託おすすめ書籍
ノンストップ!出演
家族信託おすすめ書籍2
1500以上の法律記事から情報を検索!
  • ↓ キーワードを入力
  • ↓ よくある質問からさがす
  • ↓ 法律相談topicsからさがす
無料メール法律相談24時間受付!
  • あなたのお気に入りの記事
    お気に入りはまだありません
  • NEWS
    司法書士のつぶやき

    業務提携
    業務提携

    セミナー・講演依頼 → セミナー・講演予定はこちら
    家族信託
    司法書士おすすめ記事
  • melmagaimg1
    melmagaimg2

  • 法律のプロに相談できる 対面法律相談

    対面法律相談
  • 人気の記事一覧
    企業法務
    総会収集・運営支援
    求人・採用・転職